Park Nicollet、DocAve を使用して SharePoint データの保護とコンプライアンスの遵守を達成

クリティカル ニーズ

  • SharePoint 使用状況やコンテ ンツについてのレポートを自動化
  • 重要な SharePoint コンテンツ の最小単位バックアップをビジネス 要件に合わせてスケジュール化
  • 破損した SharePoint コンポー ネントの迅速な完全リストア

事例を PDF でダウンロード

  • Park Nicollet
  • 顧客ロケーション 米国 ミネソタ州
  • 業界 ヘルスケア
  • プラットフォーム SharePoint 2010
  • AvePoint ソリューション

    バックアップ & リカバリー

    DocAve 移行 (レガシー環境移行)

ハイライト

  • カスタマイズ化、自動化が可能なレポート機能を活用して SharePoint コンテンツの利用状況を分析することで、厳しいコンプライアンス目標を実現
  • SharePoint の重要なメタデータやセキュリティ、バージョン履歴などを保持した完全忠 実な形での最小単位バックアップをスケジュール化
  • 数時間かかっていた SharePoint コンポーネントのリストア作業を数分で実現
  • 完全なライフサイクル管理を実現し、将来的な問題にも対応できる SharePoint プラッ トフォームの整備
“DocAve のメリットは 1 つのプラットフォームに統一されているという 点です。このツールを使用して私たちの環境は拡大を続けることができるでしょう”
Scott Glaser SharePoint アーキテクト Park Nicollet

挑戦

ミネソタ州内ミネアポリス・セントルイス都市圏をカバーするヘルスケア サービスを提供する Park Nicollet では、州全体の複数拠点に展開しているナレッジ・ワーカー同士がドキュメ ントを共有し、重要な情報をただちに得ることのできるようなプラットフォームの設立を検討し ていました。彼らは最終的に Microsoft SharePoint を採用し、プラットフォーム上で多く のチーム サイトやプロジェクト サイトを作成して、強力なコラボレーション ソリューションを構築 していきました。このプラットフォームでは Microsoft Office SharePoint Server 2007 を採用しており、Web フロントエンド2台、アプリケーション サーバー1台、SQL クラスター 1台という構成のサーバー ファーム上で機能しています。Park Nicollet ではまた、検索用 として Microsoft SharePoint 2010 も使用しており、この環境は Web フロントエンド 2台、アプリケーション サーバー2台、SQL クラスター1台という構成となっています。

特に最近、Park Nicollet では最大かつ最重要なプロジェクト を立ち上げました。それは電子カルテ システムの構築です。何百 というスタッフが携わることとなったこのプロジェクトでは、スタッフ間 のコラボレーション ツールとして使用していた SharePoint をさら に強化し、ドキュメントやワークフロー、コンテンツ検索などの管理 プラットフォームとして活用していく方針を決定します。

Park Nicollet の IT 担当者は、電子カルテという特に重要な 情報を扱うプロジェクトを進めていく過程で、SharePoint 環境 内では特に保護が重要な要素であるということに気づき始めま す。

バックアップ・リストア要件に加え、Park Nicollet 管理者は監 査システムにおいても改善を検討していました。監査にあたって は、米国における医療保険の相互運用性と説明責任に関する 法律(HIPAA)や PCI DSS などの厳しいセキュリティ基準に 準拠できるような形で実行する必要があります。このような状況 もあり、担当者は SharePoint 環境内で 「だれが」 「いつ」 「ど のデータに」 アクセスしたかという情報を含んだレポート機能の必 要性を感じ始めます。ところが SharePoint 既定機能では、こ のような情報を収集してレポート化するという作業が非常に難し いのです。Park Nicollet ではコンプライアンスを専門に扱う部 署がありますが、SharePoint の既定機能がこのように扱いづら いものであるため、結局 SharePoint 管理者がレポートの作成 を行うという状況が発生していました。

今以上のバックアップ、リストア、コンプライアンスの機能を求め始 めた Park Nicollet の SharePoint 管理者は、同時に SharePoint の既定機能のみではこれらを完全に実現すること ができないということも理解していました。組織が求められるビジネ スでの課題に効率的に対応するべく、彼らはサードパーティによる ソリューションを模索し始めます。

AvePoint のソリューション

Park Nicollet は Microsoft SharePoint のバックアップ・リスト ア ソリューションとして、IBM 社の Tivoli Storage Manager (TSM) を導入します。そしてその後の OEM 協議の場で、Park Nicollet 管理者は、TSM for SharePoint には AvePoint に よる DocAve バックアップ&リカバリー for SharePoint の機能 が使用されているということを知ったのです。DocAve によるエンタ ープライズ レベルでのバックアップ・リストア機能を大きく評価した Park Nicollet では、その後さらなる AvePoint ツールの導入を 検討し始め、コンプライアンス面で強力な能力を発揮する DocAve 監査マネージャー for SharePoint の採用を決定しま す。

