Microsoft 365 ガバナンス自動化コスト削減シミュレーション

Cloud Governance の導入効果が一目でわかる!
ユーザー数から、ガバナンス自動化で節約できるコストを予測

ステップ 1

御社の現状についての情報を入力します

  • 御社に所属しているユーザーの総数を半角で入力します (500 名以下の場合は 500 を選択してください)
    500 名 100,000 名以上
  • 関係者への周知とプランニング
    負担レベル: 高 負担レベル: 低
  • 作成・展開とセットアップ
    負担レベル: 高 負担レベル: 低
  • セキュリティと構成に対する変更の更新
    負担レベル: 高 負担レベル: 低
  • ロールと権限の監査
    負担レベル: 高 負担レベル: 低
  • データ収集とレポート
    負担レベル: 高 負担レベル: 低
  • 一般的なワークスペースの管理
    負担レベル: 高 負担レベル: 低
  • ワークスペースのアーカイブと削除
    負担レベル: 高 負担レベル: 低
${ SAOLable }
STEP 2

ROI を確認します (3 年間。計算は給与時間に基づきます。計算の根拠等についてはガイドブックをご確認ください)

3 年間で節約できるコスト

ワークスペースの作成と展開

管理

ライフサイクル管理

作成と展開: SharePoint サイトや Microsoft 365 グループ、Teams のチーム、OneDrive 等の Microsoft 365 ワークスペース作成・展開に対するガバナンスを、既定機能だけで充分に効かせることは困難です。

対策せずにグループの無秩序な増加を招いてしまう場合も、IT 管理者等の一部スタッフに承認の負担を強いてしまう場合も、どちらも組織にとっては損失となります。作成と展開に関連するワークフローを自動化することで、この負担を軽減することが可能になります。
管理: 組織がグループの作成を完全にコントロールできている場合でも、さらに考えるべき問題があります。グループのライフサイクルを通じ、作成後の運用管理・ユーザー管理など、継続的な運用管理をどのように行うかという問題です。管理関連タスクの自動化により、この負担を軽減することが期待できます。
ライフサイクル管理: Microsoft 365 グループに基づいたワークスペースでは、メンバー変更のような小さな変更内容から、所有権の完全変更のような大規模なものまで、様々なイベントが発生します。プロジェクトが完了する、組織改編が発生するなど、グループの当初の利用目的が達成あるいは変更された場合は、グループやチーム自体も削除する必要がありますが、削除・アーカイブ前に行う必要のあるレビューや確認は、手間のかかるプロセスとなることも珍しくありません。この手間のかかるプロセスを自動化することは、大幅なコストと時間の節約になる可能性があります。
シミュレーションの背景となるデータ・計算式について

本 ROI シミュレーションの背景となるデータをはじめとする、Microsoft 365 ガバナンスに関連する詳細なデータについては、AvePoint オリジナル eBook 『Microsoft 365 ガバナンス自動化入門』でご確認いただけます。

免責事項: 本シミュレーション ツールの提示する結果は、限られたデータに基づいた概算となり、実際のコスト カット結果を正確に提示するものではありません。AvePoint にご連絡いただければ、お客様ご自身の組織に合わせて試算方法をカスタマイズし、Cloud Governance ソリューションの導入で得られる潜在利益を、より現実に近い形で導き出すことができます。

ROI 総額に占める各ファクターの割合
  • ${ spb }%

    ワークスペースの作成と展開

  • ${ asb }%

    管理

  • ${ lcmb }%

    ライフサイクル管理

正確な数字と費用対効果の算出をご希望ですか?

AvePoint のエキスパートがさらに詳しくご説明します

説明を受ける