日曜日, 7月 3, 2022
ホームMicrosoft Teams【Microsoft Loop ウェビナーのQ&Aと検証結果】コンポーネントを作成したユーザーアカウントが削除されたらどうなるのか?

【Microsoft Loop ウェビナーのQ&Aと検証結果】コンポーネントを作成したユーザーアカウントが削除されたらどうなるのか?

どうも AvePoint の中村太一です。

暖かくなったと思ったら寒くなったり花粉症が酷かったりしますが、春ですね。僕の息子もめでたく小学1年生になりました。親バカなので自分の子供が世界一カワイイです。間違いない!

それは置いといて…。

 

先月 3 月 28 日に、新機能 Microsoft Loop に関するウェビナーを開催しました!

最新情報!今から知っておくべき Microsoft 365 の新アプリ「 Microsoft Loop 」とは?使い方と注意点を解説

こちらは関心が非常に高く申込者数も多く大盛況だったわけですが、 Microsoft Loop の概要と今現在利用できる Loop コンポーネントについてデモを交えて解説し、更にその仕様をディープダイブし、仕様からわかる注意点なども解説しています。

参加されていない方でも無料でいつでも録画をオンデマンド視聴できるので要チェックです。

 

【関連記事】新登場 Microsoft Loop ですぐに使いたい4つの機能とは – AvePoint Blog

 

ウェビナー中にお見せできなかった検証結果をここで公開します!

ウェビナーで Loop コンポーネントに関する注意点を説明すべく事前に検証を試みたのですが、結果が出るのに時間を要したため検証結果が間に合わなかったんです。そこでウェビナー内でも参加者の方に「後日ブログにて検証結果をお知らせします!」と豪語しました。

と言う事で検証結果をお伝えいたします。

 

検証の内容

まず、どんな検証かと言いますと、 Loop コンポーネントのデータの保存場所は作成したユーザーの OneDrive に保存される仕様なので、作成者が退職などでアカウントが削除されると、一定期間が過ぎるとデータが削除され、共有されていたハズの Loop コンポーネントも残されたメンバーは利用できなくなるのでは?という仮説がありました。

その仮説のもと、実際にコンポーネントを作成し検証を行いました。

それでは以下に検証過程と検証結果をお伝えいたします。

 

① Loop コンポーネントを作成

Microsoft Teams のチャットから Loop コンポーネントを作成します。

今回は便宜上、「愛社 豊」さんという架空のユーザーに登場していただきました。

「愛社 豊」というユーザーが Loop コンポーネントを作成しました。すると、 Loop コンポーネントのファイルは 愛社 豊さんの OneDrive に保存されます。

② Loop コンポーネント作成者のアカウントを削除

愛社 豊 さんの退職により、 Microsoft 365 からアカウントが削除されました。

OneDrive の既定の保持期間は 30 日間です。

つまり、アカウントが削除されてからも、 30 日が経過するまでは共有された Loop コンポーネントもそのままで、残されたメンバーによって表示・編集ができます。

そのため、「引き継ぎが正しく行われた」と誤認しがちです。

さて、 30 日を過ぎたら、削除されたユーザーが作成した Loop コンポーネントはどうなるでしょうか?

 

③検証結果

Microsoft Teams のチャットを見ると、該当する Loop コンポーネントは中身が表示されていません。

「現在、コンテンツを表示できません。代わり、上記のリンクを使用してください。」に従ってクリックしても、 404 エラーで表示されません。

参照先の URL も 404 エラーで表示されず。

このように Loop コンポーネントが他のユーザーに共有されていても、作成者の OneDrive に保存されるという性質上、退職などでアカウントが削除されれば、一定期間後に削除され、共有されたと思っていたコンポーネントは利用できなくなります。

これが業務上大事なデータや会話だったらどうでしょうか?

実際は保持期間が過ぎたあとでもゴミ箱に移動するので更に 93 日間は復元が可能ですが、復元は管理者が PowerShell を使わなければいけないので、各方面に迷惑がかかります。更に 93 日を過ぎるともう復元は不可能です。

これは Loop コンポーネントに限らず OneDrive 内のデータ全てが該当します。

Microsoft Teams のチャットに添付したファイルは添付した人の OneDrive に保存されるので、同様のリスクがあらゆる場面で生じるのです。

 

このように、思わぬところでデータロスが起こりうることを考えると、バックアップ対応が組織において非常に有効であると言えます。

AvePoint にも Cloud Backup というバックアップ製品があり、特にコロナ禍以降は日本企業でも導入件数が急増しています。気になる方は是非お問い合わせください!

クラウドバックアップはAvePoint | Microsoft 365 のデータを自在にリカバリー

 

ウェビナーの質問にお答えします

今回のウェビナーでは Microsoft Loop の話題を中心に、多くの質問をいただきました。

開催から少し日にちが経ってしまいましたが、下記にて回答いたします。

 

【Q】 Loop コンポーネントのタスクと Planner は連携しますか?

【A】現在は連携していません。また把握している限りだとロードマップ上にも見当たりません。

 

【Q】 Loop の競合製品、他社の類似製品はなにになりますか?

【A】「ノーション」というサービスが類似しているという話はIT系ニュースなどで確認しております。

 

【Q】チーム内で Loop コンポーネントを作成した場合は、チームの SharePoint サイト内に保存されるのでしょうか。

【A】現時点では Microsoft Teams のチームのチャネルでは Loop コンポーネントは利用できません。ただし今後チャネルでも利用できる可能性を Microsoft も示唆している箇所もあるので実装される可能性は高く、その場合はおそらく SharePoint のチームサイト内に保存されるとは思いますが、現時点では推測の域とさせてください。

 

【Q】作成者以外も共有リンクで他者に共有できますか?

【A】共有リンクの設定が「リンクを知っているあなたの組織のユーザー」になっていれば、その時点で実質的には組織内のユーザー全てに共有された状態になります。なので作成者以外でもリンクを他者に教えれば共有できます。

 

【Q】お部屋の後ろに見えるギターがすごいですね

【A】部屋の後ろまで見ていただいてありがとうございます。だいぶ減らしましたが現在はギター9本、ベース2本を所持しています。

 

以上です。ご質問ありがとうございました!

 

Loop ウェビナーのご視聴ありがとうございました!

ウェビナー後のアンケートにはたくさんの応援メッセージありがとうございます。読んでいて力が湧いてきました。また、フリーコメント欄に新小学1年生を持つ親へのアドバイスを書いてくれている方もたくさんいまして、感激しました。重ね重ねありがとうございます。

AvePoint のウェビナーはリピーターになってくださる方が非常に多く、日々幸せをかみしめております。

今後も Microsoft 365 についての情報を楽しく発信させていただきますので、よろしくお願いいたします!

 

おすすめ eBook はこちら

 

Teams についてもっと知りたい!

Microsoft Teams Tips 生産性を向上させる18のヒント

バックアップが不安…なにから考えればいい?

どうする? どうやる? Microsoft 365 テナント バックアップ

退職者や外部ユーザーのアカウントなど、適切なライフサイクル管理をしたい!

Microsoft 365 ガバナンス自動化入門

 

その他、Microsoft 365 の利活用・運用管理にお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

人気の記事