人気の記事

avepoint

Microsoft Turing などの AI を活用してオンライン教育を変革する方法

EduTech は Microsoft 365 と連携した SaaS 教育管理ソリューションです。Microsoft Ignite 2021では、EduTech でも利用している Microsoft Turing などの AI がオンライン教育を変革する可能性を紹介しています。
ransomware

ランサムウェア攻撃および災害からデータを保護するには

ランサムウェア攻撃や災害が発生した際のデータ保護は多くの企業にとって重要な関心事です。データ保護の最新のベストプラクティスとは何でしょうか。本記事では, AvePoint Cloud Backup を活用した、いざという時のディザスター リカバリー計画をご紹介します。
avepoint

AvePoint が MSP(マネージド サービス プロバイダー)の事業成長実現を叶える方法

MSP (マネージド サービス プロバイダー)が顧客に価値を提供し、利益を増やすために、ベンダーである AvePoint と連携すべき理由はなんでしょうか? 私たちのソリューションが MSP の事業成長に役立つ仕組みについてご紹介いたします。

最新の記事

SharePoint と Dynamics CRM を連携させた xRMの紹介: シンガポール公共セクター

AvePoint のカンタグチです。本日は私が現在携わっているシンガポールの公共セクターにおけるSharePoint / Dynamics CRM を活用したケース管理プロジェクトについてお話させていただきます。 Dynamics CRM を活用したケース管理と言うと「顧客管理」 を思い浮かべますが、シンガポールではこれを矯正教育のケース管理システムとしても使用されています。

SharePoint のストレージ最適化 (ファイルサーバー連携)

ソリューションスペシャリストの蓮池です。普段はお客様先での製品紹介やデモ、SharePoint と弊社製品を組み合わせたソリューションの提案などをさせていただいております。さて、今回は、「SharePoint のストレージ最適化」 についてです。多くのお客様 / SharePoint 導入パートナー様から弊社製品の問合せを頂くのですが、現場に行って 「お客様の課題と選択されている製品が違うのでは?」 と感じることがあります。この投稿では、課題別の最適な製品を簡単に紹介させて頂きたいと思います。

ローカライズの裏方やってます

AvePoint Japan 言語担当の RK です。社内で発生する翻訳業務を担当しています。 世界中の言語を探求することが私のライフワーク。旅行会話レベルで話せる言語は約20か国語です。会社では 「言語オタク」 と呼ばれてます。ローカライズで最も重要なのは、『読む人が自然に理解できるもの』 という点です。

会議の生産性をアップするSharePoint アプリ – 後編

前回 は、「そもそもコラボレーションって何?」 と 「会議運用の 8 つのポイント」について話しました。後編では、会議の生産性を向上する当社のソリューション 「AvePoint Meetings」 の主要機能について詳しく見ていきましょう。・・・Meetings は Exchange Server 2010/2013、 Exchange Online と連携しています。Meetings から会議を作成する際に Exchange 側に会議依頼を送信することができます。作成時の画面はこちらです。

会議の生産性をアップするSharePoint アプリ – 前編

こんにちは!AvePoint Japan コンサルタントの金籠(かねこ)です。AvePoint ではグローバル規模で、製品のご提供のみではなく、コンサルティングサービス にも力を入れております。 今回は 「会議」 という形でのコラボレーションにフォーカスしてみたいと思います。実は、AvePoint ってSharePoint の運用管理製品だけじゃなくて、エンドユーザーさんが直接利用できるアプリも提供してるんです!

AvePoint 移行ソリューションの紹介

こんにちは。 AvePoint (アブポイント) で営業を担当しております、川鍋と申します!どうぞよろしくお願いします! まず、私がどんな業務 (営業職) をしているかを書かせていただきます。 SharePoint の運用効率化 (特に組織改編・サイト構成の再整理) や、プラットフォームリプレース & 移行といったお話があった際に弊社ソリューションのご紹介、時には移行方式を一緒に考える、といったミーティングの為、西へ東へ奔走しております。 昨今 SharePoint の活用用途は幅広く、利用されているユーザー様・業種も本当に様々です。企業ユーザー様はもちろん、大学や研究所・医療機関、役所などを含めた行政・公共機関/官公庁でも多く利用されており、行く先々でユーザー様の利用用途・デザインを見せていただくことはとても楽しく新鮮です!(みなさん、是非お気軽に呼んでください!)中にはパッと見、「本当に SharePoint !?」 と思ってしまうようなデザインも過去ありました。 SharePoint Online を活用されているユーザー様もかなり増えてきていますので、今後益々多様化は進みそうですね。 さて、前置きが長くなりましたが今回私は営業としてお客様先を訪問させていただく中で、よく聞くシナリオやご質問に関してこちらの場をお借りして紹介させていただきたいと思います。 【お問い合わせの多い案件ケース】 いつでも移行のお話は多いのですが (弊社ではプラットフォーム移行のツールも提供しています。) 昨今以下プラットフォーム間での移行相談をよくお聞きします。 移行シナリオ第一位:SharePoint Server 2007 (MOSS 2007)  ⇒...