Microsoft 365 データ管理ソリューション最大手 AvePoint、20 億ドルの合併を発表

大手投資家を中心とした 1.4 億ドルの民間投資 (“PIPE”) を含む取引にて、AvePoint 共同創業者で現 CEO の Tianyi Jang (TJ) が統合会社を指揮

AvePoint メディア コンタクト

Michael Segner
Tel: +1 (703) 214-0522
Email: Michael.segner@avepoint.com
※日本語でのご連絡は本プレスリリース末尾をご覧ください

Microsoft クラウド向けデータ管理ソリューションの最大手 AvePoint, Inc. (以下 「AvePoint」 または 「当社」。本社: 米国ニュージャージー州ジャージーシティ) の日本法人 AvePoint Japan 株式会社 (本社: 東京都港区高輪、代表取締役: 塩光献) は、2020 年 11 月 23 日、AvePoint が特別目的会社であるApex Technology Acquisition Corporation (エイペックス・テクノロジー・アクイジション・コーポレーション “Apex”) (NASDAQ: APXT) と、最終的な企業統合契約を締結したことを発表しました。

この取引が完了した時点で、統合会社の名称は AvePoint となり、ナスダック株式市場に新たなチッカーシンボル 「AVPT」 を持つ上場企業として存続する予定です。統合会社の指揮は、AvePoint の共同創業者・CEO である テンイー・ジャン氏 (Dr. Tianyi Jiang “TJ”) が担うことになります。また、AvePoint の共同創業者である シュンカイ・ゴン氏 (Xunkai Gong “Kai Gong”) はエグゼクティブ・チェアマンを務めます。

会社概要
AvePoint は、Microsoft の戦略的クラウド パートナーとして、顧客企業のデジタル トランスフォーメーションを Microsoft クラウド上で実現するソリューションをグローバルに提供しており、顧客の規模は大企業から中小企業まで、多岐にわたります。

AvePoint は、ニュージャージー州サマセットの図書館で、2 人の開発者によって設立されました。2020 年 9 月 30 日現在で 700 万人以上のクラウド ユーザーを擁する AvePoint は、Microsoft 365 エコシステムで最大ユーザー規模の Software-as-a-Service (SaaS) 提供企業となるまでに成長しました。IDC によると、2022 年までに 330 億ドルのTAM (実現可能な最大市場規模) が見込まれています。

AvePoint は、大企業・中小企業まで、幅広い顧客層に向けて直接ソリューションを販売しているほか、マネージド サービス プロバイダー (MSP) 向けにも、全世界 100 件以上のクラウド マーケットプレイス経由でソリューションを提供しています。

AvePoint の 2020 年度 (12月決算) の総収益は約 1 億 4,800 万ドルになると予想されていますが、これは 2019 年度から比較して約 26% の増収となります。

AvePoint は約 20 年の歴史の中で、SharePoint 移行・Microsoft Teams自動管理、Microsoft TeamsやSlack チャット履歴の特定のチャネルを対象とした移行など、多くのデジタル コラボレーション技術を市場に先駆けて提供してきました。

AvePoint は、COVID19 の影響を受け、Microsoft 365 環境でリスクとなり得るファイル共有設定を検知・防止するセキュリティ インサイト、そしてポリシー保守強制機能を備えた SaaS ソリューションを送り出しています。従業員の半数以上は技術者で構成されており、マネジメント チームの多くのメンバーも技術畑出身です。

「AvePoint は、企業のデジタル コラボレーション システムの生産性・安全性・コンプライアンスを向上させるために重要となる、データ管理ソリューションを提供しています。AvePoint は COVID19 以前から成長を続けてきましたが、COVID19 の影響、そして Microsoft 365 やMicrosoft Teams を含む Microsoft のクラウド ソリューションの成長にともなって当社製品の需要も加速し、これまで 8 四半期にわたって急激な成長を達成してきました。フリー・キャッシュ・フローもプラスとなっており、SaaS 業界の重要な成長指標である 『40 の法則』 に沿ったものとなっています」 と、TJ は語ります。

「今回の株式公開により、市場の需要への対応、そして製品イノベーションやチャネル マーケティング、国際市場、カスタマー サクセス イニシアティブなどの面において、よりスピーディーにスケールアップすることが可能になりました。」

