AvePoint、オンプレミス・クラウド・ハイブリッド SharePoint 環境に対応した インフラ管理プラットフォーム 「DocAve 6 SP5」 の国内提供を開始 ~ 円滑なコラボレーションとセキュリティを両立する情報基盤を実現 ~

次世代ソーシャル コラボレーション プラットフォームを対象に、エンタープライズ クラスのビッグデータ管理、ガバナンス、コンプライアンス実現のためのソフトウェア ソリューションを提供する AvePoint (本社: 米国ニュージャージー州ジャージーシティ) の日本法人 AvePoint Japan 株式会社 (本社: 東京都港区高輪、代表取締役: 塩光献) は、2015 年 3 月 16 日より、Microsoft SharePoint 運用管理プラットフォーム の最新版 「DocAve 6 サービス パック (SP) 5」 の国内提供を開始しました。今回発表されたバージョンでは、利用状況レポーティング、コンプライアンス・ガバナンス機能、SharePoint 2013 オンプレミスと SharePoint Online 環境間での迅速な展開、仮想マシン のバックアップ機能などが追加されました。

現在、業務効率化や国際競争力を高めるため、多くの組織が社内外のコミュニケーションや情報共有を円滑化し、かつ機密情報や知的財産などの情報資産を確実に保護するために、情報共有基盤を見直す動きが加速しています。具体的には、Microsoft SharePoint や Office 365 といった情報共有基盤を導入してコラボレーション環境を統一し、文書管理を行うトレンドが進んでいます。その際、セキュリティーポリシーなど組織特有の理由から、オンプレミスとパブリック クラウドを併用するハイブリッド構築やハイブリッド クラウドを選ぶ組織は少なくありません。しかし、これは複数の異なるプラットフォームに情報が分散されることにもつながり、管理が複雑になり、安心安全かつ円滑なコラボレーションを推進する上での課題になっています。

DocAve ソフトウェア プラットフォームは、Office 365や Microsoft Azure など、オンプミレス・プライベート クラウド・ハイブリッド クラウド上に構築された複数の SharePoint ファームの中央管理を可能にすることで、こうした組織のコラボレーション課題に応えます。情報流出のリスクを低減し、業界規制や組織特有の情報管理ポリシーなどを確実に遵守しながら、スピーディかつ効率的な情報共有の推進に取り組む組織をサポートします。

DocAve ソフトウェアは、官公庁・製造業・金融・製薬をはじめ、国内のあらゆる業界 の SharePoint 利用企業 300 社以上で導入されています。導入事例の一部 は当社ウェブサイトにてご覧いただけます。

DocAve 6 SP5 は、本日 3 月 16 日よりお求めいただけます。すべての機能を試すことができる 30 日間無償の評価版 を当社ウェブサイトにて提供中です。さらに、SharePoint 利用状況の可視化、情報流出対策、ハイブリッハイブリッド環境での迅速な展開など、DocAve 6 SP5 の新機能にスポットを当てた特別連載記事を、当社ブログにて順次公開します。第一弾 「SharePoint の展開管理」 は本日 3 月 16 日より公開しています。

【DocAve 6 SP5 を利用するメリット】

  • エンドユーザーによる SharePoint 利用状況を可視化。サイト管理者やコンテンツオーナーが利用状況を理解し、SharePoint の運用改善に向けた正しい判断に役立てることが可能に:
    DocAve レポート ポイント により、サイトへのアクセス量・検索利用状況・アクティブなユーザー・チェックアウトされたドキュメント・最も人気のあるドキュメントなどの情報を SharePoint 上に Web パーツとして表示させることができます。
  • ユーザーによる不審な行動を検知し、情報流出のリスクを軽減:
    DocAve レポート ポイント使用パターン警告 は、不審なユーザー アクティビティを素早く検知し、SharePoint 管理者、そしてセキュリティ担当者やコンプライアンス担当者に通知して、対処を促します。
  • オンプレミスでも SharePoint Online でも、シームレスなレコード管理が可能に。情報管理ポリシーを徹底:
    DocAve アーカイバ に、オンプレミスでも SharePoint Online でも使用できる新たなレコード管理ソリューションが追加されました。このソリューションには、法令順守上、一定期間保持しなければならない文書を 組織が SharePoint のレコード センター サイトに移動する際に、コンテンツ タイプおよびメタデータ プロパティを保持できる機能や、コンテンツ アーカイブ作業の実行時に、競合解決を実行するよう管理者が設定できる機能などが含まれています。さらには、アーカイブ作業の実行前にレポートを生成し、エンド ユーザーがアーカイブ対象のコンテンツを確認・承認することができる アーカイバー承認センター という機能が追加されました。このステップを導入することにより、コンテンツを最もよく理解しているメンバーに、アーカイブ可否の決定を委ねることができます。
  • SharePoint Online 環境へのカスタマイズやデザインの展開を迅速化。複数の SharePoint ファームにおけるユーザーエクスペリエンスの統一性を保持:
    DocAve 展開マネージャー の対応範囲が拡張され、ハイブリッド インフラストラクチャに加えて Office 365 が展開対象となりました。SharePoint 2013 オンプレミスと SharePoint Online 環境の間で、アプリやサイトテンプレートなどのカスタマイズ要素やデザイン要素を迅速に展開することが可能となりました。
  • SharePoint 仮想マシンのバックアップが可能に。データ保護ポリシーや厳格な SLA 基準に準拠:
    DocAve バックアップ & リカバリー のプラットフォーム バックアップ ソリューションに、Web フロント エンド サーバーや全体管理、アプリケーション サーバーなどの仮想化されたエレメントを保護する仮想マシンバックアップ機能が追加されました。

DocAve 6 SP5 の製品に関する更なる情報につきましては、当社 ウェブサイト をご覧ください。

会社概要

AvePoint は、Microsoft クラウドのエキスパートです。これまで全世界 16,000 社以上、700 万名以上のクラウド ユーザーに対し、Microsoft 365 / SharePoint データの移行・運用管理・保護を提供しています。AvePoint は、クラウド・オンプレミス・ハイブリッド クラウドすべてをカバーするソリューションを展開し、Microsoft のパートナー・オブ・ザ・イヤーを複数回受賞しています。世界 6 大陸で事業を展開しており、あらゆる業界の顧客企業・組織向けに、Microsoft クラウドへの移行・IT 管理者の生産性向上・ガバナンスやコンプライアンス強化ソリューションを提供しています。

AvePoint は、 成長著しい米国企業ランキング “Inc. 500/5000” に 6 回ランクインを果たしているほか、テクノロジー分野において北米で急速に成長中の 500 企業をランキング形式で紹介する “Deloitte Technology Fast 500™” にも 5 回選出されています。AvePoint は Microsoft 認定グローバル ISV パートナーであり、ゴールド アプリケーション開発パートナー・ゴールド認定クラウド プラットフォーム パートナー・ゴールド認定 コラボレーション・コンテンツ パートナー・⽶国政府戦略パートナーシップ GSA プロバイダーです。2001 年にニュージャージー州ジャージーシティに本社を設立し、Goldman Sachs 社から出資を受けています。

All product and company names herein may be trademarks of their registered owners.