土曜日, 10月 31, 2020
ホーム サポート 実行中のDocAve 監査コントローラージョブを停止したい

実行中のDocAve 監査コントローラージョブを停止したい

こんにちは、AvePoint Japan サポートチームの夏です。

以前、弊社大木より 「実行中の DocAve コンテンツマネージャージョブを停止したい」 という記事を掲載致しましたが、今回私は監査コントローラージョブの停止方法について皆さんにご紹介したいと思います。
まず、監査コントローラージョブの基本的なジョブ実行時の動作を以下に簡単にご説明致します。

動作:監査コントローラージョブ:SharePointの監査ログを取得し、DocAve 監査データベースに格納する
1

それでは、監査コントローラージョブの停止方法について、ご説明致します。

注意!!
以下の手順は、DocAve のデータベースサーバーとして SQL サーバーをご利用いただいている場合の手順です。
DocAve 5をご利用で、かつBuilt-in データベースをご利用の場合は以下の手順は利用できませんので、当サポートチームまでご相談ください。
また、基本的に DocAve のデータベースのデータを直接変更することは、サポート対象外となりますので、以下の手順以外の直接的な変更は実施しないようにしてください。

【監査コントローラージョブの停止】
監査コントローラージョブは、ジョブモニターからの停止方法がございません。
そのため、各 DocAve エージェントサーバーにおけるプロセスの停止手順を実施していただく必要があります。

ご利用のDocAve バージョン、およびSharePointバージョンによって動作するプロセスが異なりますので、作業前に以下の表でご利用の環境で稼働するプロセス名をご確認ください。
2

プロセス名が確認できましたら、以下の手順でジョブを停止します。

<ジョブの強制停止手順>
1. DocAve エージェントサーバーのタスクマネージャーで、上記プロセスが存在しているか確認します。
2. プロセスが存在する場合、手動でプロセスを停止します。
(現象調査をご要望の場合は、プロセス停止前に該当プロセスのダンプファイルを取得していただくと、調査に有効です。)
3. DocAve マネージャーサーバーで、監査サービス (DocAve 5) / レポートサービス (DocAve 6) を再起動します。
4.プロセスを停止・サービスの再起動を実施後30 分程度経過しますと、ジョブモニター上の該当ジョブの進捗状況が自動的に “失敗” に変更されます。

DocAve エージェントサーバーのタスクマネージャーで、プロセスが確認できない場合は、ジョブ自体は既に停止しているが、DocAve のジョブモニターの状態に正常に反映されていない可能性がございます。
その場合は、以下の手順を基に手動でジョブの状態の変更してください。

◆DocAve 5
1. ジョブモニターから対象ジョブのジョブIDを確認します。
2. SQL Management Studioを起動しDocAve_ControlDB データベースで “dbo.tb_compliance_backup_job” テーブルを開きます。
3.手順1で確認したジョブIDと一致する “col_ID” のレコードを探し、下記クエリを実行してください。
update tb_compliance_backup_job set col_state = 3 where col_ID = ‘対象ジョブID’
4. 再度DocAveマネージャーにログインし、ジョブモニターにて対象ジョブの状態が ”失敗” に変更されていることをご確認ください。

◆DocAve 6
1. ジョブモニターから対象ジョブのジョブ ID を確認します。
2. SQL Management Studioを起動しDocAve6_ControlDB データベースで、下記クエリを実行してください。
update Job set State=3 where id=’対象ジョブID ‘
3. 再度DocAveマネージャーにログインし、ジョブモニターにて対象ジョブの状態が ”失敗” に変更されていることをご確認ください。

上記のジョブ停止の対処が必要になるケースとしてお問い合わせが多いのは、ジョブの完了までに想定以上に長い時間が掛かってしまっているケースです。

原因調査が必要な場合は、以下の情報をご取得いただき、当サポートまでご連絡いただければ、原因を分析し、今後の対処の検討・提案をさせていただきます。

・問題発生時のジョブモニターのスクリーンショット(ジョブIDが確認できるもの)
・ジョブレポート(取得できる場合)
・問題発生時の DocAve コントロールサービスログ
・問題発生時の DocAve レポートサービスログ
・問題発生時の DocAve エージェントサービスログ
・監査コントローラージョブで稼働する DocAve プロセスのダンプファイル

最後までご覧いただきましてありがとうございます。
いかがでしょうか。何かわからない内容があれば、当サポートまでお問い合わせください。

人気の記事

2020 年 9 月・10 月前半 Microsoft Teams & Microsoft 365 注目新機能 + ウェブ セミナー『「見える化」 で強化! Microsoft 365 情報漏洩対策 』を振り返る

今回の記事では、10 月 6 日に放映終了した Microsoft 365 情報漏洩対策 ウェブセミナーの内容を振り返りつつ、「 Microsoft Teams タスク アプリ 」等、2020 年 9 月・10 月前半に追加された M365 新機能をご紹介します。

Microsoft Teams タブ 活用法 : すべてのチームが活用すべきタブ 5 選

Microsoft Teams タブ 活用法をご紹介するブログです。Teams のタブは便利な機能ですが、必要以上に作成しすぎてしまうと却って不便になってしまう可能性もあります。今回の記事では、すべてのチームが活用すべきタブ 5 選と、それぞれの具体的な利用法をご紹介します。

Microsoft Planner データ保護ガイド

【 Microsoft Planner データ保護ガイド 】Microsoft 365 アプリの Microsoft Planner は、小規模なプロジェクト チームのタスク管理に最適なツールです。この記事では、Planner 利用のメリットや内部構成、利用の注意点、データ保護対策 3 種などをご紹介します。

ファイル サーバーからクラウドへの移行 : Microsoft 365 移行ベストプラクティス 3 件

リモートワークの実現に向け、多くの組織が既存のファイル サーバーから、Microsoft 365 をはじめとするクラウド プラットフォームへの移行を検討しています。今回の記事では、ファイル サーバーの移行時に発生しがちな課題を解決するための、3 種類のベスト プラクティスをご紹介します。