Archiving Intro graphics

Microsoft 365 のインテリジェントなアーカイブ

クラウドストレージのコスト上昇と情報過多への対応

クラウドは新しい仕事の場として定着しつつあります。コラボレーション、ファイルやドキュメントの保管、そして記録管理までもが Microsoft 365 にシフトしています。

しかし、ここで問題があります。

動画、画像、その他の大容量ファイル(およびそのバージョン)は、SharePoint やコンテンツ ストレージの容量を簡単にオーバーしてしまいます。Microsoft はストレージの超過料金を請求するようになったので、今こそファイルを管理し、予期せぬ請求が発生しないようにする時です。さらに、コンテンツが増えすぎると、ユーザーは必要なものを見つけにくくなります。

インテリジェント・アーカイブは、データをより低コストのクラウドストレージに移動し、データ品質を向上させ、コンプライアンスを確保することができます。

wave general

Microsoft 365 をアーカイブするメリット

Icon storage costs
Microsoft 365 のストレージコストを削減

Microsoft 365サイトやコンテンツストアから大容量メディアファイルや古くなったコンテンツを削除することで、クラウドストレージの容量オーバーを削減します。

Icon data quality
情報ライフサイクルを管理

ストレージ階層を作成し、時間またはメタデータベースのトリガーに基づいてコンテンツを移動し、アクティブなワークスペースをすっきりとした状態に保つことができます。

Icon Compliance
レコード管理をサポート

用語集の作成、分類の適用、ファイルプランの実施が可能に。

暗号化され、ルールに準拠し、エクスポート可能なフォーマットでコンテンツを保存し、アーカイブします。

Cloud Records でデータ ライフサイクルを完成させましょう。

Feature archiving
データ品質を向上し、ストレージコストを削減

Microsoft 365のコンテンツ保持を自動化

Microsoft 365 コンテンツにライフサイクル管理ポリシーを適用します。ビジネスルールとフィルタを使用して、コンテンツをより低コストのストレージに移動したり、コンテンツを削除したり、不変の読み取り専用コピーを保持したりすることができます。

コンテンツをアーカイブすることで、次回の月々の請求額を削減したり、確実なデータ管理を可能にします。アーカイブされる、レコードが残っている、移動・削除されたコンテンツの包括的な監査証跡を維持することができます。

Feature Restore
いつでも、どこからでも復元

迅速、簡単、オンデマンドなリストア

アーカイブされたコンテンツを、メタデータ、ワークフロー、権限をそのままに、いつでも Microsoft 365 SharePoint Online、Groups、OneDrive for Business にリストアすることができます。

Microsoft 365 の元の場所に基づいて、または高度な検索とフィルタ条件を使って、復元するコンテンツを簡単にブラウズできます。

blue wave top
Built with YOU
テクノロジーとビジネスの溝を埋める

あなたに最適化された価値

ストレージコストの削減とクラウドインフラの最適化

M365 サービスオーナー、インフラストラクチャーリードをされる方へ

クラウドフットプリントの拡大に伴うクラウドストレージコストの上昇に対応します。クラウドインフラ全体に、自動化された階層型ストレージ管理を簡単に導入できます。

ユーザー エクスペリエンスの向上

エンドユーザーの方へ

未使用または古いコンテンツやサイトを自動的にフィルタリングし、データの品質、検索結果、および全体的なユーザー体験を向上させます。

セキュリティとコンプライアンスを実現

情報セキュリティ担当者、レコード管理責任者の方へ

コンプライアンスに準拠したフォーマットでコンテンツをエクスポートし、コンプライアンスポリシーに従ったコンテンツの処分を証明し、ユーザーの介入なしに記録結果を強制的に変更することができます。

blue wave bottom

インテリジェント アーカイブ&リカバリー機能

最小粒度またはサイトレベルのアーカイビング

Microsoft 365 SharePoint Online、グループ、チームサイト、OneDrive for Businessからコンテンツをアーカイブします。

ビジネス観点でのルールとフィルタリング

コンテンツタイプ、所有者、最終更新日時、最終アクセス時刻、ファイルサイズ、親リストタイプID、親フォルダ名、またはカスタムメタデータフィールドに基づいてM365コンテンツをアーカイブすることができます。

忠実性の高いアーカイブ

サイトコレクション、サイト、リスト、ライブラリ、フォルダー、アプリ、アイテム、ドキュメントのバージョン、添付ファイルをアーカイブします。メタデータ、ワークフローの状態、パーミッションはそのまま維持されます。

レコード管理との統合

記録の識別と保管(コンテンツの読み取り専用コピーをその場で削除または維持する機能を含む)。

柔軟なオンラインストレージ

Microsoft Azure、Amazon S3、Rackspace、IBM Tivoli Storage Manager(TSM)、NetApp AltaVault、Box、Dropbox、SFTP または FTP に保管します。

階層的なストレージ管理

1つまたは複数のクラウドストレージシステムを連携させ、費用対効果の高いストレージ階層をサポートします。

リテンションポリシーの適用

情報管理ポリシーに従ったコンテンツの保存や削除、古くなったコンテンツの安価なストレージへの移動を実施します。

オンデマンドのリストア

アーカイブされたコンテンツを SharePoint、Teams、Groups、または OneDrive for Business にまたがる Microsoft 365 サイトにきめ細かく復元することができます。

規格に準拠したフォーマットへのエクスポート

VEOを含む複数のフォーマットでアーカイブをエクスポートし、法規制に対応します。

Microsoft 365 活用を成功に導くアーカイブ

コスト削減、エクスペリエンス向上、コンプライアンスを一度に叶える