Confide All Data is Not the Same 01

全てのデータが同じではありません。

最も機密性の高いデータは意図通りに情報を監理され、安心してご利用いただけます。

露出。 失態。 漏洩。 機密性の高いプロジェクトに取り組んでいると、こうした可能性に夜も眠れなくなります。企業の一般的なデータ保護対策は十分ではありません。 データのセキュリティの重要性と、ユーザーのシームレスなコラボレーションを両立させるにはどうすればよいのでしょうか。20 年以上にわたってデジタル コラボレーションを実現してきた AvePoint は、これらの課題を熟知しています。

紹介動画(英語)
wave general
Confide Drive Growth Through Next Level Collaboration 01
SIMPLE IS SMART

次世代のコラボレーションで成長を促進

コラボレーションは、ビジネス リーダーが求める成長とイノベーションの原動力となります。M&A、法務、財務、投資の各チームは、ビジネスに不可欠な高い機密性の情報をもとに密接に連携しています。従来は、これらのチームは、取引、デューデリジェンス、監査などに対して、セキュリティを強化するために、バーチャル データ ルームを利用していました。しかし、従来のバーチャル データ ルームは様々なプロジェクトに対応できる柔軟性が欠如しています。その結果、アプリケーションが多すぎて操作性がバラバラになり、生産性が低下してしまいます。

Microsoft クラウド上に構築され、AvePoint の強力なセキュリティとガバナンスのフレームワークに支えられた Confide は、低干渉で高セキュリティなソリューションを提供します。

お客様の Microsoft テナント内でのローカル ホスティング
外部の Office 365 アクセスを有効にする必要がありません。
IT に依存しないプロジェクト管理の柔軟性
blue wave top
Confide St Request Function v2
PRECISION IS POWERFUL

変化する世界には、最新のアプローチが必要です。

会議室に長時間こもってチーム メンバーと複雑なプロジェクトを進めていた時代は終わりました。世界がハイブリッドやリモート ワークのモデルに移行するにつれ、完全オンラインで完結する重要なビジネス案件はますます増加しています。Confide のシンプルかつ強力なコントロール機能により、ビジネス リーダーは機密性の高いプロジェクト固有の情報をピンポイントで共有の管理をすることができ、IT 部門は他の優先事項に集中することができます。AvePoint のバーチャル データ ルームは、その規模や範囲を問わず、必要に応じて簡単に拡張、縮小することができます。

効率性

新しいワークスペースをすぐに立ち上げることができます。複数のプロジェクトを一元化し、ダッシュボードで管理、主要な評価指標や最近のアクティビティを把握することができます。

正確性

データへのアクセスを正確に管理します。社内外のユーザーとの共有を可能にし、必要に応じて権限の変更や削除を行います。

カスタマイズ

フォルダーやサブフォルダーをカスタマイズできるので、要件に合ったプロジェクト ライブラリを構築することができます。ニーズの変化に合わせて、簡単に構造を変更することができます。

スマート

情報をリアルタイムで可視化し、機密性の高いプロジェクトを最適化します。個々のプロジェクトにドリルダウンして、ユーザーのアクティビティやプロジェクトのエンゲージメントなどを監視することができます。

blue wave bottom
Confide GUI Privacy Protection
THE PRIVACY YOU NEED, WITH PROTECTION YOU CAN TRUST

ビジネス クリティカルなプロジェクトをドライブします。

バーチャル データルーム (VDR) は、金融業界でいち早く導入されましたが、現在では、ユーザーが機密情報を交換したり、特に外部の関係者と共同作業したりする目的で広く使用されています。金融取引、合併、法律プロジェクトをはじめとする機密性か求められるビジネス アクティビティに対しデータ ルームは、ビジネスを行うための安全なプライベート スペースを提供します。

M&A

デューデリジェンスは、あらゆる企業間取引の基礎となるものです。当事者は、アクセスが管理された VDR で、互いのビジネスや財務のポートフォリオを確認することができます。

資金調達

投資家にアピールする際、企業は機密性の高い財務情報やビジネスを複数の外部関係者と共有する必要があります。組込みのインサイトを利用して、彼らの関心やエンゲージメントを測ります。

法務

複雑な取引や訴訟では、顧問弁護士、外部の法律事務所、第三者の間で特権的な情報を共有する必要があることがよくあります。24 時間 365 日、最新のドキュメントやファイリングにアクセスできます。

コンプライアンス

定期的な監査への対応や規制上の問題への対応など、関連する財務情報や会社の報告書を VDR にまとめ、必要に応じて外部の監査法人にアクセス権限を付与します。

不動産

商取引においては、買い手、貸し手、金融機関は、財務情報、設計図、その他の物件情報を容易に入手する必要があります。複数の関係者と円滑に作業を行うため、必要に応じてアクセス権限を変更または取り消します。

知的財産

バイオ技術や製薬、鉱業やエネルギーなどの業界では、知的財産、臨床試験データ、環境監査、プロジェクトの入札など、ミッション クリティカルなデータの共有を合理化し、安全性を確保するために VDR を使用しています。

自信を持ってコラボレーションする準備はできていますか ?

プライベート プレビュー プログラムにご参加ください