木曜日, 5月 30, 2024
ホームMicrosoft 365Microsoft 365 によるデジタルワークスペース変革の ROI を測定する方法

Microsoft 365 によるデジタルワークスペース変革の ROI を測定する方法

投資収益率 (ROI) の測定は、デジタル変革の取り組みの基本的な要素です。ROI の測定により、進捗状況を追跡し、改善の余地がある領域を特定し、主要な関係者に取り組みの価値を示すことができます。これは、企業の投資がビジネスの成長と目標の達成に役立っていることを証明します。

しかし、デジタル ワークプレイスの実現への取り組みの ROI を測定することは、非常に多くの変数が関係しているため、困難な場合があります。

ほとんどの組織は、デジタル投資から期待していた効果の 3 分の 1 未満しか達成できていない一方で、デジタル投資の ROI を証明することが複雑であるがゆえに、多くの組織がどうすればもっとうまくやれたのか、そして物事を正すために具体的にどのような行動をとるべきかを理解できていません。

デジタルワークプレイス実現への取り組みを測定するのが難しい理由

それは担当者の努力が足りないからではありません。デジタルテクノロジーは複雑であり、従業員の利用方法も多様であるため、そのような取り組みの影響を定量化することが困難なのです。

ここでは、組織がデジタルワークプレイスの ROI を測定しようとする際にしばしば直面する3つの課題を紹介します。

  • ROI の定義

より具体的で直接的な他のビジネスイニシアティブとは異なり、現代のワークプレイス変革は複雑であることが多く、その恩恵は簡単に定量化できず、すぐに明らかになるものではない場合があります。そのため、組織はデジタル変革の進捗状況を把握する前に、投資を長期的な視点でとらえる必要があります。

  • インパクトの定量化

適切なツールがなければ、このような取り組みが組織に及ぼす影響を完全に把握することは、特に財務的な観点からは困難になるケースがあります。コストの削減や収益の増加など、一部の指標は財政的な成果に直接関連付けることができますが、コラボレーションや従業員の満足度の向上など定量化が難しい指標もあります。そのため、組織は主要な利害関係者に対してデジタル ワークプレイスの実現への継続的な投資を正当化することがさらに困難になります。

  • データの収集

従業員が新しいアプリやプラットフォームをどれだけ利用しているかを示すことができる分析ツールがあるかもしれません。ただし、デジタル変革の取り組みの ROI の全体像を提供できるほど包括的または詳細ではない可能性があります。たとえば、一部のデータは組織全体のレベルでしか利用できない場合があり、組織は事業領域や部門ごとに取り組みの影響を評価できなくなります。このような制限は、ビジネス上の意思決定や、組織が是正措置に向けてどのように行動するかに大きな影響を与える可能性があります。

デジタルワークプレイスの ROI を測定するための主な指標

デジタル変革の ROI を測定するには、組織の目標に最も関連する指標を慎重に検討する必要があります。デジタル変革の取り組みを通じて何を達成したいと考えていますか? 生産性の向上、コストの削減、あるいは顧客満足度の向上でしょうか。

組織にはさまざまな優先順位と課題があり、
ROI を正確に測定するために必要な指標も異なります

ただし、人を中心としたデジタルワークプレイスの実現が目標であるのであれば、次の3つの主要な指標がデジタル変革の ROI の重要な構成要素である必要があります。

1.Microsoft 365 の導入・利用状況

Microsoft 365 プラットフォームの使用状況の指標を把握することで、従業員が新しいツールやプロセスをどの程度うまく導入できているかを判断します。指標から、デジタルワークプレイスへの投資が組織とユーザーの双方にとってどの程度成功しているかがわかります。新しいコミュニケーション プラットフォームはコラボレーションに役立っていますか?イントラネットは、ユーザーがより迅速にデータを見つけられるようにすることで生産性の向上に貢献していますか?

プラットフォーム利用に関する洞察を理解することは、従業員がどのようにプラットフォームを利用し、より良い仕事をしているか、多くの価値を見出すことにも役立ちます。たとえば、新しいコミュニケーション プラットフォームと作業プロセスにより、営業チームがより早く取引を完了できるようになれば、長期的には組織全体の売上と収益の増加につながります。

武田薬品工業株式会社の事例から、デジタル導入を最適化する方法を学びましょう:
Tygraph Optimizes Takedas Strategic Cloud Consolidation

2. ユーザーアクティビティ

ユーザー アクティビティは、従業員の使用パターンに関する洞察を提供し、生産性、従業員エンゲージメント、コラボレーションなどの重要な要素をより包括的に評価するのに役立ちます。これにより、プラットフォームの指標をさらに掘り下げて、事業部、部門、地域などの単位で詳細なレポートを得ることができます。

