Insights Panel 1

進化したセキュリティレポート

Insights は、Microsoft のクラウドサービスにおけるテナント全体のセキュリティレポートにより、Microsoft 365 / Office 365 の権限を簡単に監視することができます。しかし、問題があるかどうかを知るにはどうしたらよいのでしょうか。Insights は、テナント全体の機密性とアクティビティデータを集約し、重要な権限に関する問題を優先的に解決します。そして、実行可能なレポートから一括して編集します。

Teams、Groups、Sites、OneDrive でのコラボレーションを保護することが、かつてないほど容易になりました。

紹介動画(日本語字幕)
wave general

Microsoft 365 / Office 365 のアクセス制御の発見、優先順位付け、修正

  • セキュリティと権限の監視
    リスクを可視化

    Microsoft 365 のセキュリティに関する一元的なレポーティングを可能に

    Insights は Microsoft 365 / Office 365 の健全性を監視し、機密データへのアクセス権者、アクセスしたかどうか、脅威となる外部ユーザーがいるかどうかを簡単に特定することができるようにします。チーム、グループ、サイト、OneDrive に関する重要なセキュリティに関する質問にお答えします。リスクとは何かを定義し、貴社にとって重要な規制や Microsoft 365 / Office 365 のアクセス制御を選択します。あとは私たちにお任せください。

    Control

    匿名リンクのあるコンテンツやシャドーユーザーのいるチームなどの露出を簡単に特定することができます。

    テナント全体のオブジェクトまたはユーザーベースの検索により、必要な Microsoft 365 のインサイトを迅速に取得

    ダイナミックダッシュボードで重要なアクセスコントロールと機密データを時系列で監視

  • アクション優先順位付け
    ノイズを排除

    管理者は、Microsoft 365のセキュリティに関する重要な問題に集中することができます。

    基本的な権限に関するレポートにコンテキストを追加します。Microsoft Sensitive Information Types と Microsoft Activity Feed のデータで権限レポートを相互参照します。
    機密性の高いコンテンツ、外部ユーザー、シャドーユーザー、匿名リンクに関する問題を簡単に特定できます。そして、最も影響力のある場所に対策を講じることができます。

    Storage

    コンテンツの機密性に基づいて、匿名リンクと大規模なグループレポートのアクションを優先させる

    ポリシー外の権限、匿名リンク、シャドーユーザーなどの一括更新が可能

    社内ユーザーやゲストユーザーの Microsoft 365 権限を失効または削除することで、リスクの高いコンテンツや機密性の高いコンテンツをロックダウン

  • 進捗の証明
    Microsoft Cloudで成果を証明する

    アドホック及び自動化されたセキュリティ修正の影響を実証する

    Microsoft 365 と Teams の導入と露出の減少の記録を長期的に維持します。ダッシュボードで進捗を確認できるため、問題への対処がどの程度進んでいるかを把握することができます。主要なステークホルダーに対してリスクの低減を実証し、ビジネスに対するインサイトの価値を証明します。

    Compliance

    時間ベースのセキュリティダッシュボードは、管理アクションのビジネスへの影響を提示

    リスクスコアを長期的に追跡し、Microsoft 365のセキュリティ体制を実証

    管理者の活動を集中的に監査し、Teams、Groups、SharePoint、OneDrive における改善点を追跡調査

blue wave top
Insights Panel 3 Risk assessment report
組織の潜在的な露出度を数クリックで測定

パーソナライズと優先順位付け

リスク評価レポートは、お客様の環境の更新や変更を迅速に要約し、さらなる対策が必要な高リスクのアクションアイテムを特定し、優先順位を付けます。

このレポートは、技術者以外の担当者とも簡単に共有でき、長期的なリスク露出レベルを測定するベンチマークとして使用することもできます。

サンプル・リスク・レポートを今すぐ実行する
blue wave bottom
Insights Panel 4 Built to scale
スケーラビリティと持続性

Microsoft Office 365 のテナントが 10 ユーザー でも 10,000 ユーザーでも

Microsoft 365 をクロールしたり、スロットルに関する悩みを増やしたりしないように、Microsoft 自身のデータを使用して、価値ある洞察を提供します。

私たちは、潜在的な問題を組み合わせ、解析し、優先順位をつけるという面倒な作業を行いますので、お客様はその作業を行う必要はありません。

なぜなら、コンテキストがないアクセス権レポートは何の役にも立たないからです。管理者は、最も重要なことに集中することができます。

お悩み形式で紹介!動画を見てみる製品画面を見てみる

コラボレーションを安全に維持するための共通のフレームワークを組織に提供

For IT 管理者:ITの効率化

内蔵のベストプラクティスにより、セキュリティチームの優先順位との整合性を保つことができます。自動化されたコントロールにより、設定の複雑さを解消します。Insights が残りの部分を処理するので、より価値の高いプロジェクトに集中することができます。

For セキュリティ担当者:リスクの低減

自動化により、一貫したポリシーの実行が可能です。必要なインサイトを迅速に取得します。
セキュリティレポートにより監査が容易になり、ダッシュボードでリスクの傾向を監視できます。

For 経営者・ボードメンバー:ROI の向上

最新のコラボレーションツールで生産性を向上させ、ユーザーへの普及を促進します。
セキュリティ機能を搭載しているため、安心して最大のビジネス成果を上げることに集中できます。

Insights Panel 6 Get Policies
Microsoft 365 のポリシーを取得し、インサイトを活用

AvePoint の Confidence Platform の威力

環境内の潜在的なリスクをしっかりと理解した上で、いよいよ行動に移すときが来ました。AvePoint Policies を使用すれば、アクセス、設定、外部共有など、共通のルールを簡単に自動化することができます。Policies が設定の変更を検出すると、ユーザーに通知し、変更を自動的に元に戻すことも可能です。チーム、グループ、サイト、OneDrive でのコラボレーションを保護することが、かつてないほど簡単になりました。

AvePoint Policies について詳しく知る

Insights の特長

セキュリティ インサイト

誰が何にアクセスできるかを簡単に確認できます。オブジェクトまたはユーザーベースのセキュリティ検索により、SharePoint、OneDrive、Groups、およびTeamsのアクセス権に関する比類ない洞察を得ることができます。

実用的なインサイト

管理者は、レポートから直接、権限の有効期限、削除、編集を行い、Office 365の健全性を管理することができます。

優先順位の高い権限に関する問題

コンテンツの機密性に基づいて優先順位付けされた、コンテンツの既知および潜在的な問題を強調する

Microsoft の機密情報タイプ

Microsoft の業界や地域別の機密情報テンプレートを使用してリスクを定義、または Microsoft 365 コンプライアンス センターで独自のテンプレートを作成

セキュリティ ダッシュボード

匿名リンクや外部ユーザーからのアクセスを含む露出を長期にわたって追跡

権限管理

ワークスペース全体、または機密情報を含む個々の文書に対する権限の追加、編集、期限切れ、削除を実施

一括アクセス制御

オブジェクトやユーザーベースのセキュリティレポートから直接、権限を一括で更新可能

リスク評価

露出度の高いコンテンツと機密情報の種類を集計し、Microsoft 365 全体でリスクの高いデータのヒートマップを表示

ライセンス再取得

Cense との統合により、無効または非活動的なユーザーのライセンスを削除またはダウングレード

自動化されたポリシーの通知

ポリシーの使用により、繰り返されるアドホックな修正を避けることができます。ほぼリアルタイムで自動的に適用されるルールで、共有しすぎを防止します。

関連リソース

適切なリスク評価でITを効率化