Policies & Insights とは

情報管理ポリシーに違反する権限・メンバー・構成の変更を自動で検出・修正し、全ワークスペースを安全な状態で維持

Policies & Insights (PI) は、Microsoft 365 テナント全体を網羅したセキュリティ レポートをシンプルな操作で生成することが可能となる SaaS サービスです。

機密度とアクティビティに関連するデータを集約し、最優先で対処すべき問題を明確化します。発生した問題に対しては、ポリシーを自動適用して一括修正を実行することが可能です。

「Policies and Insights を始めて実行した際、何千件ものリンクが誤って共有されていたことが分かりました。簡単な操作ですぐにリンクがすべて修正され、データ管理のリスクを抑制することに成功しました。」

Hannah Melton 氏
アシスタント IT ディレクター、Port St. Lucie 市

Policies & Insights の主要機能

  • 問題の検出 & Microsoft 365 環境への監視
    最重要データを優先的にモニタリング

    Microsoft 365 環境のセキュリティ状態を可視化

    PI は、Microsoft 365 環境をモニタリングし、「機密データにアクセスできるのは誰か」「機密データにアクセスしたのはどのユーザーか」「脅威となる危険性のある外部ユーザーが存在しないか」 等の重要な問いに、すぐに答えを出すことができます。

    PI は、使用中の Microsoft Teams のチーム・Microsoft 365 グループ・SharePoint のサイト・ OneDrive のセキュリティ状態を可視化します。ルールや権限の制御レベルを選択・設定し、リスクを定義することにより、ポリシーを自動適用することが可能です。

    PI Icons 3 D find Monitor

    匿名リンクを使用できるコンテンツやシャドウ ユーザーが存在するチームなど、潜在的なリスクをスピーディーに検出

    チーム・グループ・サイト・OneDrive 全体をスピーディーに検索し、必要な情報を入手。オブジェクト ベースとユーザー ベースの両方に対応

    重要なアクセス制御・機密データに関連する問題を継続的にモニタリングし、動的ダッシュボードに表示

  • 問題の対処優先順位を提示 & 修正
    セキュリティ上の問題を対処すべき順番で表示

    IT 部門が Microsoft 365 の最重要問題に優先して取り組むことをサポート

    PI は、セキュリティ レポートを分かりやすく視覚化します。アクセス制御を機密データやアクティビティ データと相互参照することで、充分な保護が行われていない機密コンテンツ、シャドウ ユーザー、過度にアクティブな外部ユーザー等、セキュリティ上の問題点を簡単に特定することができます。重要性に応じ、深刻な問題から解決に取り組むことも可能になります。

    PI hero2 JP

    コンテンツの機密性に基づき、匿名リンクや大規模グループへのアクションを優先順位づけ

    ポリシーに違反する権限や匿名リンク、シャドウ ユーザー等を一括更新

    リスクや機密性の高いコンテンツを、権限の失効や削除によってロック

  • 自動化 & 違反発生の防止
    セキュリティ ポリシー・アクセス ポリシーを自動適用

    構成上のミス・セキュリティに反する変更をスピーディーに取り消し、IT をスケールアップ

    外部ユーザーを含む全ユーザーに対して権限・アクセス制御ポリシーを適用し、違反が発生しない状態を維持することができます。また、構成上のミス・セキュリティ違反を検出して自動的にロールバックし、通知します。

    データは Microsoft 365 (Office 365) のセキュリティ・アクティビティ・コンプライアンス フィードから直接取得されるため、テナントに負荷をかけることはありません。メンバーやアクセスに関連するポリシーを、業務の変化や成長に従って簡単に適用することが可能になります。

    PI policy rules JP

    データとベスト プラクティスに基づいたポリシーを作成し、IT 部門の負担を軽減

    構成のミス・セキュリティ違反を自動でロールバックし、通知を送信

    スケールアップに対応。セキュリティ状態を可視化し、バッチ修正を迅速に一括適用

  • 進捗状況のトラッキング & 記録
    リスク抑制の成果を一目で把握

    リスク抑制効果を可視化

    リスク抑制の記録を保持する機能により、リスクへの対応がどのように行われてきたか明確化することが可能になるため、導入のメリットを非 IT 部門に示すことがより簡単になります。

    PI Proof JP

    管理関連アクションが業務に及ぼすメリットをダッシュボードに時系列順で表示

    リスク スコアを長期的に追跡し、現在のセキュリティ状況を表示

    管理アクティビティを一元的に監査し、実行したアクションおよび改善点を記録

継続的なスケールアップに対応

いかなる規模の Microsoft Office 365 テナントにも対応

PI は Microsoft 365 環境へのクローリング等は行わないため、情報環境に対する過剰な負荷を発生させることなく、データに基づくレポートを提供します。レポートではバックグラウンド情報も加味されているため、IT 管理者は自社の環境や状況に基づいた対応優先度を把握でき、重要な問題に迅速に対応することが可能になります。

多様かつ安全な支援を提供

企業が安全なコラボレーションを実現するためのフレームワークを提供

Reduce collaboration JP

Microsoft 365 環境のコラボレーション リスクを抑制

Microsoft 365 環境で発生するリスクを抑制し、Microsoft Teams や Microsoft 365 グループ・SharePoint のサイト・OneDrive 等のデジタル ワークスペースでの安全なコラボレーションを実現します。

  • Logo epson
  • Logo santos white
  • Logo nec
  • Logo sanofi
  • Logo pfizer white
  • Logo libertymutual white
  • Logo fdic
  • Logo dhs
  • Logo army white
  • Logo lockheedmartin white

We EPSON our customers

AvePoint のソリューションは、グローバル規模の大企業から公共組織、中小企業まで、世界中で広くご愛顧いただいております。

Policies & Insights の主な機能

セキュリティ状態の把握

どのユーザーがどのオブジェクトにアクセス権限を持っているのかを素早く確認。Microsoft Teams・Microsoft 365 グループ・SharePoint・OneDrive 等のデジタル ワークスペースに対するアクセス権限情報を把握

レポート画面から直接アクション

権限の失効・削除処理、編集アクションはレポート画面から直接実行可能

外部ユーザー管理

ワークスペースの利用目的やメタデータ別に、外部ユーザーの監視・制御・アクセス ポリシーの設定を容易に実行可能

処理優先度を表示

既知の問題と今後発生しうる問題を提示し、機密度に応じて解決優先度を表示

機密情報テンプレート

自社が属する業界や地域に基づいた Microsoft の機密情報テンプレートに準拠してリスクを定義。Microsoft 365 コンプライアンス センターで自社用のカスタマイズも可能

セキュリティ ダッシュボード

匿名リンクや外部ユーザー等、高リスクな情報経路を継続的に追跡

権限管理

ワークスペース全体や機密情報を含む個別のドキュメントに対し、権限追加・編集、失効・削除処理などを実行可能

アクセスの一括制御

オブジェクト ベースまたはユーザー ベースのセキュリティ レポートから、アクセス権限を一括更新

ポリシーの自動適用

Microsoft 365 でのポリシーに違反する変更を自動ロールバックし、ユーザーの行動がコンテンツやセキュリティのルールに違反しないよう環境維持

ヒートマップ

Microsoft 365 上の機密情報を含むコンテンツのうち、保護レベルが不足しているものをヒートマップとして集約表示

より詳しい説明はこちらから

Microsoft Teams・Microsoft 365 グループ・SharePoint・OneDrive でのセキュアなコラボレーション確立に向けて、PI がどのように役立つかをご紹介します。「デモのリクエスト」 ボタンからお申込みください。

Get a private tour JP