DocAve 監査マネージャーは、利用状況や検索、セキュリティの 変更といった SharePoint 上のアクションすべてを記録することの できるツールです。Park Nicollet では DocAve を導入した結 果、閲覧時刻や変更時刻といったデータの様々な属性に基づい たレポートを出力し、組織内セキュリティの監査や利用状況の調 査、重要な情報の監視などを実現することが可能になりました。ま た、DocAve 監査マネージャーのインストールが終わった直後から Park Nicollet のコンプライアンスチームは、これまで協力が必要 だった SharePoint 管理者の手を借りることなくレポートを生成で きるようになったのです。「DocAve によって私たちのコンプライアン スチームは SharePoint レポートの作成が可能になり、彼らの自 信にもつながったようです。またこれのおかげで私も、開発関連など 他のプロジェクトに集中することができるようになりました」 Park Nicollet の SharePoint アーキテクトである Scott Glaser 氏 は話します。

また、AvePoint ソリューションは全てのモジュールを統合したプラッ トフォームを採用していることもあり、Park Nicollet は DocAve バックアップ&リカバリー for SharePoint の活用も検討し始めま す。DocAve の提供する完全忠実なバックアップ・リストア機能で は、各コンテンツ アイテムからファーム レベルでの SharePoint 環 境全体まで、メタデータやセキュリティ、バージョン履歴といった情報 をすべて保持したまま実行することが可能です。さらにスケジュール 機能と最小単位バックアップという性能により、電子カルテ作成プロ ジェクトにおいても重要なコンテンツを定期的にバックアップすること ができ、起こりうるシステム障害に対する全体的な対策を施すこと が可能になったのです。

SharePoint コンテンツをアイテム レベルなど最小の単位でリス トアすることが可能な DocAve は、アイテムの紛失や破損、さら にはエンドユーザーにより誤って削除されてしまった場合でも回復 させることができるため、非常に大きな恩恵を受けていると Glaser 氏は語ります。「DocAve を導入する前は別の場所に リストアを実行するという形を取っていたため、作業に何時間もか かることもありました。今ではこの作業は数分で終わらせることが できるようになっています」

DocAve 監査マネージャーを手に入れたコンプライアンスチームと 同様、Park Nicollet のデータ リカバリーチームもまた DocAve バックアップ&リカバリー導入の直後から自分たちで作業を進める ことが可能になったため、管理者は更に重要なタスクに集中する ことができるようになりました。

最終結果

DocAve 導入により Park Nicollet では、重要な SharePoint データの完全な保護を実現しただけでなく、ヘルス ケア業界の厳格なコンプライアンス基準に遵守するべく監視を強 化することも可能になりました。また SharePoint 管理者は DocAve の性能と使いやすさのおかげで、重要な作業を組織 内の適切なチームに分担することができるようになり、その分自ら の貴重な時間を開発や社内イントラネットの今後の展開プラン の構築など、別の重要な課題に取り組めるようになったのです。

Glaser 氏はまた、AvePoint のリアルタイムなグローバル サポ ートもプランの初期段階から大きく貢献してくれたと語ります。 「AvePoint のサポート チームはずっと最高レベルのサポートを 提供してくれました。私たちが必要とした際は必ず助けてくれたの です。障害に取り組む彼らの姿勢を見て、私たちも大きな経験と 知識を得ることができたと思います」

Park Nicollet の SharePoint 環境は今も拡大を続けてお り、新しく出現する要件に対するソリューションとしてその他の DocAve ツールの導入も検討が進んでいるということです。 「DocAve のメリットは、1 つのプラットフォームに統一されている という点です。このツールを使用して私たちの環境は拡大を続 け、それぞれのエリアで発生するであろう障害に対応することがで きるようになることでしょう」

顧客紹介 Park Nicollet

Park Nicollet Health Service (以下 Park Nicollet) は米国ミネソタ州セントルイス パークを拠点として集中ケアシステムを展開する企業です。組織はメソジスト病院、Park Nicollet クリニック、Park Nicollet 財団、Park Nicollet 協会などで構成されています。 Park Nicollet が目指すものは、健康へのサポートや治療、およびそれらを習得するための トレーニングを提供する場となることです。現在組織は診療医および運営スタッフとして 8,100 人の従業員を擁しています。

Park Nicollet