Cloud backup insights

Microsoft Office 365 に向けた強力なバックアップ

Microsoft Office 365 では一定のサービスの喪失は補償されていますが、紛失、削除、または破損したコンテンツ、特に保存期間を過ぎたごみ箱のバックアップには制限があります。AvePoint Cloud Backup は、最悪のシナリオからでもリストアが可能です。ユーザー エラー、停電、ランサムウェア攻撃などを想定してバックアップを行います。

動画を観る(英語)

全自動データ バックアップで もっと楽に・安全に Microsoft 365 を使いこなす

1 日最大 4 回に分けてバックアップを実行することで、スロットリングを回避し、最良のパフォーマンスを実現します。最新の SaaS のトレンドにも対応しています。最新の Microsoft Teams および Microsoft 365/Office 365 機能に対応するデータ保護を提供します。

  • Logo ictivity 126
  • Blacktip-color-logo
  • Walls logo 126
  • Thermo logo 126
  • 330px Vodafone 2017 logo svg
  • Daa logo 126

私たちは Microsoft のクラウド エキスパートです

AvePoint は 18 年以上にわたり、Microsoft Office 365 および SharePoint データのバックアップ ソリューションを提供してきました。お客様に良質なサポートを提供することは、AvePoint の DNA の一部といっても過言ではありません。

  • 2020 Q2 Compliance Badge ISO new
  • 2020 Q2 Compliance Badge ISO 27017 new
  • Soc2 logo
  • Fed Ramp logo small
  • CSA logo
  • IRAP logo new

信頼性の高いセキュアなプラットフォーム

AvePoint の SaaS プラットフォームは、700 万人を超えるユーザーをサポートしています。AvePoint はセキュリティを真剣に受け止め、さまざまな組織と協力しています。政府機関から規制産業、商業施設や中小企業までサポートします。

  • 安全なソフトウェアの開発および保守プロセスに関する ISO 27001:2013認証。
  • SOC 2 Type II 監査および認証は、厳格な情報セキュリティおよびプライバシー基準を満たしています。
  • FedRAMP は、AvePoint オンラインサービスの全省庁での使用を中規模インパクトレベルで認可しました。
  • CSA 自己評価(STAR レベル 1)のクラウド コントロール マトリックスで、当社のセキュリティ コントロールを評価し、文書化します。
  • Cybersecurity Tech Accord Member は、安全なコラボレーションを促進し、顧客とユーザーを保護することを誓約します。
  • IRAP は公式レベルに評価されています。

Cloud Backup for Microsoft Office 365 がカバーするサービスとデータ保護範囲

Exchange Online

メールボックス、アーカイブ、フォルダー、チャット、予定表、連絡先、メッセージ、権限などをバックアップします

SharePoint Online

サイト コレクション、または特定のサイト、リスト、ライブラリ、フォルダー、アイテム、メタデータ、セキュリティ設定、バージョン履歴を保護します

Microsoft 365 グループ

ファイル、会話、ノートブック、サイトなどを含む、Microsoft 365 グループをバックアップします

Microsoft Teams

チーム チャネル、プライベート チャネル、会話、作業ファイル、会議アイテムなどを簡単な操作でリストアします

OneDrive for Business

リスト、ライブラリ、フォルダー、アイテム、メタデータ、セキュリティ設定、バージョン履歴をバックアップします

パブリック フォルダー

メールボックス、メッセージ、ファイル、連絡先、フォーム、投稿のすべてが保護されます

Project Online

プラン、ジョブ、タスク、およびファイルを保護します

Planner

タスク、バケット、進捗状況、ラベル、および割り当てをバックアップします

Microsoft 365 のバックアップが必要な理由

保持と履歴を有効にすることで重要なファイルやメールの保存に一定の効果はありますが、それだけでは業務上の要件に対応できません。適切なバックアップ プランがない場合、データのリストアに莫大な費用がかかることや、リストア自体が不可能になることさえあります。

