Imason、Husky Injection Molding Systems の SharePoint 2010 への移行作業において DocAve® を活用、作業を 4 か月以内に達成

クリティカル ニーズ

  • 様々な旧バージョン SharePoint から SharePoint 2010 への移行を促進
  • 最小単位で移行することで SharePoint コンテンツを整理
  • 自動移行ジョブをスケジュール化 し、営業時間外に実施することで ビジネスへの影響を最小化

事例を PDF でダウンロード

  • Husky Injection Molding Systems
  • 顧客ロケーション カナダ オンタリオ州
  • 業界 製造
  • プラットフォーム SharePoint 2010
  • AvePoint ソリューションAvePoint の移行ツール

ハイライト

  • 4 種類の旧 SharePoint から SharePoint 2010 へ、800 GB のデータを4ヶ月 以内に移行
  • 移行に際して 350 サイト コレクション内の 2,400 サイトを統合、60 サイト コレクショ ンまで削減することに成功
  • 200 GB を超えるような大きなサイトを業務時間外に移行するようスケジュール化、業 務への悪影響を最小限に抑える
“imason のサービスと AvePoint のソリューションのおかげで、私たちは移行という目的を達成することができたのです”
Mike Kozai IT マネージャー Husky Injection Molding Systems Ltd.

挑戦

世界中のオフィスで働く 3,500 人の従業員同士のコラボレーションのため、ハスキーでは社内イントラネットとして Microsoft SharePoint を導入しました。プラットフォームはすぐに全社員に浸透し、外出している従業員もラップトップでアクセスするほどになったといいます。ハス キーでは SharePoint を、最新の重要ドキュメントを保管しておくストレージとしての活用に加え、社内コラボレーションの場としても積極的に運用してきました。すべての部署でチーム サイトが作成され、社員たちは SharePoint が得意とするコラボレーション機能を活用して日々の活動を記録し、進行中の重要プロジェクトを管理するようになりました。

組織内で SharePoint 活用が進むにつれ、ハスキーでは各国のオフィスにそれぞれ別々の SharePoint ファームを構築しまし た。このため社内イントラネットはオンタリオ州ボルトンにある本社を経由しますが、各地域のチームサイトは各オフィス内のファームを経由する、という形となっていました。さらに複雑なことに、各ファームではそれぞれ異なったバージョンの SharePoint が使用され ていたのです。ボルトンの本社では Microsoft Office SharePoint Portal Server (SPS) 2003、Windows SharePoint Server (WSS) 2003、SPS 2001 というファ ーム構成になっていましたが、米国バーモント州ミルトンのファーム 構成は WSS 2003、ルクセンブルクは WSS 2003、中国上 海では WSS 2003 と Microsoft Office SharePoint Server (MOSS) 2007 を併用しているという状況でした。

Microsoft SharePoint 2010 がリリースされた当時、ハスキ ーの IT 管理者は社内 SharePoint 環境をアップグレードし、 複数プラットフォーム混用の結果パフォーマンスが悪化した社内環境を改善する大きなチャンスになると感じたといいます。「アップグレードを検討していた私たちにとって、SharePoint 2010 のリリースは、社内環境を統一して最新のかたちに作り替えるいい機会だと考えました」 ハスキーの IT マネージャーである Mike Kozai 氏は話します。「私たちの最終的な目標は、ボルトンの環境に FAST Search Server 2010 for SharePoint を 導入して全社員のアクセスをここへ集約することで、よりアクセス のしやすい、検索しやすい社内 SharePoint コンテンツの状態 を整えることにありました」

そこでハスキーは、移行プロジェクトに際してコンサルタント会社 imason の力を借りることを決定します。imason は最適なツールとソリューションを使用して革新的かつ強力なアプリケーション を構築することで知られた、カナダにおける業界最大のコンサルタ ント会社です。「私たちは imason と 2002 年から一緒に作業しています。私たちの SharePoint プロジェクトにおける名参謀のようなものですね」 Kozai 氏は語ります。

ハスキーの複雑に構成された環境を知っている imason は、既 定の機能だけでは移行作業は不可能だと考えました。特に MOSS 2007 以前のバージョンから SharePoint 2010 への 直接移行が非常に難しいことを理解していました。「複数の種類 の旧バージョンから同時にハスキーの環境を移行し、業務への影響を最小限に抑えながらプロジェクトを効率的に進められるように、私たちはサードパーティのソリューションを導入することを考え始めたのです」 imason シニア コンサルタントの Cosmin Ovesia 氏は語ります。

