Salesforce hero screenshot

アクシデントは起こるもの。AvePoint バックアップ ソリューションはビジネス クリティカルな Salesforce データを守ります。

データの損失はビジネスに重大な悪影響を及ぼします。 Cloud Backup for Salesforce でデータの安全性を確保しましょう。ワンクリック セットアップ、自動化されたデイリー バックアップ、Microsoft Azure Encryption、包括的なリストア オプションにより、データ損失の不安を払拭します。

安心の保護

1 日 1 回、自動データ バックアップを実行します。さらに追加のバックアップ スケジュールも設定可能です。データ保護と保存の要件を常に満たすことができます。

包括的なリカバリー

組織・オブジェクト・レコード・フィールドの各レベルで、Salesforce データへアクセスし、検索・復元を一括して行うことができます。

安全な暗号化

Salesforce データはクラウド上で安全に保護されます。Microsoft Azure Encryption とユーザー アカウントのセキュリティがあれば、不正侵入や攻撃による心配は不要です。

Salesforce Accidents Will Happen
自分のデータは自分で守る

Salesforce のデータにバックアップが必要な理由

Salesforce に投資したのであれば、データを保護する必要があります。Salesforce も、バックアップおよびリカバリ計画を立てておくことは、システム管理者である皆様の役割であると明言しています。Salesforce ではライセンスに応じて週次または月次でのデータ エクスポートが利用可能ですが、ネイティブなデータ保護サービスには一定の制限があります。

ごみ箱に関する懸念点

Salesforce のごみ箱には、削除したデータが 15 日間保存されます。ごみ箱がいっぱいになるとデータは永久に削除されます。また、ユーザーが自分でごみ箱を空にすることもできます。

時間がない

データを手動でエクスポートすることはできますが、すべてを記録しておく必要があり、事後にデータを復元する機能もありません。

メタデータがない

手動でのエクスポートだと、顧客データのみでメタデータが含まれていません。そのため、レポート、構成設定、ダッシュボードといった情報が失われます。

パートナー推奨

Salesforce は、AvePoint のようなサードパーティーのバックアップ ソリューションを使ってデータを保護し、レポートを実行してデスクトップにエクスポートすることを強く推奨しています。

リカバリとリストアは同じではありません

Salesforce はお客様の環境をリアルタイムでまるごと複製します。つまり、誤って、または意図的に削除してしまったレコードは復元されません。

Salesforce のネイティブ データとメタデータのバックアップ保護AvePoint バックアップ オプション
ご存知でしたか?

2021 年 3 月 10 日より、Salesforce はデータ回復サービスを再開しました。

ただし、いくつかの制限がありますので、Salesforce はデータを保護するためには AvePoint のようなサードパーティのバックアップ ベンダーをご利用になることを推奨しています。
データとメタデータの自動、日次、包括的なバックアップ、または 1 日最大 4 回のバックアップ スケジューリングが可能
組織、オブジェクト、レコード、フィールドの各レベルでデータとメタデータを迅速にリストア
整合性を確保するために、親と子の関係レコードを復元
接続されている本環境またはサンドボックスの Salesforce 組織への完全忠実なアウトオブプレース リストアおよびユーザマッピングをサポート
一元化されたダッシュ ボードで、追加バックアップの実行、使用状況グラフの表示、ユーザー アクティビティの監査が可能
ログイン、バックアップ、リストアなどのユーザ操作を監査
更新や削除などの変更が一括して行われた場合には、自動でアラートを発信
GDPR、CCPA、FOIA の要件を満たすための検索結果に基づく復元とエクスポート
100% クラウド ホスティングなため、インストールや設定は不要。データの暗号化、セキュアな保護
Cloud Backup for Salesforce
あなたに必要なクラウド カバレッジ

Salesforce バックアップ ソリューションは、ビジネス継続のための保険

無保険の車は運転する人はほとんどいないはず。それと同じで、バックアップ無しで仕事をするべきではありません。 Cloud Backup for Salesforce があれば、ワンクリックでバックアップの実行やエクスポート、レポートの作成、新しいデータの保護、リストアが可能になります。

自動化とアドホック

AvePoint Cloud Backup で毎日バックアップを取ることで、 Salesforce データの損失を防ぐことができます。状況に応じてバックアップの自動化もアドホック バックアップも可能です。さらに 1 日最高 5 回の追加バックアップをスケジュールすることができます。また、すべてのバックアップおよびリストア データは、Microsoft Azure に安全に保管されます。

バックアップの比較

比較レポートでは、Salesforce オブジェクトやメタデータがバックアップ間でどのように変化したかを確認することができ、必要なときに必要なエンティティを復元するのに役立ちます。

柔軟できめ細かいリストア

Salesforce の組織全体、オブジェクト、レコード、または単一のフィールドをリストアできます。キーワード検索により、リストア対象をスピーディーに検索・発見します。

ポイントインタイム リストア

記録やエンティティを特定の時点にロールバックすることで、意図しない変更や削除を巻き戻したり、上書きしたりすることができます。

委任されたエンド ユーザーによるリストア

管理者がリストア プロセスを集中的に制御することも、パワー ユーザーが関与してレコードやレコードのフィールドを Salesforce から直接リカバリーすることも可能です。

ステータス監視ダッシュボード

アカウント、リード、コンタクト、オポチュニティなど、頻繁に使用されるオブジェクトのレコード、時間、ジョブ ステータスなど、Salesforce のバックアップとリカバリーの詳細を確認できます。

ユーザー アクティビティ監査

ログイン、バックアップ、リストアなど、Salesforce バックアップ・リストア サービスがどのように使用されているかを完全に可視化します。

レポートと監査

Salesforce のバックアップ、データの復元、追加バックアップの実行、API の使用状況、グラフ、ユーザー アクティビティの表示、および監査を行うことができます。

AvePoint クラウドのスケールとセキュリティ

ハイパースケールと 256 ビット暗号化により、あらゆる規模の組織を保護します。

AvePointのクラウド製品について

関連資料・コンテンツ
【ブログ記事】 Salesforce のバックアップにはサードパーティ ソリューションを

Salesforce を導入することは、組織のデータだけでなく、お客様やパートナーのデータを管理し、リスクから守り、保護する責任を自ら受け入れることでもあるのです。
本ブログは、バックアップと復元に関する総合的なガイドを提供することで、Salesforce のデータをより効率的に管理するために必要な情報を Salesforce ユーザーの皆様にお届けすることを目的としています。 続きを読む

安心・安全なクラウド環境を実現します

AvePoint Cloud Backup for Salesforce