水曜日, 12月 2, 2020
ホーム Microsoft 365/Office 365 Skype for Business から Microsoft Teams への転換をどう進めるか: よくある質問

Skype for Business から Microsoft Teams への転換をどう進めるか: よくある質問

Skype for Business から Microsoft Teams への切り替えをどう実行するかは、多くの組織にとって頭の痛い問題となっているようです。

お悩み解決へのヒントとしていただくべく、AvePoint では Microsoft のディレクター プリンシパル PM である Pouneh Kaufman 氏、Modality Systems でプリンシパル ソリューション アーキテクトを務める Tom Arbuthnot 氏を迎え、ウェブキャスト “How Microsoft Upgraded 200,000 Users from Skype to Microsoft Teams (And You Can Too!)” を実施いたしました。

今回の記事では、ウェブキャストに寄せられた質問を中心に構成された ブログ記事 を、外部ユーザーとの連携や Microsoft Teams ライブ機能の活用方法などのトピックを中心に、編訳にてお届けいたします。

*************************
【関連ブログ記事】『Skype for Business から Microsoft Teams への切り替え、どう進める?
*************************

現行では、Teams 会議・通話には最大メンバー数制限 (250 ユーザー) が存在するようですが、今後最大数が増加する計画はあるのでしょうか?

大規模なイベントには、最近プレビュー版が利用可能となった Teams ライブ イベント を利用できます。この機能では、イベントへのアクセス許可を主催者 (プロデューサー) が設定できるのが特徴です。

Teams 会議の作成画面から、「新しいライブ イベント」 の作成が選択できる。配信対象も選択可

Skype for Business しか利用していない外部ユーザー (顧客や外部ベンダーなど) に Teams を使ってもらうことはできますか?

対象のチームがゲスト ユーザーの参加を許可している限り、招待メールを受信したユーザーであれば誰でもチームにアクセスすることが可能です。

エンド ユーザーにも理解しやすい、Skype for Business と Microsoft Teams の機能比較表などは存在しますか?

Microsoft Teams、および Teams/Skype for Business 管理センターへの機能追加ペースは非常に速く、情報がすぐに古くなってしまうため、Microsoft の公式ドキュメンテーション以外を情報ソースにするのは避けたほうが無難であると思われます。

既存の Skype for Business カレンダーを Microsoft Teams と統合することはできますか?

リンク付き招待状に関しては不可能です。定期的な会議の予定を Teams 会議として作成するか、既存の定期的会議に Teams 会議へのリンクを追加する必要があります。

************************
Microsoft Teams、SharePoint Online サイト…Office 365 の運用管理、AvePoint の SaaS ツールで自動化しませんか?
AvePoint Cloud Governance をまずは無料でお試し!
************************


Microsoft Teams
は、短期プロジェクト向きでしょうか? それとも長期プロジェクトにより適しているでしょうか?

Microsoft Teams は長期・短期どちらにも利用できますが、長期プロジェクトでは情報の適切な整理がより重要となります。

使用基準の設定・適切な戦略の策定・トレーニングはどちらの場合にも必要です。また、自由度の高いツールであるだけに、ガバナンス には特に留意すべきでしょう。

Microsoft Teams は、リモート デスクトップ環境でも利用できますか?

環境 にもよりますが、利用自体は可能 であるようです。

Microsoft Teams は、クライアント PC にサービスとしてインストールできますか? 

他の Microsoft 製品と同様、Microsoft Teams も組織全体を対象にデプロイできます。MSI を利用した展開の詳細については、こちら をご参照ください。

個別のチャネルを特定のメンバーのみに見えるよう、権限を設定することは可能ですか?

security teams

今のところは不可能ですが、Microsoft Teams 開発チームから 「トップ プライオリティとして取り組んでいる」 という話が聞こえてくるため、今後に期待したいところです。

Office 365 グループに、新しいチームへリンクしたいコンテンツが保存されているのですが、グループの所有者でない限りチームの作成・リンクはできないようです。他に方法はあるでしょうか?

