FLY 3 steps

シンプル 3 ステップで完了! SharePoint / Microsoft 365​ 移行

オンプレミスの Exchange・SharePoint・ファイル サーバーから、Microsoft Teams・Microsoft 365 グループ​・Box・Dropbox・Slack・Google Drive まで、すべてまとめて Microsoft 365​ に移行。

タイトなスケジュール・予算の制約・データ クリーンアップ解決などの難問は、AvePoint の移行ツール FLY が解決いたします。

Slack や Google Drive から Microsoft Teamsへの移行など​
クラウド間移行もお任せください

Step1. 移行前スキャン​

現在持っているデータ・コンテンツの全体像を把握。
Office 365 で利用できないカスタマイズ内容や要素の有無も確認し、移行後のトラブルを未然に防ぎます。

Step2. コンテンツ・データ移行​

フィルター定義・マッピング・スケジュール設定で、移行タスクを自動化。
インストールの簡単なツールで作業を最適化します。

Step3. モニタリング​

デフォルトで実装されている進行状況レポートで、プロジェクトを見える化。
さらに PowerBI テンプレートを利用すれば、スロットリングやパフォーマンスもさらに詳しく分析可能になります。

Teams 450

SlackからTeamsへの移行を簡単に管理

FLYは、SlackとTeamsの移行に関して非常に優れているソリューションです。

SlackからTeamsへの移行や、Microsoftテナント内または横断的にTeamsを再構築する場合も、FLYにお任せ。

ファイル、メンバーシップ、会話などの重要な情報も維持。

チャンネルの過多や古い命名規則に柔軟に対処して、ユーザー エクスペリエンスを最適化し、Teams の価値を最大限に高めます。

チャンネル、ファイル、サイト、または他のチームを統合する
統制のとれていないチームからチャネルを切り離す
情報アーキテクチャと命名規則の整理
FLY Migration

自社ニーズにマッチした移行を実現

様々な理由で起こるOffice 365やSharePointの移行に、規模関わらず対応。

デジタルトランスフォーメーションのイニシアチブ、M&A、分割、または再編成をサポートし、さらに古いシステムを廃止することも可能。

迅速に対応し、ビジネスの混乱を最小限に抑えることができるようにサポートします。

オンプレミスやクラウドで運用されているメール、ファイル、コラボレーションシステムのデータを、Microsoft Office 365クラウドやSharePointの最新バージョンに迅速に移行・統合できます。

オールインワン製品で簡単移行

メール以外にもファイルやフォルダーなど、移行元のオブジェクトを包括的に移行する機能を提供します。
モジュール別に移行ツールを用意する必要なく、FLY ひとつで移行プロジェクトを完了させることが可能です。

移行プロジェクトの最適化

Power BI を援用した詳細なデータ ディスカバリーと動的スコープ分析で、移行プロジェクトを複数のフェーズに分割。
フィルタリング、スケジュール設定、ロールアウトのステージング設定などの機能で、エンド ユーザーのスムーズな新環境移行を実現します。

データのクリーンアップと保護

クラウドへの移行可否が判断できないデータは、Compliance Guardian DVC の包括的スキャン オプションもご検討ください。
セキュリティと用途に応じてデータのタグ付け・整理・分類を行い、データを安全な状態に保ちながら、トラブルを未然に防ぎます。

大規模データを速やかに移行

高速クラウド移行モードで、1日に数テラバイトものコンテンツ移動が可能。

Dropbox、Box、Google Driveも簡単に移行します。

FLY Comprehensive

クラウド・オンプレミス、多様な移行元環境に対応

最新の SharePoint への移行も、Microsoft 365 への移行も、簡単インストール & 簡単操作の AvePoint 移行パッケージにお任せください。

Microsoft ベスト プラクティスに沿ってコーディングされた AvePoint のツールで、SharePoint・Microsoft 365 へのスムーズな移行を実現します。

移行前の現状把握

包括的な移行前スキャンで、データ サイズ・ファイル タイプ・ユーザー・権限などの詳細情報を把握します。
また、移行先で利用できない要素を割り出し、移行後のトラブルを未然に防止します。

ポリシーのカスタマイズ

フィルタリング・マッピングに紐づいたポリシーをカスタマイズし、メタデータ・ユーザー・権限がトラブルなく移行できる状態を維持します。

簡単操作

移行プロジェクトの範囲を、ドラッグ & ドロップの簡単操作や CSV ファイルの一括インポート設定から利用できるマッピングで設定可能です。

スケジュール設定

業務時間外の移行設定で、スロットリング回避とスムーズな新環境移行を同時に実現します。

Microsoft ベスト プラクティス準拠

ハイスピードな Azure Import API を最大限に活用することで、Microsoft のベスト プラクティスに従った高速移行を可能にします。

複数環境対応のメール移行

オンプレミス Exchange・Gmail・IMAP/POP3、さらには別テナントのExchange Onlineまで、多様な移行元環境をサポートしています。

複数環境対応のファイル移行

Box・Google Drive・ファイル サーバーからMicrosoft 365、SharePoint 最新バージョンへのスムーズなファイル移行が可能です。

SharePoint 旧環境や別テナントの​ Teams/SharePoint、Slack移行

SharePoint 2010/2013/2016/2019 やSlack、さらには別テナントの Microsoft Teams、Microsoft 365 グループ移行に対応し、シンプルな環境統合を実現します

Exchange Onlineへの移行をスムーズに

Exchange、メール、連絡先、カレンダーをMicrosoft Office 365に移行。

ドメインをまたいだ変更やユーザーの同期も、すべて1つの場所で行えます。

メールサーバーからの移行、G-Suiteからの移行、Microsoft Office 365のテナント間移行など、メールの移行は当社にお任せください。

メールの移行を成功させる各種機能
  • メール、連絡先、カレンダーを含むGmailのOffice 365への移行
  • Exchangeのオンプレミス、オンライン、GoDaddyがホストするメールボックスをサポート
  • メールボックスをOffice 365グループメールボックスに統合または移行
  • PSTファイルをExchange Onlineにインポート
  • IMAPまたはPOP3移行を使用して、Exchange 2007または他のサーバーやクラウドをサポート
  • FLY Assistによって、ユーザーや管理者によるOutlookの自動設定を支援し、エンドユーザーへの導入を迅速に遂行
  • Exchangeパブリックフォルダをメールボックスと一緒に、または単独での移行が可能

OneDriveへの移行を簡単に

ファイルシステム、SharePointサーバー、クラウドプラットフォームから、関連する権限設定やメタデータを含むファイルを移行。

Google、Dropbox、Box、またはその他のOneDriveにあるクラウドファイルをすばやく統合。コンテンツを見つけやすい場所に安全に移行します。

お客さま事例:パーソナルドライブから OneDrive へ
City of Port St. Lucie

不適切な権限が付与された多数のリンクを検知・修正する AvePoint の SaaS ツール Policies and Insights を活用し、ゲスト アクセスの監視体制を改善した Port St. Lucie 市

個人、共有、クラウド、その他の Microsoft 365 ドライブを変換・移行する各種機能
  • 個人または共有ドライブを OneDrive for Business または SharePoint ライブラリに変換
  • メタデータをインポートし、フォルダ構造をOneDriveやSharePointのメタデータに変換
  • Google ドライブを権限とメタデータ付きで移行
  • Boxからの移行
  • Dropboxからの移行
  • テナント内またはテナント間でOneDriveを移行、共有ファイルを再構築・統合