AvePoint のソリューション

Ovesia 氏はプロジェクトに必要となるソリューションをいくつか検討しましたが、最終的に選んだのは AvePoint の DocAve 移行ツ ールでした。DocAve 移行ソリューションは、アイテムやサブサイト、 サイト レベルでのコンテンツ移行を完全忠実に実行します。 DocAve の特徴でもある関連メタデータを保持したままの形での データ移行は効率的かつ信頼性の高い移行作業を実現できるため、既存投資に対する最大のリターンを生み出すことができます。 「私たちが探した中で、DocAve は複数バージョンからの移行を実 現できる唯一のツールでした」 Ovesia 氏は語ります。「他のツー ルと比べても、DocAve は最もハスキーの環境に適していました し、何より非常に使いやすいのが魅力でした」

移行作業を計画するにあたり、ハスキーと imason はまず各サイ ト所有者に対してアンケートを行い、そこから得た情報を元に新し い環境を設計していきました。また、このアンケートによって現在使用していないサイトを特定することもできたといいます。「DocAve の強みの 1 つは、最小単位での作業が可能だということです」 Kozai 氏は語ります。「DocAve を使えば、どのサイトを移行するか、新しい環境のどこに設置するかなどを細かく指定することができます。実際私たちの環境では同じチームサイトが複数の環境に広がっているということもあったので、今回の移行作業をきっかけに重複するサイトをまとめ、整理することもできました」

やがて imason による計画作業が完了し、いよいよ移行作業が始まります。ここでは DocAve の柔軟なジョブ スケジュール機能が効力を発揮し、ハスキーのビジネス スタイルに合わせて本番環境への影響が最も少ない形で移行作業を進めることができたとい います。「小さいコンテンツの移行については、エンドユーザーを旧環境にリダイレクトするか、アップグレード中のサイトでは書き込み禁止とすることで、営業時間内に実施する形を取りました」 Ovesia 氏は話します。「問題は大きなコンテンツでした。200 GB を超えるような大容量のサイト コレクションなどもあったのですが、これも DocAve のおかげで作業を営業時間外にスケジュール化できたので、エンドユーザーの使用にはほとんど影響を与えることがありませ んでした」

また imason は、必要な時はすぐに AvePoint のグローバル テクニカル サポート チームと連携して、移行作業に伴う問題の解決にあたることができました。「AvePoint のテクニカル サポー ト チームは責任感を持って非常に素晴らしい仕事をしてくれまし た」 Ovesia 氏は語ります。「私たちが直面したどのような問題でも、数日以内に解決策を提示してくれたのです。他のソフトウェア会社では数か月かかることもざらにあるので、私にとっては驚きで したね」

作業プロセスを通じ、imason は一日約 50 のサイト、一カ月 で約 200 GB のデータを移行しました。最終的にハスキーの移行プロジェクトがすべて無事に完了したのは4か月弱を経過したころでした。「結果的に imason は DocAve を使用して、 800 GB のデータと 2,400 のサイトを移行することに成功しま した」 Kozai 氏は語ります。「imason との移行作業の事前計画と DocAve の最小単位機能のおかげで、環境内全体で 350 以上あったサイト コレクションを 60 まで減らすことができま した。本当に管理しやすくなりましたね」

最終結果

ハスキーの移行プロジェクトも成功に終わり、すべての地域の社員たちは現在皆 SharePoint 2010 へアクセスすることができるようになりました。前環境で発生していたパフォーマンスの問題は完全に無くなり、従業員は SharePoint 2010 の新しい機 能にも慣れてきているといいます。

近い将来、ハスキーでは各地域のファームを廃止し、WFE 2 台、ジョブ・インデックス サーバー2 台、FAST Search Server 1 台という形で構成されているボルトンのメイン ファームにすべてのアクセスを集約しようと考えています。Kozai 氏は言います。 「imason のサービスと AvePoint のソリューションのおかげで、 私たちは移行という目的を達成することができただけでなく、 SharePoint 環境全体を SharePoint 2010 に集約する形でアップグレードすることもできたのです」

顧客紹介 Husky Injection Molding Systems

Husky Injection Molding Systems (以下ハスキー) は、射出成形の機器およびサ ービスを提供する、プラスチック生産業界を代表する企業です。40 以上の営業所と 100 ヶ国にまたがる顧客を擁し、製造拠点は本国カナダをはじめ米国、ルクセンブルク、オーストリ ア、中国に広がっています。

Husky Injection Molding Systems