ホーム SharePoint/ハイブリッド クラウド

SharePoint/ハイブリッド クラウド

【海外導入事例】 南極大陸でも大活躍!・AvePoint のツール

本シリーズでは、AvePoint の世界の顧客にスポットを当て、Office 365、SharePoint データの移行・運用管理・保護に取り組んでいる海外の導入事例をご紹介します。

ソーシャルメディア

477ファンいいね
293フォロワーフォロー
61,453購読者購読

MUST READ

AvePoint が株式公開へ! 投資家の皆様にご説明した内容をご紹介

本日、AvePoint は、特別目的会社である Apex Technology Acquisition Corporation (NASDAQ: APXT) との合併により、20 億米ドルの新規株式公開を行うことを発表しました。情熱的で俊敏な先見性を持つこの素晴らしいチームを率いてゆけることを、本当に光栄に思います。 これは AvePoint にとっても、お客様にとっても朗報です。当社は、今回の資本注入をもって更なるイノベーションの拡大、および Microsoft 365 やその他のデジタル コラボレーション プラットフォームにおいて、より多くの価値とソリューションを提供することが可能となるよう計画しております。今後は地理的な事業拡大のみならず、販路や商流における存在感を高めつつ、管理サービスのサポート強化にも注力してまいります。 今年 1 月に前回の大型投資を発表したとき、私はその資金がお客様にとって何を意味するのか、そして最終的に私たちを今日へと導いた鍵となるターニングポイントの話をしました。   始まりからその経緯 今回の節目では、過去を振り返るのではなく、舞台裏にいる人たちに来てもらい、投資家の方々にお渡ししたプレゼンテーションを見てもらいたいと思います。これらはシンプルなスライドですが、私たちがどのような存在であるか、私たちをここまで導くこととなった考え方、そして私たちがどこに向かっているのか、より大きなストーリーを語ってくれています。 アジリティとイノベーション AvePoint のストーリーを語るスライドを 1 枚選ぶとしたら、これでしょう。このスライドを選びながら、組織としての自分とは何者なのかということを考えさせられました。その答えが、私たちは、Microsoft 365とデジタルコラボレーションスペースの境界線を押し広げるイノベーターであり、今後もその中核を担っていくということです。 このグラフを見ていただければお分かりの通り、当社は一つの芸当だけのビジネスでもなく、また一発勝負の企業でもありません。DocAve CD-ROM...

2020 年 10 月の Microsoft Teams 注目新機能 + Teams 新機能を追いかける方法

2020 年 10 月の Microsoft Teams 注目新機能 & 日々進化する Microsoft Teams の新機能を追いかけるには? 2020 年 10 月の Microsoft Teams 注目新機能 をお届けします こんにちは、AvePoint の中村太一です。前回の記事でご紹介しました Microsoft Teams のタスク アプリ、そしてわかりやすく...

ファイル サーバーから Microsoft 365 への移行が難航する理由・その解決法

ファイル サーバーから Microsoft Teams / Microsoft 365 への移行が難航する理由 世界中の企業・組織で、プロジェクトやバーチャル チーム、部門ごとのチームなどの単位で行う業務の効率化のため、Microsoft Teams の利用が開始されています。これにともない、社内で利用していたファイル サーバーから Microsoft 365 へのデータ移行が急増しています。 しかし、いざ移行を開始してみると、長い期間利用されてきたファイル サーバーに大量のファイルが蓄積されており、どこから手を付けたらいいのか途方に暮れている企業の IT 担当者も多いのではないでしょうか。 「全体的な移行については、『計画を立てるため』 の計画を立てています」 というレベルで止まってしまっている移行プロジェクトも多く見受けられます。 ファイル サーバーから Microsoft Teams /...