現行では、Office 365 グループに対するチームの追加はグループの所有者のみが実行可能です。

Teams と SharePoint の違い・使い分けの説明は、どのように行うのが適切でしょうか?

こちらのブログ記事 『Office 365 ツール、どう連携させる?どう使い分ける? SharePoint・Teams・Planner・Yammer』 を参考にしてみてください。

**********************
Teams の使いこなし方にお悩みですか? 無料のヒントが満載の eBook がお役に立つかもしれません! 今すぐ無料でダウンロード ↓↓
Microsoft Teams eBook

人気の記事

AvePoint が株式公開へ! 投資家の皆様にご説明した内容をご紹介

本日、AvePoint は、特別目的会社である Apex Technology Acquisition Corporation (NASDAQ: APXT) との合併により、20 億米ドルの新規株式公開を行うことを発表しました。情熱的で俊敏な先見性を持つこの素晴らしいチームを率いてゆけることを、本当に光栄に思います。 これは AvePoint にとっても、お客様にとっても朗報です。当社は、今回の資本注入をもって更なるイノベーションの拡大、および Microsoft 365 やその他のデジタル コラボレーション プラットフォームにおいて、より多くの価値とソリューションを提供することが可能となるよう計画しております。今後は地理的な事業拡大のみならず、販路や商流における存在感を高めつつ、管理サービスのサポート強化にも注力してまいります。 今年 1 月に前回の大型投資を発表したとき、私はその資金がお客様にとって何を意味するのか、そして最終的に私たちを今日へと導いた鍵となるターニングポイントの話をしました。   始まりからその経緯 今回の節目では、過去を振り返るのではなく、舞台裏にいる人たちに来てもらい、投資家の方々にお渡ししたプレゼンテーションを見てもらいたいと思います。これらはシンプルなスライドですが、私たちがどのような存在であるか、私たちをここまで導くこととなった考え方、そして私たちがどこに向かっているのか、より大きなストーリーを語ってくれています。 アジリティとイノベーション AvePoint のストーリーを語るスライドを 1 枚選ぶとしたら、これでしょう。このスライドを選びながら、組織としての自分とは何者なのかということを考えさせられました。その答えが、私たちは、Microsoft 365とデジタルコラボレーションスペースの境界線を押し広げるイノベーターであり、今後もその中核を担っていくということです。 このグラフを見ていただければお分かりの通り、当社は一つの芸当だけのビジネスでもなく、また一発勝負の企業でもありません。DocAve CD-ROM...

2020 年 10 月の Microsoft Teams 注目新機能 + Teams 新機能を追いかける方法

2020 年 10 月の Microsoft Teams 注目新機能 & 日々進化する Microsoft Teams の新機能を追いかけるには? 2020 年 10 月の Microsoft Teams 注目新機能 をお届けします こんにちは、AvePoint の中村太一です。前回の記事でご紹介しました Microsoft Teams のタスク アプリ、そしてわかりやすく...

Teams アプリ 「タスク」 入門: Planner・To Do の統合アプリ 解説

Teams アプリ「タスク」 入門: Planner・To Do の統合 アプリ 解説 2020 年 9 月に 「Planner と To Do の統合アプリ」 として発表され、話題を呼んでいる Microsoft Teams アプリの 「タスク」(Tasks)、読者の皆様はもう使ってみましたか? 「興味はあるが、どういうものか分からない」「Teams を使い始めたばかりで、どう活用していいのか、いまいち不安がある」 と感じておられる方は、是非この記事を参考にトライしてみてはいかがでしょうか。 この記事では、まず独立したサービスとして...

増え続けるデータを効率的に管理する : 文書管理システム (DMS) についての考え方とアプローチ

今回の記事では、「利用者が意識しないまま、正しい行動を取ることを楽にする」 をコンセプトに構築されている 文書管理システム (DMS) についての考え方とアプローチ ・ソリューション について、ウェビナーや導入事例などの資料とともにご紹介いたします。