火曜日, 10月 27, 2020
ad
ホーム サポート DocAve5とDocAve6の管理レポートの出力方法に関して

DocAve5とDocAve6の管理レポートの出力方法に関して

AvePoint Japanサポートチームの趙(チョウ)と申します。

DocAve5の管理センターでのレポートは、DocAve6では、レポートポイントに機能が統合されております。
そのため、本日は、DocAve5の管理センターでのレポートを、DocAve6でどのように利用できるのかを説明します。
最近お問い合わせも増えておりますので、同じお悩みをお持ちの方は、ぜひ、ご確認ください。

以下は、レポートの出力対象となるノードを、サイトコレクションとした場合を説明しております。

◆DocAve 5
1. DocAve5のマネージャーコンソールを開き、[管理]> [管理センター] > [管理レポート] > [レポートビルダー] を
クリックします。
2. 表示される画面の左側ペインで、エクスポート対象となるサイトコレクションを選択し、真ん中ペインで[プラン名][レベル]を
記入し、[レポート設定][場所][レポート]を必要に応じて設定します。
3. スケジュールを設定し、[すぐに実行]をクリックします。

ジョブ終了後、エクスポート先にレポートが保存されます。

◆DocAve 6
1. DocAve6のマネージャーコンソールを開き、[レポートポイント] > [管理レポート] > [構成レポート] をクリックします。
2. 表示される画面の左側ペインで、[レポートプロファイル]に、プロファイル名を入力し、レポートの出力対象となる
サイトコレクションを選択します。
3. 右側ペインのレポートの設定で[サイトコレクション]を選択します。
※DocAve5の[下のレベルオプションを含む]を選択したのと同等のレポートを表示するには、[サイトコレクション] の下の
[サイト][リスト]を必要に応じて選択します。
4. 右下に表示されている[プロファイルを保存してレポートを実行]をクリックします。
上記の1~4の設定に関して、以下のスクリーンショットもご参照ください。

setting1

5. ポップアップ表示される[レポートのエクスポート]画面で、[レポート形式]、[エクスポート先]を設定し、
[OK]をクリックするとジョブが開始されます。

setting2

ジョブ終了後、エクスポート先にレポートが保存されます。

◆DocAve 5とDocAve 6で出力されたレポート内容の違い
DocAve5管理センター、管理レポートでサイトコレクションを選択した際に表示される9種類のレポート種別のうち、
「アーカイブされたコンテンツ」は、DocAve6ではアーカイバの仕様変更により、廃止となっております。
残りの8種類はDocAve6のレポートポイントの構成レポートにて表示が可能です。

今回ご説明したい内容は、以上となります。お役に立てると幸いです。

人気の記事

2020 年 9 月・10 月前半 Microsoft Teams & Microsoft 365 注目新機能 + ウェブ セミナー『「見える化」 で強化! Microsoft 365 情報漏洩対策 』を振り返る

今回の記事では、10 月 6 日に放映終了した Microsoft 365 情報漏洩対策 ウェブセミナーの内容を振り返りつつ、「 Microsoft Teams タスク アプリ 」等、2020 年 9 月・10 月前半に追加された M365 新機能をご紹介します。

Microsoft Teams タブ 活用法 : すべてのチームが活用すべきタブ 5 選

Microsoft Teams タブ 活用法をご紹介するブログです。Teams のタブは便利な機能ですが、必要以上に作成しすぎてしまうと却って不便になってしまう可能性もあります。今回の記事では、すべてのチームが活用すべきタブ 5 選と、それぞれの具体的な利用法をご紹介します。

Microsoft Planner データ保護ガイド

【 Microsoft Planner データ保護ガイド 】Microsoft 365 アプリの Microsoft Planner は、小規模なプロジェクト チームのタスク管理に最適なツールです。この記事では、Planner 利用のメリットや内部構成、利用の注意点、データ保護対策 3 種などをご紹介します。

ファイル サーバーからクラウドへの移行 : Microsoft 365 移行ベストプラクティス 3 件

リモートワークの実現に向け、多くの組織が既存のファイル サーバーから、Microsoft 365 をはじめとするクラウド プラットフォームへの移行を検討しています。今回の記事では、ファイル サーバーの移行時に発生しがちな課題を解決するための、3 種類のベスト プラクティスをご紹介します。