自社でバックアップを行う場合、

「アプリケーション サーバー」「ネットワーク」「ストレージ管理」 等の管理に費やす時間は…

  • プラットフォームのインストールと構成
  • ソフトウェアのサポートに必要なサーバーの継続的な拡張と展開
  • Office 365 への接続およびネットワーク帯域幅のモニタリング
  • ディスク障害や破損に対する冗長ストレージのロケーションなど、 Office 365 全体のバックアップ ストレージ対策
  • サーバー ソリューションのサービス アカウントと接続認証のメンテナンス
  • 最適なバックアップ範囲とタイミングで、完全バックアップと増分バックアップのどちらかを決定 (Office 365 コンテンツ全体の完全バックアップが毎月実行される)
  • バックアップ スケジュールに合わせたストレージ保管場所の構成と容量の計画
  • サービス アカウントのアクティビティに起因する Office 365 スロットリングの監視
  • サポートとトラブルシューティング
  • プラットフォーム上で管理者が未承認アクションを実行していないことをセキュリティ ログから監視
  • ユーザー トラフィックによる障害発生防止のため、ネットワーク使用量を監視
前年比
${ annual_growth }%

データは年々増加します!

今後 3 年間で予想される御社のデータ消費量は...

1 年目
組織全体で ${ growth_year_1 } TB
2 年目
組織全体で ${ growth_year_2 } TB
3 年目
組織全体で ${ growth_year_3 } TB

組織の成長に応じて拡張可能なソリューション

SaaS VS 自社バックアップ、どちらが正解?

AvePoint は、オンプレミス バックアップ ソリューション (1 ユーザーあたり月額 $.60 ) も提供していますが、ユーザー企業がサーバーやストレージを管理する必要がない SaaS バックアップ モデルをお勧めしています。

「これから」 のことを考えると、最もコスト パフォーマンスの高いソリューションは…

SaaS ソリューション
関連無料 eBook
『どうする? どうやる? Microsoft 365 テナント バックアップ』

「よくあるデータ ロス」 などのシナリオで学べる Microsoft 365 バックアップの基礎、適切なバックアップ戦略の策定方法などがこの 1 冊でまるわかり

AvePoint の Microsoft 365 バックアップ ソリューションは、
複数のプランから選択可能です

最低保持期間

1 年間のデータ保持ライセンス

${ year_1_data }% のコスト削減

自社バックアップと 3 年間で比較した場合

まかせて安心

2 年間のデータ保持ライセンス

${ year_2_data }% のコスト削減

自社バックアップと 3 年間で比較した場合

長期的コスト削減

3 年間のデータ保持ライセンス*

${ year_3_data }% のコスト削減

自社バックアップと 3 年間で比較した場合

4 年目以降は ${ year_4_data }% の費用削減が可能です

*プランの長期化に比例してコスト削減率が高くなります

Cloud Gov SS Enablement

見やすくわかりやすいダッシュボードで現況を通知・管理

データの消費と増加が一目で把握できるので、バックアップが完了したデータ容量だけではなく、現在の傾向から、今後のデータ増加率についても予測することができます。

AvePoint Cloud Backup を今すぐ無料でお試し!

30 日間完全ノーコスト