Microsoft の標準バックアップ範囲については、Forrester Report (有料コンテンツ) をご覧ください。

無料オンデマンド セミナー
【オンデマンド配信中】Office 365 データ保護のウソ・ホント:

【無料オンライン セミナー】
Office 365 のデータ保護はどこまでやれば十分? を、自社ニーズにあわせて割り出す方法を解説

Microsoft の標準バックアップ範囲
  • ハードウェアやインフラの障害によるサービスの喪失
  • 自然災害やデータセンターの停止によるサービスの喪失
  • 新しい OneDrive の「Files Restore」を含む、ごみ箱 / バージョン履歴のユーザーによる誤削除 (最長 93 日間)
  • グループ、メールボックスのソフト デリートおよびサービスによるロールバック (最長 14 日間)
お客様の責任範囲
  • 悪意のある内部関係者、ハッカー、マルウェアまたはランサムウェアによるデータの損失
  • 長期停電からの復旧
  • 従業員の退職やアカウントの無効化によるデータの損失
  • 長期的な偶発的削除範囲に対する、対象を選択したロールバック
  • アクセス権限の割り当て失敗によるユーザーのアクセス遮断
Cloud backup AVA
TEAMS CHAT BOT

AVA - 新しいバーチャル アシスタント (チャットボット) です。

AVA は、ユーザーが失われたコンテンツを見つける手助けをするAvePoint のバーチャル アシスタントです。AVA は Microsoft Teams のチャットに対応し、ヘルプデスクや IT チームに負担をかけることなく、ユーザーが紛失したファイルや電子メールを見つけられるようにします。 今すぐ Teams App ストアで AVA を入手してください。

AVA デモビデオ (英語)
エンドユーザーが自分でリストア

AVA では、失われた Microsoft 365 コンテンツをユーザー自身が検索、リカバリー、リストアすることができます。

検索 &リカバリー

見つからなくなったファイルや削除してしまったメールをExchange、Outlook、OneDrive、Teams から検索することができます。

時間の節約

ヘルプデスクおよびエンドユーザーが、コンテンツを探すための貴重な時間 (とお金) を無駄にすることがなくなります。

セキュリティ強化

すでに設定されている権限が適用されるので、ユーザーはアクセス権限のあるコンテンツのみを見つけることができます。

Cloud Backup graphic
フレキシブルなリストア

広範な保護範囲とフレキシブルなリストア

使いやすく、強力なリストア機能が管理者の時間を節約します。Cloud Backup は、ファイルだけでなく、生成したすべての Microsoft のクラウド コンテンツをセキュアに保護します。コンテンツは、無制限の 256 ビット暗号化ストレージや BYOS などお客様の選択したストレージに保存可能です。広範な保護範囲とフレキシブルなリストア オプションは、お客様のニーズを満たします。

最小単位リストア

メール、ファイル、コラボレーションの最小単位リストア
オンデマンド最小単位リカバリーは、競合を解決し、信頼できるコピーだけをリストアします。

アウトオブプレース リストア

別のクラウドサイト、メールボックス、OneDrive、またはグループにアウトオブプレースでコンテンツをリストアします。組織の発展やユーザー数の増減に合わせて、データの保持と再構築を簡単に行うことができます。

オフライン リストア

.ZIP ファイルや PST ファイルをローカル ストレージにリストアし、いつでもアクセスできるようにします。ファイル、メールボックス、またはチャット履歴などのメール アイテムを含む、OneDrive、SharePoint、Outlook のデータをエクスポートできます。