Apex は、元オラクル CFO である Jeff Epstein 氏と、元ゴールドマン・サックスのテクノロジー投資銀行部門長である Brad Koenig 氏が率いる会社です。Microsoft、Oracle、Twilio などの企業を含む 100 社以上のテクノロジー企業に対する IPO や合併を経験しています。

Epstein 氏は取締役として、Koenig 氏はオブザーバーとして、それぞれAvePoint の取締役会に参加することになります。

「AvePoint との提携により、さらに多くのお客様に Microsoft クラウドへの投資に対する保護・管理を支援することができることを、大変嬉しく思います。Microsoft クラウドは世界中の企業に浸透しており、AvePoint はその恩恵を受けられる立場にあります」 と、Epstein 氏は語ります。「200 社以上あるパブリック クラウド企業の中で、2020 年の推定売上高が 1 億 5,000 万ドル台、2020 年の推定前年比成長率が 25% 以上、そして 2020 年の推定 EBIT マージンが 10% 以上の企業は 5 社しか存在せず、AvePointはその内の1社となります。」

2020 年の IDC レポートによると、Microsoft は生産性とコラボレーションの市場において、28% までシェアを拡大しています。AvePoint は、Microsoft パートナー オブ ザ イヤーを グローバルで5 回受賞しており、Microsoft を除けば最大級の Microsoft 365 開発チームを擁しています。

「AvePoint は 20 年近くにわたって、Microsoft と緊密なパートナーシップを結び、企業が Microsoft への投資を最大限に活用するための支援を行ってきました」 と、Microsoft のOne Commercial Partner 担当 コーポレート バイスプレジデント であるGavriella Schuster 氏は語ります。「AvePoint の合併による上場企業への移行は、Microsoft のチャネルの力と、Microsoft パートナー各社が、長いスパンで躍進を続ける機会があるということを示しています。」

取引概要

本取引は、Apexの取締役会および、AvePoint の取締役会によって承認されました。また、Apex および AvePoint の株主の承認や必要な規制当局の承認を含む、慣習的な取引条件が満たされることを条件としています。

2020 年 9 月 30 日時点で、Apex の信託口座に保有されている約 3 億 5,200 万ドルに加え、Apex 株主への償還はないとの想定で、合併後の会社は、民間投資 (PIPE) を通じてこの取引に参加する機関投資家グループからの 1 億 4,000 万ドルの資金の恩恵を受けることになります。

本取引は、PIPE の効果とApex 株主への償還を最小限と仮定した見積もりベースで、統合会社の株式価値を約 20 億ドルと評価し、2021 年の第 1 四半期に完了する予定です。本取引が完了すると、既存の AvePoint の株主は統合会社の約 72% を所有することになり、Apex 株主への償還がない想定で、貸借対照表上の現金額は約 2 億 5,200 万ドルになると予想されます。

2019 年に AvePoint への 2 億ドルの資金調達を主導したグローバル投資会社 Sixth Street は、引き続き統合会社の株主となります。

合併契約書の写しを含む、提案されている取引に関する追加情報は、Form 8-K の臨時報告書およびApex の Form S-4 の登録報告書に記載されます。Form S-4 には、Apexの目論見書および代理委任状に相当する文書が含まれます。いずれの文書も、Apex により米国証券取引委員会(“SEC”) に提出され、www.sec.gov よりご覧いただけます。

詳細については、本プレスリリースの英語版 をご参照ください。

日本語でのお問い合わせはこちらから

【会社概要】

AvePoint は、Microsoft クラウド エキスパートとして、これまで全世界 16,000 社・700 万以上のクラウド ユーザーに対し、Microsoft 365 関連の全方向的ソリューションを提供しています。

AvePoint は Microsoft 認定グローバル ISV パートナーであり、ゴールド アプリケーション開発パートナー・ゴールド認定クラウド プラットフォーム パートナー・ゴールド認定 コラボレーション・コンテンツ パートナー・⽶国政府戦略パートナーシップ GSA プロバイダーです。2001 年にニュージャージー州ジャージーシティに本社を設立し、日本では 2008 年から事業を展開しています。

All product and company names herein may be trademarks of their registered owners.