水曜日, 4月 17, 2024
ホームMicrosoft 365Microsoft Copilot の使い方は?企業向け・個人向けに解説

Microsoft Copilot の使い方は?企業向け・個人向けに解説

Microsoft Copilot は、 Microsoft が提供する生成 AI サービスです。 Microsoft 社製のアプリでも AI 機能を利用できます。

Microsoft Copilot では無料プランのほか、個人向け・企業向けの有料プランなどが提供されており、利用環境に合わせて選択できます。

本記事では、複数ある Microsoft Copilot の種類ごとに使い方を解説します。 できることや料金・購入方法も紹介しますので、導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

Microsoft Copilot とは

Microsoft Copilot  (以下、 Copilot )とは、 OpenAI 社が提供する大規模言語モデル「 GPT-4 」を利用した AI アシスタントです。 Microsoft ではこれまでも「 Bing Chat 」や「 Bing AI 」などの AI アシスタントを提供していましたが、  2023 年 11 月に AI サービスのブランド名を「 Microsoft Copilot 」に統一しています。

Copilot という名前には「副操縦士」の意味があります。 Microsoft の製品を効果的に使用するためにアシストするのが Copilot の役割といえるでしょう。

Copilot では以下の機能が無料で利用できます。

  • チャット機能
  • ブラウジング機能
  • ドキュメントや Web ページの要約機能
  • 画像認識機能
  • 画像生成機能
  • 音声会話機能

また、有料プランでは Microsoft 365 アプリで Copilot を利用することも可能です。

franz harvin aceituna vkfrFrAIO4o unsplash scaled

Copilot の使い方

無料版の Copilot を使用するには、次の方法があります。

  • Microsoft Edge で Copilot を使う方法
  • Edge 以外のブラウザで Copilot を使う方法
  • スマートフォンで Copilot を使う方法
  • Copilot in Windows を使う方法

無料で使う場合は、必ずしも Microsoft アカウントでサインインする必要はありません。ただし、 Copilot で入力・出力した履歴を残したい場合はサインインが必要です。

それぞれの方法について解説します。

Microsoft Edge で Copilot を使う方法

Microsoft が提供する Web ブラウザ「 Microsoft  Edge 」では、 次の手順で Copilot を使用できます。

  1. Edge を起動し、アドレスバーの右端にある「 Copilot 」アイコンをクリックする
  2. 右側に表示されたサイドバーから Copilot を利用できる

Edge 以外のブラウザで Copilot を使う方法

Copilot は、 Edge 以外にも Chrome や Safari などの Web ブラウザでも利用可能です。ほかのブラウザでは「 Microsoft Bing 」 Web ページから Copilot を使用します。

  1. 使用したいブラウザで「 Bing.com 」を開く
  2. 「 Microsoft Bing 」のロゴの右隣にある Copilot のアイコンをクリックする

また、 Bing.com を経由せず直接「 https://copilot.microsoft.com/ 」を開いて利用することも可能です。

スマートフォンで Copilot を使う方法

スマートフォンでは、 PC での利用と同様に Edge や Chrome などのブラウザやアプリから Copilot にアクセスすることができます。ただし、頻繁に Copilot を利用する場合にはアプリの利用がおすすめです。

「 Microsoft Copilot 」のアプリは iOS 版と Android 版が用意されています。ダウンロード後はそのまま使用することもできますが、 Microsoft アカウントにログインすると入力や出力した内容を履歴として記録可能です。履歴は PC やタブレットとも共有できるので、デバイスを選ばずに引き続き作業できるメリットがあります。

Copilot in Windows を使う方法

Copilot in Windows とは、 Windows OS に対話型のAI機能を搭載したものです。音量変更やトラブルシューティングツールの起動、スクリーンショットの撮影など、一般的な Windows での操作をチャットで行えます。

ブラウザで Web 版の Copilot を使うこともできますが、 Windows 11 を使用している場合は Copilot in Windows が使いやすいでしょう。「 Windows キー+ C 」のショートカットでも Copilot を簡単に呼び出せるため便利です。

Copilot in Windows が有効になっている場合は、 PC のタスクバーにある検索ボックスの右側に「 Copilot 」アイコンが表示されます。もし表示されない場合は、「 Windows 11 2023 Update ( 23H2 )」へ更新しましょう。

Copilot Pro の使い方

Copilot Pro は個人向けの有料プランです。Copilot は無料版でも AI アシスタントの機能を利用できますが、有料版ではさらに便利にビジネスや日常に活用できます。ここでは Copilot Pro の使い方やできること、購入方法について解説します。

rpa-automating-processes
Robotic Process Automation (RPA) technology to automate business tasks with AI. Concept with expert setting up automated software on laptop computer. Digital transformation and change management.

