Tuesday, April 20, 2021
ホーム サポート

サポート

DocAveログ採取手順_Version6

通常では、DocAve のジョブに異常やエラーが発生した際に、デバッグレベルのログ情報で原因調査する必要があります。以下の手順を元に、DocAve ログレベルをデバックに設定し、ログ採取を行うことが出来ます。

ジョブレポート取得手順

DocAve 製品で実行したジョブの結果に問題や不明な動作/エラーがあった場合には、ログより処理詳細を調査させていただきますが、該当するジョブの詳細ジョブレポートも必要となります。お問い合わせ時には、DocAve ログと併せて、以下の手順で取得していただいたジョブレポートもサポート窓口までご提供ください。

内容の変更プロファイルに関する豆知識

Microsoft Teams に対するガバナンス維持と IT 部門の負担軽減を実現するために、弊社 Cloud Governance 製品は、Microsoft Teams の展開管理、ライフサイクル管理、権限リクエストなど多くの機能を実装しています。 今日は、Microsoft Teams 関連情報を定期的に更新する機能として活躍している 内容の変更プロファイル に関して、お客様が気になりそうな点を少しご紹介したいと思います。

SharePoint 移行におけるドキュメントライブラリのタイトルおよびURLの変化

こんにちは、AvePoint Japan サポートチームの燕です。 平成が終わり、令和の時代を迎えてきましたね。令和の初ブログを書きましたが、ぜひご参考になっていただければ幸いです。 弊社オンプレミスの DocAve を利用して、SharePoint 各バージョン間に移行を行う際に、移行前後で、共有ドキュメント・ドキュメントライブラリのタイトルや URL が変更されたりする事象がよくあると思われます。それに伴い、移行後でタイトルや URL を保持したいとのご要望がありますでしょうか。 今回の記事では、起こり得る事象を取り上げる形でご紹介していきたいと思います。 まず、SharePoint 自体の仕様では、SharePoint 2007 と SharePoint 2010 で “共有ドキュメント (Shared Documents)” という SharePoint ビルトインのライブラリのタイトルと URL 両方とも...

SharePoint サイトの権限棚卸および一括編集について

こんにちは、AvePoint Japan サポートチームの燕 (エン) と申します。 DocAve 製品を利用し、SharePoint サイトのユーザー/グループのアクセス権限を一括で変更したいというようなご要望がありませんか。 DocAve 管理センターを利用し、権限 (構成) ファイルをエクスポートし、Excel で編集して、編集後ファイルをインポートすることで、ユーザーとグループ権限の一括編集やグループメンバーの一括編集が実現できます。 そういうようなお考えを持っているお客様はぜひ本ブログ記事をご参照いただければと思います。 DocAve オンプレミス及びオンラインどちらも上記機能で実現することが可能であり、使用方法はほぼ同様ですので、今回は DocAve Online を例としてご紹介したいと思います。(DocAve 5 は DocAve 6 及びDocAve Online の画面上の差異が大きいですが、機能的には同様です。) それでは、ユーザーとグループ権限の一括編集を行うための流れ、グループメンバーの一括編集を行うための流れ、それぞれ説明します。 ●ユーザーとグループ権限の一括編集を行うための流れ 1.検索ジョブを実行します。 1-1. AvePoint Cloud...

Notes/Domino 移行での文書リンクはどう処理されるか

こんにちは、AvePoint Japan サポート チームの夏です。 今回も引き続き、Notes/Domino 移行製品の動作についてご紹介したいと思います。 弊社の DocAve Notes/Domino 移行製品は、バージョン 6.5.5 以上の Notes/Domino からデータベース・ドキュメント・ビューを、Microsoft SharePoint 2010/2013/2016 または Microsoft SharePoint Online へ移行することができます。 移行の際、すべての Notes データを一度に移行するのではなく、一部のデータを先に SharePoint に移行する、もしくは、移行するデータを絞り込むという方法で運用しているお客様も多くいらっしゃいます。 Notes 文書には、異なる...

ソーシャルメディア

492ファンいいね
293フォロワーフォロー
61,453購読者購読

MUST READ

Ignite 2021で発表! Microsoft Teams 新機能

※この記事は、米国 AvePoint で 2021 年 3 月 4 日付で公開された記事 “The Most Exciting Microsoft Teams Features Announced at Ignite 2021” を日本語編訳したものです。 在宅勤務が当たり前となった昨今、Microsoft が私たちの働き方を変革する立場にあることは明らかです。Microsoft の Microsoft Teams...

SharePoint イントラネットが今後も残り続ける理由

※この記事は、米国 AvePoint で 2021 年 1 月 25 日付で公開された記事 “Why the SharePoint Intranet is Still Alive and Kicking” を日本語編訳したものです。 世間の「うわさ」とは異なり、 SharePoint イントラネットはまだまだ終わりを迎えたわけではありません。Microsoft が Microsoft 365...

Microsoft Teams セキュリティ機能 3 選

※この記事は、米国 AvePoint で 2021 年 2 月 23 日付で公開された記事 “3 Must-Use Microsoft Teams Security Features” を日本語編訳したものです。 多くの組織が勤務体制を在宅に移行してから約 1 年が経ちます。以前は会議室に集まっていたミーティングも、今やオンラインまたはハイブリッド方式でのミーティングに変化しています。 この変化によって、組織のデータ セキュリティが危険に晒され、機密情報の漏洩につながる可能性もあります。管理者がユーザー アクティビティをすべて監視し、組織情報が外部に共有されないよう、確実なデータ管理を徹底することは各組織の大きな課題となっています。このブログ記事では、Microsoft Teams テナントの安全性維持に役立つ、便利なセキュリティ機能をご紹介します。 Microsoft Teams のセキュリティ まず...