火曜日, 6月 28, 2022
ホームサポートDocAve の 「アカウント マネージャー」 機能について

DocAve の 「アカウント マネージャー」 機能について

皆様、こんにちは!AvePoint Japan サポート チームの呉です。

弊社 DocAve 製品をご利用いただく際に、既定の 「admin」 以外のアカウントを新規作成して、DocAve マネージャーにログインするご要望がありませんか。または、各モジュール専用のログイン アカウントを作成したいと考えたことがありませんか。
もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、ぜひ本ブログ記事をお読みいただければ幸いです。

DocAve の 「アカウント マネージャー」 機能をご利用いただければ、特定のユーザーやグループに対して、DocAve へのアクセス レベルを割り当てることが可能で、上記 2 つのご要望が実現できます。

本ブログ記事では DocAve 6.12.0 を例として、下記 2 つの典型的なユース ケースを取り上げ、「アカウント マネージャー」 機能をご紹介したいと思います。

■ ユースケース 1: 既定の 「admin」 と同じような管理者アカウントを作成することが望ましい場合:

下記操作手順に従って、管理者アカウントを作成していただければと思います。

1. Admin アカウントで DocAve にログインして、[コントロール パネル] における [アカウント マネージャー] より、[アカウント マネージャー] の設定画面に入ります。

2. 設定画面にて [ユーザー] タブをクリックし、[ユーザーの追加] よりユーザー追加画面に入り、必須項目を記入後、[管理者グループにユーザーを追加する] を選択して [保存] をクリックします。

■ ユースケース 2: DocAve におけるあるモジュール専用のログイン アカウントを作成することが望ましい場合 (例えば、コンテンツ マネージャー モジュール専用のログイン アカウント):

下記操作手順に従って、コンテンツ マネージャー モジュール専用のログイン アカウントを作成できます。

1. Admin アカウントで DocAve にログインして、[コントロール パネル] > [アカウント マネージャー] に進み、設定画面にて [グループ] タブをクリックしたうえ、リボン上の [グループの追加] よりグループ追加画面に入ります。

2. グループ追加画面にて、必要に応じてグループ名と説明を記入し、グループ タイプ箇所で [システム グループ] を選択したうえ、[次へ] をクリックします。

3. [権限の適用範囲] でグローバル権限を選択し、[アクセス許可レベルの付与] 箇所にて 「アクセス許可レベルの新規作成」 をクリックして、システムアクセス許可レベルの追加画面に進みます。

4. システムアクセス許可レベルの追加画面にて、ご要望に応じてアクセス許可レベルの名前と説明を入力後、[管理] タブ配下の [コンテンツ マネージャー] にチェックを入れて、コンテンツ マネージャー モジュール専用の権限を作成します。
※ SharePoint Online に対してコンテンツ マネージャー ジョブを実行するためには、[コントロール パネル] タブ配下の [SharePoint サイト] にチェックを入れる必要があります。また、コンテンツ マネージャー ジョブ プランを構成する際に、フィルターポリシーやユーザー マッピングなどを利用する可能性がありますので、[コントロール パネル] タブ配下の [マッピング マネージャー] や [フィルター ポリシー] にもチェックを入れることを推奨いたします。

5. コンテンツ マネージャー モジュール専用の権限を作成完了後、[アカウント マネージャー] の設定画面に戻し、[アクセス許可レベルの付与] 箇所にてステップ 4 で作成した権限を選択して [次へ] をクリックします。

6. [ユーザーの追加] 画面にて、ドロップダウンメニューから [ユーザーの新規作成] をクリックして、[グループに追加しない] を指定してユーザーを作成完了後、[アカウント マネージャー] の設定画面に戻して、作成されたユーザーを選択したうえ、[次へ] をクリックします。


7. 追加するシステム グループの設定と詳細情報を表示して確認後、[完了] をクリックします。

上記の手順に従って設定したユーザーが DocAve へログインすると、DocAve のコンテンツ マネージャー モジュールのみ利用できます。

今回の内容は以上となります。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

本ブログ記事が少しでも多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。また、何かご不明点などございましたら、どうぞサポート窓口までお問合せください。

人気の記事