火曜日, 10月 27, 2020
ad
ホーム サポート SharePointの利用状況をエンドユーザーに公開する方法

SharePointの利用状況をエンドユーザーに公開する方法

AvePoint Japan サポートチームの金です。
今回は、DocAve6.5からのレポートポイントの新機能、”利用状況アクティビティ Web パーツ” についてご紹介させて頂きます。
弊社のレポートポイントという製品は、SharePointの各サイトの利用状況や監査レポート機能を管理者側で、レポート収集及び、分析する用途で、今まで利用されていましたが、お客様より、各サイトの利用状況や各レポートなどをエンドユーザー側と共有したいとのご要望から、本機能が実装されました。
以前、弊社、ふくもりの記事でも紹介されておりますが、今回は、本機能をすぐに、利用するための設定方法をご説明させて頂きます。

1. ソリューションのインストール&展開
以下のように、 [ソリューション マネージャー] で、 “SP2013UsageActivityWebParts.wsp” をインストールする。
1
以下のように、 [ソリューション マネージャー] で、 “SP2013UsageActivityWebParts.wsp” を展開する。
状態が展開になることを確認する。
2

2. Web パーツを追加&利用するレポートの選択
利用状況アクティビティ Web パーツを表示したいサイトで、ページの [編集] を行う。
3
“レポートポイント ダッシュボード” を挿入する。
4
処理が正常に行われると、表示可能なすべてのレポートが表示される。
5
後は、Web パーツの編集より、表示したいレポートを選択。
6
7

3. コレクターの設定
利用状況アクティビティ Web パーツ コレクターの設定により、レポートに必要なデータを収取するタイミングを調整可能。
間隔は、1日単位で設定可能です。
8

設定方法は以上となります。
SharePointの利用状況を知りたいとのエンドユーザーからの要望を、 “利用状況アクティビティ Web パーツ” で、ぜひ、実現してみてください。

人気の記事

2020 年 9 月・10 月前半 Microsoft Teams & Microsoft 365 注目新機能 + ウェブ セミナー『「見える化」 で強化! Microsoft 365 情報漏洩対策 』を振り返る

今回の記事では、10 月 6 日に放映終了した Microsoft 365 情報漏洩対策 ウェブセミナーの内容を振り返りつつ、「 Microsoft Teams タスク アプリ 」等、2020 年 9 月・10 月前半に追加された M365 新機能をご紹介します。

Microsoft Teams タブ 活用法 : すべてのチームが活用すべきタブ 5 選

Microsoft Teams タブ 活用法をご紹介するブログです。Teams のタブは便利な機能ですが、必要以上に作成しすぎてしまうと却って不便になってしまう可能性もあります。今回の記事では、すべてのチームが活用すべきタブ 5 選と、それぞれの具体的な利用法をご紹介します。

Microsoft Planner データ保護ガイド

【 Microsoft Planner データ保護ガイド 】Microsoft 365 アプリの Microsoft Planner は、小規模なプロジェクト チームのタスク管理に最適なツールです。この記事では、Planner 利用のメリットや内部構成、利用の注意点、データ保護対策 3 種などをご紹介します。

ファイル サーバーからクラウドへの移行 : Microsoft 365 移行ベストプラクティス 3 件

リモートワークの実現に向け、多くの組織が既存のファイル サーバーから、Microsoft 365 をはじめとするクラウド プラットフォームへの移行を検討しています。今回の記事では、ファイル サーバーの移行時に発生しがちな課題を解決するための、3 種類のベスト プラクティスをご紹介します。