木曜日, 10月 22, 2020
ad
ホーム サポート 利用状況レポートの設定方法(監査コントローラ VS データコレクション)

利用状況レポートの設定方法(監査コントローラ VS データコレクション)

AvePoint Japanのサポートチームの金です。

レポート ポイントに関する記事として、利用状況レポートについてご紹介させて頂きます。
みなさん、利用状況 レポートを表示する際に、監査コントローラとデータコレクションの内、どのジョブを有効にすべきか、迷ったことは、ありませんか?

現在、DocAve6.5で、利用可能な利用状況レポートとしては、12レポートが存在しており、今回の記事では、それぞれのレポートを表示する際には、どのような設定が必要なのかをご案内します。
基本的には、監査コントローラのジョブは、SharePoint側の監査データを取得し、DocAveの監査データベースに、監査データを格納する機能をします。
監査コントローラのプランの作成時、IISログから、Host名とIPアドレスなどを取得するように設定も可能です。
それに比べ、データコレクションのジョブは、各レポートによって、実施されるデータコレクションが異なり、各レポートを表示するために必要な情報を取得し、DocAveのレポートデータベース側に格納します。
それぞれのデータコレクションによっては、取得するデータが異なり、SharePointから監査データ取得、IISログからデータ取得、SharePointのサービスからデータ取得などの処理を行います。

以下の各レポートを表示するために、どの設定を有効にする必要があるかをご案内します。
以下の表ですが、”◎”は必須、”◯”はどちらでもよい、”×”は不要の意味を表します。

利用状況レポート 監査コントローラ
(IISログ有無)
データコレクション 備考
アクティビティの多いユーザー ◯(☓) 本レポートは、監査ログからデータを取得するため、監査コントローラジョブでも、データコレクタジョブでも、OK
チェックアウト済みファイル 本レポートは、SharePoint API を利用し、各ドキュメントのチェックアウト状態を確認するため、データコレクタジョブが必須
ダウンロード数ランキング ◯(◯) W3Cの既定の設定に加え、追加の設定が必要、※1を参照
失敗したログイン試行 ◯(◯) W3Cの既定の設定に加え、追加の設定が必要、※2を参照
最終アクセス時刻 レポート生成時にデータ収集が実行されるため、ジョブは不要
ページトラフィック ◯(◯) 本レポートは、DA6.4から、IISログからデータを取得し、レポート生成(DA6.4以前は、監査ログからレポート生成)するため、IISログのデータが必要
参照元 ◯(☓) 本レポートは、監査ログから、データを取得するため、監査コントローラジョブでも、データコレクタジョブでも、OK
検索利用状況 本レポートは、DA6.5から、SharePoint 2013もサポート(DA6.5以前は、SharePoint2010のみサポート)するようになっており、Search Serviceよりデータを取得するため、データコレクタジョブが必須
SharePoint通知 レポート生成時にデータ収集が実行されるため、ジョブは不要
サイト アクティビティのランキング ◯(☓) 本レポートは、監査ログからデータを取得するため、監査コントローラジョブでも、データコレクタジョブでも、OK。
ただし「期間」で「最大」を設定する必要がある場合、データコレクタジョブが必要
サイト閲覧者とアクティビティ ◯(☓) 本レポートは、監査ログから情報を取得するため、監査コントローラジョブでも、データコレクタジョブでも、OK
ワークフロー状態 レポート生成時にデータ収集が実行されるため、ジョブは不要

※1、以下のオプションが有効になっている必要がある
date、time、cs-uri-stem、cs-uri-query、cs-username、c-ip、cs-host、sc-status、s-ip、sc-method

※2、以下のオプションが有効になっている必要がある
date、time、cs-uri-stem、cs-uri-query、cs-username、c-ip、cs-host、sc-status、s-ip、sc-substatus、sc-win32-status、s-computername

以上です。

人気の記事

2020 年 9 月・10 月前半 Microsoft Teams & Microsoft 365 注目新機能 + ウェブ セミナー『「見える化」 で強化! Microsoft 365 情報漏洩対策 』を振り返る

今回の記事では、10 月 6 日に放映終了した Microsoft 365 情報漏洩対策 ウェブセミナーの内容を振り返りつつ、「 Microsoft Teams タスク アプリ 」等、2020 年 9 月・10 月前半に追加された M365 新機能をご紹介します。

Microsoft Teams タブ 活用法 : すべてのチームが活用すべきタブ 5 選

Microsoft Teams タブ 活用法をご紹介するブログです。Teams のタブは便利な機能ですが、必要以上に作成しすぎてしまうと却って不便になってしまう可能性もあります。今回の記事では、すべてのチームが活用すべきタブ 5 選と、それぞれの具体的な利用法をご紹介します。

Microsoft Planner データ保護ガイド

【 Microsoft Planner データ保護ガイド 】Microsoft 365 アプリの Microsoft Planner は、小規模なプロジェクト チームのタスク管理に最適なツールです。この記事では、Planner 利用のメリットや内部構成、利用の注意点、データ保護対策 3 種などをご紹介します。

ファイル サーバーからクラウドへの移行 : Microsoft 365 移行ベストプラクティス 3 件

リモートワークの実現に向け、多くの組織が既存のファイル サーバーから、Microsoft 365 をはじめとするクラウド プラットフォームへの移行を検討しています。今回の記事では、ファイル サーバーの移行時に発生しがちな課題を解決するための、3 種類のベスト プラクティスをご紹介します。