セキュリティ ロールバック

Microsoft 365 の権限変更を元に戻すために、セキュリティの完全ロールバックを実行します。

オブジェクト ベースのリストア

Microsoft 365 Teams、ファイル、電子メール、その他のオブジェクトをフル テキスト検索で直接検索し、迅速な検出とリストアを実現します。

ポイントインタイム リストア

カレンダー ベースのシンプルなインターフェイスを使用して、コンテンツを特定の時点でリストアします。

エンドユーザー リストア

AvePoint のチャットボット (AVA)は、セキュリティを遵守しながら Microsoft Teams からリストアを実行することができます。

リストア権限の付与

ロールに基づいて信頼できるユーザーにリストア権限を付与します。場所、部署、ロールなどの AD プロパティによるセキュリティ トリミングが可能です。

Cloud backup GDPR
GDPR, CCPA, COMPLIANCE, & DATA SOVEREIGNTY

GDPR、CCPA、ガバナンス、コンプライアンスにも対応できるバックアップ

AvePoint Cloud Backup for Microsoft Office 365 は、コンプライアンス要件を満たすことができます。データはお客様の保存ポリシーに基づいて暗号化されたストレージで保護されます。BYOS を使用したり、セキュリティとデータ主権のニーズに合わせて組み合わせたりすることも可能です。プライバシー ダッシュボードは、バックアップ メール、予定表、OneDrives を検索し、どこに保存されていても『忘れられる権利』および『データ主体へのアクセス要求』を満たすことができます。外部からの要求や内部監査に対応する必要がある場合でも、必要なものを見つけ、報告し、削除することができます。

COMPLIANCE IN ACTION
「忘れられる権利」に対応

ユーザーの Exchange メールボックスと OneDrive を検索し、バックアップからユーザーのデータを削除します。

データ主体アクセス リクエスト (DSAR) 処理

指定ユーザーの OneDrive または Mailbox 内のすべての最新情報をエクスポートし、EU GDPR 15 条に対応します。

管理者監査

リストア操作に対する監査に加えて、誰が変更を加えたか、レポートをダウンロードしたかなど、管理アクティビティを追跡します。

説明責任の保持

説明責任を果たすために、データの除去や削除に対する同意を記録し、コンテンツの防御可能な削除の証拠となる証跡を作成します。

委任管理によるデータ セキュリティ

バックアップおよびリストアを閲覧・管理するためのアクセスを制御します。AD プロパティ、手動設定、または Microsoft 365 の権限に基づいてセキュリティをトリミングすることで、ロール ベースのアクセス制御が可能になります。

状態のモニタリング

Microsoft 365 Exchange メールボックス、予定表、Groups、Microsoft Teams、SharePoint などのオブジェクトの状態をモニタリングし、レポートを作成します。

最小単位コンテンツの削除

組織全体の Microsoft 365 バックアップからコンテンツを検索し、削除します。セキュリティを考慮したロール ベースのアクセスにより、不正な削除を防ぎます。

データ主権の確保

Multi-Geo サポートと最小単位でのストレージ制御により、バックアップ データの保存と処理を必要な場所に保つことができます。組織、エンティティ、もしくは部門ごとに既定 Azure ストレージまたは BYOS を選択します。複雑なデータ主権の要件に合わせて、ストレージを組み合わせて使用できます。

Cloud backup coverage
INTELLIGENT INSIGHTS

ダッシュボードでバックアップ状態を把握

バックアップ データの消費量および増加量を可視化することで、データの使用状況を把握し、将来のプラニングに役立てます。過去の傾向から、今後のバックアップ データの増加を予測します。顧客、部門、企業へのチャージバックを簡単に行うことができます。

ダウンロード&資料
【ブログ記事】クラウドバックアップとは?AVEPOINT CLOUD BACKUPでデータロス対策を

Office 365 をはじめとするクラウド ツールを利用している場合でも、データの誤消去・ランサムウェア等によるデータ ロスは避けがたく発生します。データのクラウドバックアップの必要性とAvePoint Cloud Backupの導入事例、おすすめコンテンツなどをまとめたブログ記事をご覧ください。

続きを読む

無料 eBook
どうする? どうやる? Microsoft 365 テナント バックアップ

「よくあるデータ ロス」 などのシナリオで学べる Microsoft 365 データ保護 の基礎、適切なバックアップ戦略の策定方法などがこの 1 冊でまるわかり

AvePoint Cloud Backup の機能を試してみませんか?

無償で 30 日間ご利用いただけます