金曜日, 12月 3, 2021
ホームデータ保護ディザスター リカバリーとデータ バックアップの大きな違い

ディザスター リカバリーとデータ バックアップの大きな違い

※この記事は、米国 AvePoint で 2021 年 1 月 27 日付で公開された記事 “Disaster Recovery vs. Regular Data Backup: The Major Differences” を日本語編訳したものです。 

誰もが自社のデータを安全に保護したいと考えているでしょう多くの組織において、データ保護はビジネスにおける最優先事項の一つではないでしょうか。データ保護を維持するために、従来のデータ バックアップディザスター リカバリの つを検討する必要があります 

データ バックアップの目的は、万が一データが破損削除した場合に備えて、特定のデータを確実に保護し、取得可能にすることです。つまり、バックアップは基本的な保護レイヤーだと言えるでしょう 

一方、ディザスター リカバリで重視することは、ビジネスの継続性です。たとえば、オフィスの上階で大量の水漏れが発生し自社のデータ システムまで漏れが広がったとします。その結果、組織のシステムが正常に機能できなくな可能性があります。 

このような場合に考慮しなければならない事項として、システムの復旧にかかる時間、新しいハードウェアや周辺機器の調達にかかる時間などが挙げられます。業務を停止させ、貴重なビジネス機会を犠牲にしてしまう事態に備え、対処するためには、ディザスター リカバリー プラン(災害復旧計画)を検討しておく必要があります 

ディザスター リカバリーに投資する必要性

ディザスター リカバリは、例えるなら組織データの保険です。データを確実に保護するため、多大な資金と時間を投資し、インフラやプロセスを整えている企業もあります。一方で、データ保護におけるリスクを計算し、データの保管場所で災害が発生する確率を考慮した結果、ディザスター リカバリーに対してあまり投資しない組織もあります。また、業界や特定の規制遵守のために、ディザスター リカバリーに対して一定レベルの保険をかけ、データを厳しく管理している組織もあります。

自然災害や予期せぬ人災は、100 予測することはできません。実際に、世界あらゆる自然災害が頻繁に起こっています。ディザスター リカバリ多くの組織にとって最重要課題となり、複数拠点ののデータ センターやクラウドに投資する企業多数存在しますあなたの企業はいかがでしょうか…? 

ディザスター リカバリーとクラウド サービス

クラウド サー 事業者選択する際には、その事業者がどのようなディザスターリカバリー対策を提供しているかを理解することが重要です。多くのクラウドサービス事業者は、サービスの一環としてディザスタ リカバリーを組み込んでいますが、その内容様々です。サービスに十分な対策が含まれているか、内容は何かを確認し、サービス内容が組織のニーズを満たしているかを判断する必要があります。 

例えば、以下の項目を確認しましょう。

  • 「稼働時間はどれくらいか」 
  • 「ここ数年間で、サービス停止となる事態が何回起きたか 
  • サービス停止期間はどのくらい続いたのか 

一顧客として組織のアプリケーションデータの管理をクラウド プロバイダー委託する際にも、サービス契約前に、ディザスター リカバリーの内容が自社重要なアプリケーションで掲げている要求沿っているか、十分に保証されたものであるか、理解することはとても重要です。 

クラウドは柔軟性が高く、オンプレミスのデータ保護に比べ、多くの事態に対応できます。どのクラウド サービスを選択する場合に自社のビジネスに不可欠なアプリケーション の安全性確保する必要があります

では、自社独自のディザスター リカバリを計画するにはどうすればよいのでしょうか。

ディザスター リカバリー プランを設計する際に考慮すべきこと

ディザスター リカバリを成功させるためには、まず組織を正しく理解し、自社にとって最も重要なアプリケーションは何かを知ることです。実際に考えてみましょう組織のコア ビジネスは何ですか?日頃の業務には何が必要ですか?ビジネスに欠かせない基幹アプリケーションは何ですか? 

多くの企業で段階的な分析アプローチをとられています。上位階層(または基幹アプリケーション)を中心に計画を立て、その運用方法、運用に必要なもの、必要な人員を把握します。

次に最悪のシナリオを考えます。ビジネスに不可欠なアプリケーションがダウンした場合を想像してみます。アプリケーションがどのくらいの期間ダウンすると、取り返しのつかない損失になるのか?アプリケーションを復旧るまでどのくらい時間がかかるのか?損失を最小限に抑えるために、ディザスタ リカバリー プランの作成にはどのくらいの時間とリソースを割り当てることができるのか 

最後に、日頃の業務で活用するプロセスやアプリケーションなど、その他の要素について評価をます。自社で活用するすべてのツールについてその重要性を分析し、どのくらいの期間そのツールなしでも組織が機能できるのかを確認します可能な限り徹底的に分析することが重要です。 

最後に

バックアップとディザスター リカバリは、どちらも不可欠であり、それぞれ異なるニーズに対応します。バックアップは、常にデータアクセス可能な状態を維持するために重要である一方、ディザスター リカバリ、ビジネス、企業イメージおよびオペレーションを包括的保護する役割を果たします。どちらも非常に重要であり、それぞれ独自のアプローチで組織のデータ保護をサポートします。 

 


「 ディザスター リカバリーとデータ バックアップの大きな違い 」はいかがでしたか?

 ぜひ ブログ購読 をして、データ バックアップのヒントを見つけましょう!

【AvePoint おすすめコンテンツ】
◎無料eBook どうする? どうやる? Microsoft 365 テナント バックアップ
◎オンデマンド配信「見える化」 で強化! Microsoft 365 情報漏洩対策

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

人気の記事