今日から使える Microsoft Teams 情報が満載の 1 冊! 無料でダウンロード
2017 年の一般発売以来、フォーチュン 100 企業の 90% 以上が導入、アクティブ デイリー ユーザー数が 2000 万人を突破するなど、爆発的にシェアを伸ばしている Microsoft Teams。

「新時代のコラボレーション スペース」、ひいては 「Office 365 のインテリジェントなチームワーク拠点」 として、Office 365 コラボレーション プラットフォームの中核を担うツールとして大きな進化を遂げた Microsoft Teams。

しかし、認知度を大きく上げ、導入に取り組みはじめる企業・組織が日本でも増え始めているとはいえ、いざ導入・利活用を考える段となると、以下のようなお悩みが相変わらず、多く浮上してくるようです。

- Microsoft Teams 導入に際して何を考えておくべきか
- メンバーシップ管理を担う Office 365 グループはどう管理すべきか
- 利活用率が思うように向上しない
- Yammer やメールなど、他のツールとの使い分けはどうすべきか
- データ保護についてはどう対策すべきか

そこで AvePoint では、第 1 回となる Ignite the Tour Tokyo の開催にあわせ、2017 年の配信開始以来大好評をいただいている 『はじめてみよう! Office 365 Groups & Microsoft Teams』 の内容を、Skype for Business Online サポートの終了、プライベート チャネルの追加など最新の動向を踏まえて大幅に加筆修正し、配信開始することといたしました。

導入検討に際して知っておきたい基本的な知識、気を付けたいポイントなどの情報に、ご要望の多かった 「利活用促進の具体的な進め方」「データ保護対策」 等の内容を追加しております。

さらに、今日からお役に立てる内容を目指し、「チェックリスト付き・チーム所有者に贈る! 使えるチームの作りかた」「Teams チャットとチャネルでの会話の使い分け」 等、実用的な内容をさらに追加しました。

「Teams の全体像が分からない!」
「使ってみたいがガバナンスやセキュリティが心配だ!」
「利活用率を上げるにはどうしたらいいのか分からない!」

とお悩みの IT 担当者様、

「Teams で働き方改革を目指したい」
「デジタル トランスフォーメーションの起爆剤として検討したい」

とお考えの導入担当者様の 「 Microsoft Teams ガイドブック」 としてお役立ていただけましたら幸いです。

  • お悩み 1 そもそも Office 365 Groups って何?
  • お悩み 2 じゃあ Microsoft Teams って何?
  • お悩み 3 何をいつ使えばいいの?
  • お悩み 4 そもそも、使ってもらえるのだろうか?
  • お悩み 5 運用管理はどうすればいいだろうか?
  • お悩み 6 データロス対策はどうすればいいだろうか?

本書より

" Microsoft Teams はチャット ベースでコミュニケーションが進行し、絵文字や写真なども簡単に投稿できるため、メールに比べて ペースが早く、やや砕けた雰囲気となります。また、2019 年に個人チャットに実装された重要・緊急メッセージ設定により、重要度の差別化もより行いやすくなりました。また、チーム上での会話はチーム内メンバーが後から参照することができるため、チーム内での知識共有・情報交換をチーム全体のナレッジに転換していくことができるのが強みです。 " お悩み 2: 何をいつ使えばいいの?