土曜日, 10月 24, 2020
ad
ホーム サポート Manager Hotfix 適用とロールバック手順_Version6

Manager Hotfix 適用とロールバック手順_Version6

以下の手順を元に、DocAve 6 マネージャー Hotfix を適用/ロールバックすることが出来ます。
・DocAve 6 マネージャー Hotfix の適用手順
・DocAve 6 マネージャー Hotfix のロールバック手順
※注意 1:
複数のコントロールサービスが存在する場合、マネージャー Hotfix を正常に適用するためには、全てのマネージャーサーバーにて Hotfix ファイルを保存する共用の UNC パスを設定する必要がございます。(設定方法は文末の付録をご参照ください。)
共用の UNC パスを設定後、任意のマネージャーサーバーにて Hotfix を適用していただければ結構です。
※注意 2:
更新マネージャーでマネージャー (コントロールサービス) Hotfix を適用する際、デフォルト設定ではポート番号 14007 を利用致します。
DocAve 6 コントロールサービスを実行しているサーバーで 14007 ポートを使用した通信ができることを確認してください。

1. DocAve 6 マネージャー Hotfix の適用手順

*Hotfix 適用中に、DocAve マネージャーサービスが再起動されます。DocAve ジョブの実行時など DocAve の機能使用時を避けてくださいますようお願い致します。

A) DocAve 6 マネージャーがインストールしているサーバー上で Hotfix の ZIP ファイルをダウンロードしてください。
B) DocAve 6 コンソールにログインし、[コントロールパネル] - [更新マネージャー] - [更新の管理] タブにて、[参照] をクリックし、対象 Hotfix の ZIP ファイルを選択し、開いてください。


C) [インストール] をクリックすると、[サーバーの選択] というページが表示され、マネージャータブにて全てのマネージャーサービスを選択し、[インストール] をクリックしてください。

D) インストール処理を実施する前に、マネージャーの各サービスが停止する旨のメッセージが表示されます。[OK] をクリックして、インストールを続行します。

E) 更新 Hotfix が成功に適応されると、[完了] をクリックしてください。

2. DocAve 6 マネージャー Hotfix のロールバック手順

万が一、本 Hotfix の適用動作に問題があった場合は、以下の手順にて Hotfix のロールバックを行ってください。
※ ロールバック時にも DocAve マネージャー サービスの再起動が発生するため、他に稼働中の DocAve ジョブがない状態での作業をお願い致します。

A) DocAve 6 コンソールにログインし、[コントロールパネル] - [更新マネージャー] - [履歴の表示] にて、対象 Hotfix をチェックし、[詳細の表示] をクリックします。
B) [詳細の表示] 画面にて、[以下の全マネージャーから更新をアンインストールする] を選択し、[アンインストール] をクリックしてください。

C) 対象 Hotfix が成功にアンインストールされると、[完了] をクリックしてください。

付録:

<UNC パスの設定方法>
1. 任意のマネージャーサーバーの [コントロールパネル] → [更新マネージャー] → [更新設定] をクリックしてください。 [更新ストレージの場所としてネットシェアパスを使用する] チェックボックスをオンにして、UNC パスと管理プロファイルを指定し、検証テストを実施してください。

2. 他の全てのマネージャーサーバーでも同様に [更新設定] にて手順 1 で指定された UNC パスが設定されていることを確認し、検証テストを実施してください。
*手順 1 で任意のマネージャーサーバーで UNC パスを設定すると、他のマネージャーサーバーにも UNC パスが自動的に格納されますので、念のため検証テストを実施してください。

注意:
*UNC パスには全ての DocAve マネージャーサーバーがアクセスできるパスを設定してください。
*管理アカウントプロファイルでは、全ての DocAve マネージャーサーバーにアクセスできるユーザーを指定し、作成された管理アカウントプロファイルを設定してください。

 

人気の記事

2020 年 9 月・10 月前半 Microsoft Teams & Microsoft 365 注目新機能 + ウェブ セミナー『「見える化」 で強化! Microsoft 365 情報漏洩対策 』を振り返る

今回の記事では、10 月 6 日に放映終了した Microsoft 365 情報漏洩対策 ウェブセミナーの内容を振り返りつつ、「 Microsoft Teams タスク アプリ 」等、2020 年 9 月・10 月前半に追加された M365 新機能をご紹介します。

Microsoft Teams タブ 活用法 : すべてのチームが活用すべきタブ 5 選

Microsoft Teams タブ 活用法をご紹介するブログです。Teams のタブは便利な機能ですが、必要以上に作成しすぎてしまうと却って不便になってしまう可能性もあります。今回の記事では、すべてのチームが活用すべきタブ 5 選と、それぞれの具体的な利用法をご紹介します。

Microsoft Planner データ保護ガイド

【 Microsoft Planner データ保護ガイド 】Microsoft 365 アプリの Microsoft Planner は、小規模なプロジェクト チームのタスク管理に最適なツールです。この記事では、Planner 利用のメリットや内部構成、利用の注意点、データ保護対策 3 種などをご紹介します。

ファイル サーバーからクラウドへの移行 : Microsoft 365 移行ベストプラクティス 3 件

リモートワークの実現に向け、多くの組織が既存のファイル サーバーから、Microsoft 365 をはじめとするクラウド プラットフォームへの移行を検討しています。今回の記事では、ファイル サーバーの移行時に発生しがちな課題を解決するための、3 種類のベスト プラクティスをご紹介します。