Copilot Pro とは

Copilot Pro は 2024 年 1 月に提供が開始された Copilot の個人向け有料プランです。 Microsoft 365 アプリでも AI 機能を利用できるため、業務の効率化が図れます。

Copilot は月額サブスクリプションのサービスで、 1 ユーザーあたり月額 3,200 円の料金が必要です。また Microsoft 365 と連携して使用するには、次のいずれかの製品のライセンスを保持している必要があります。

  • Microsoft 365 Personal (個人用プラン)
  • Microsoft 365 Family (ファミリー用プラン)

Copilot Pro の使い方・できること

Copilot Pro を導入し、 Microsoft 365 アプリで Copilot を使用する手順は次のとおりです。

  1. ツールバーや画面内に表示される「 Copilot 」アイコンをクリックする
  2. 表示された入力ペインに質問(プロンプト)を入力する

Copilot Pro では、無料版の Copilot の機能に加えて次のような機能が利用できます。

GPT-4 や GPT-4 Turbo への優先アクセス

無料版ではピーク時以外に最新モデルの GPT-4 や GPT-4 Turbo を利用できます。一方 Copilot Pro  では、ピーク時でも優先的に利用できるため作業時間の短縮が可能です。

Microsoft 365 アプリでの AI 機能の利用

Microsoft 365 アプリで AI アシスタントを活用できます。たとえば Word での文章作成、 PowerPoint でのプレゼンテーション作成、 Outlook でメールの要約などに活用することが可能です。

画像生成数の増加

画像生成 AI サービスの DALL-E3 を使用した「 Microsoft Designer 」では、テキストを入力するだけで画像作成やデザインができます。画像生成に使えるブースト数は無料版では 1 日あたり 15 ブースト提供されますが、 Copilot Pro では 100 ブースト提供されるため効率よく作業することが可能です。

Copilot Pro の購入方法

Copilot Pro は、以下の手順で公式サイトから購入します。

  1. Copilot Pro の公式サイトへアクセスする
  2. 「 Copilot Pro を購入する」をクリックする
  3. 購入画面で手続きを進める

Copilot Pro を購入するには、 Microsoft アカウントへのログインが必要です。アカウントを持っていない場合はあらかじめ作成しておきましょう。

Copilot for Microsoft 365 の使い方

個人ではなく企業で Microsoft 365 アプリに Copilot を使いたい場合には、 企業向けの Copilot for Microsoft 365 の購入が必要です。

ここでは Copilot for Microsoft 365 の使い方やできること、購入方法について解説します。

Copilot for Microsoft 365 とは

Copilot for Microsoft 365 は、 Copilot の基本機能に加えて Word や PowerPoint などの Microsoft 365 アプリで AI 機能を利用できる企業向けのサービスです。

年額サブスクリプションのサービスで、 1 ユーザーごとに年額 45,000 円(月額 3,750 円)の料金が必要です。

Copilot for Microsoft 365 を使用するには、次のいずれかの製品のライセンスを保持している必要があります。

  • Microsoft 365 Business Standard 
  • Microsoft 365 Business Premium 

Copilot for Microsoft 365 の使い方・できること

Copilot for Microsoft 365 を導入して Microsoft 365 アプリで Copilot を使用する手順は Copilot Pro と同様です。また Copilot for Microsoft 365 には Copilot Pro の機能に加えて次のような機能や特徴があります。

Microsoft Copilot Studio の利用

Copilot for Microsoft 365 では Microsoft Copilot Studio という機能を利用できます。これは独自にカスタマイズした自社オリジナルの Copilot を作成できるサービスです。

Microsoft Copilot Studio については以下の記事を参考にしてください。

Microsoft Copilot Studioとは?料金や活用事例について解説

企業向けのセキュリティ対策

企業向けに最適化されたセキュリティやプライバシー、コンプライアンス対策が施されています。企業として安全な環境で Copilot を使用するには、 Copilot for Microsoft 365 プランがおすすめです。

Microsoft 365 アプリでの AI 機能の利用

これは Copilot Pro にも共通する機能ですが、ここでは Microsoft 365 アプリでの Copilot の具体的な活用例を紹介します。

  • Word
    文章の下書き作成、書き換え・編集、内容に関する質問など
  • Excel
    グラフや表の作成、関数の提案、データ加工、データ分析など
  • PowerPoint
    文書をもとにしたプレゼンテーションの作成、資料の編集・整理、資料に挿入する画像やグラフの生成など
  • Outlook
    メールの下書き作成、メールの内容要約など
  • Teams
    会議内容のリアルタイム要約、議事録の作成など

Excel のデータを指定して Word で資料を作成するなど、各アプリを横断したシームレスな利用もできます。

Copilot for Microsoft 365 の購入方法

Copilot for Microsoft 365 は次の手順で購入します。

  1. Copilot for Microsoft 365 の公式サイトにアクセスする
  2. 「購入する方法」からビジネス用の Microsoft アカウントでサインインする
  3. 管理センターの購入画面で以下の情報を入力する
    • ライセンスの数量
    • サブスクリプションの期間
    • 請求頻度
  4. 「確認」をクリックする

なお、エンタープライズ向けの Microsoft 365 ライセンスを使用中で Copilot の購入を希望する場合は、Microsoft 担当者へお問い合わせが必要です。

Microsoft Copilot の使い方を理解して効果的に活用しよう

Microsoft Copilot は、 Web ブラウザやスマートフォンアプリ、 Windows 11 から無料で利用できます。

無料の機能に加えて Word や PowerPoint での文書作成や Teams での会話の要約など、Microsoft 365 アプリで利用したい場合は有料プランの購入が必要です。あらゆる作業を効率化できるため、さまざまなメリットをもたらすでしょう。

Copilot は正式にリリースされてから間もないため、今後さらに使い方の幅が広がったり機能が向上したりすることが期待できます。 ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Most Popular

Recent Comments