新しいモダンワークスペースでユーザーがどのように働き、共同作業を行うかを明確に理解することで、ユーザーのニーズや好みに合ったトレーニング プログラムを開発やソリューションの導入が可能になります。そうすることで、従業員はより効率的にコラボレーションを行い、効果的なコミュニケーションを図り、仕事に対する意欲を高めることができます。提供されたツールを活用してタスクをより早くタスクを完了し、質の高い仕事を生み出せるようになることで、全体的なビジネス成果の向上につながります。

3.ライセンスに関する洞察

デジタル ワークプレイスにおける最大の経費の 1 つは、さまざまなソフトウェア ツールやアプリケーションのライセンス費用です。ライセンスの使用状況を追跡することで、組織はこれらのツールをどの程度効果的に使用しているか、また投資から最大限の価値を引き出しているかどうかをより深く理解できます。

たとえば、ライセンスに関する洞察は、従業員がツールの機能のほんの一部しか使用していないケースを特定するのに役立ち、追加のトレーニングやサポートが必要な可能性があることを示します。さらに、ライセンスの洞察は、不必要な出費につながる余分なライセンスの購入状況を明らかにすることができます。

ライセンス使用状況を分析することで、組織はリソースをどこに割り当てるかについて情報に基づいた決定を下すことができます。これにより、ライセンスの使用を最適化し、必要な分だけを購入し、無駄な支出を避けることができます。ライセンス追跡は組織が大幅なコスト削減を達成し、最終的にデジタル投資の ROI を向上させることに役立ちます。

tyGraph Pulse で組織のデジタル トランスフォーメーションの指標を図る

デジタル変革を成功に導くには、データ分析を通じて進捗状況を評価し、その影響を測定することが重要です。tyGraph Pulse は、上記の3つの重要な指標をはじめとする正確な分析結果を組織に提供し、Microsoft 365 導入によるデジタルワークプレイス実現に向けた取り組みを成功させるために、組織固有のニーズや目標に基づいてカスタマイズされた洞察を得ることができます。

tyGraph Pulse のデジタル トランスフォーメーション スコアカードは、組織の Microsoft 365 導入に関する包括的なインサイトを提供し、導入状況、ユーザー アクティビティ、ライセンス使用率などのデジタル トランスフォーメーションの ROI を示す重要な指標を測定します。そして、重要な指標の導入が成功するたびにポイントが追加され、組織の全体的なデジタル変革の進捗状況が示されます。

デジタルトランスフォーメーションの導入と利用

Microsoft プラットフォームのユーザー アクティビティと使用状況に関するレポートを組み合わせて、Microsoft 365 ワークロード全体でテナントがどのように機能しているかの概要を把握できます。どのサイトがアクティブで、ユーザーが最も多くの時間を費やしているかを確認できます。また、デジタル トランスフォーメーションの傾向を毎月確認して、導入の進捗を測るすることもできます。

Tygraph Pulse Digital Transformation Adoption and Usage

デジタルトランスフォーメーションの詳細

tyGraph Pulse を使用すると、さまざまなビジネス領域/ユーザー属性ごとの使用状況を理解することで、詳細をさらに掘り下げることができます。 Tygraph digital transformation

部門、地域、国ごとにユーザーのアクティビティに関する詳細な分析情報を確認でき、Microsoft 365 プラットフォーム全体でのコラボレーション状況も確認できます。また、モバイル インサイトでは、ユーザーが主に業務や情報へのアクセスに使用しているデバイスを確認できます。

ライセンスの有効化

tyGraph Pulse のライセンスレポートでは、ライセンス リソースを効果的に割り当てる方法を発見できます。総ライセンス数の傾向と分布を明らかにし、新しく割り当てられたライセンス、利用されているライセンス、および利用されていないライセンスについて深く掘り下げることで、ライセンス割り当て状況と使用可能性をもとに、ライセンスの再割り当てや調達予測を行うことができます。

Tygraph pulse M365 license enablement

tyGraph Pulse は、正確な分析と貴重な洞察により、組織にデジタル変革の進捗状況の概要を提供します。その結果、データに基づいた意思決定を行い、導入率の向上、デジタルワークプレイス実現のROIの向上に繋げることができます。

AvePoint でデジタル変革を成功させる

移行から導入に至るまで、デジタル変革の中心に人材を置き続けることが不可欠です。しかし、物事を正しく行い、確実に成功させるためには、ワークプレイスの近代化と測定に優れたツールが必要です。

Microsoft 365 によるデジタル変革の取り組みを成功させるため、AvePoint はこれまでの経験と技術力を活かし、様々なソリューションをご提案しています。ぜひ貴社の課題をご相談ください。

・Microsoft 365 へのデータ移行「FLY
・Microsoft 365 ROI 測定、活用状況可視化「tyGraph
・社内トレーニングプラットフォーム(LMS)「Curricula
・活用推進のための管理効率化・自動化ソリューション「EnPower」「Cloud Governance

Most Popular

Recent Comments