火曜日, 1月 26, 2021
ホーム 移行 クラウド データの 「お引っ越し」: Slack から Microsoft Teams への移行は AvePoint の FLY で

クラウド データの 「お引っ越し」: Slack から Microsoft Teams への移行は AvePoint の FLY で

既に 9 月も中旬となりました。皆様、9 月といったら何を思い浮かべられるでしょうか? 「食欲の秋」 という言葉があるように、やはり食べ物でしょうか。それとも十五夜に秋の美しい月を堪能する月見でしょうか。しかし、実は意外なことに、9 月は引っ越しのハイ シーズンでもあります。今回の記事では、IT 業界における 「引っ越し」こと プラットフォーム / データ移行、特に Slack Teams 移行 について、わかりやすく解説させていただきたいと思います。

 

移行 = データ引っ越しの準備が大変な理由とは

引っ越しの準備はなかなか大変です。これは、「よくわからないけど決めなくてはいけないこと」 がとても多いからでもあります。

段ボールは何個必要? トラックのサイズは? 箱詰め時間はどのくらい必要? そもそもこの家具は新しい家に入るのか? 引っ越したら引っ越したで、新しい家の間取りに慣れるまでどのくらいかかるのか? 家族全員、本当に大変です。

引っ越しは、この意味でデータ移行と共通点がとても多いように思います。

全体のデータ量は具体的にどれだけ? 移行の設定にかかる時間はどのくらい? そもそも、移行先の新環境でこのファイルは使えるのか? 新しい環境をみんな使ってくれるのか?

【関連ブログ記事】

Teams 会話移行対応、Dropbox も Office 365 移行! FLY (フライ) 4.2 の新機能 4 選
ファイル サーバーからクラウドへの移行、よくある 「落とし穴」 4 選と対策法: 「データ断捨離失敗= クラウド頓挫」 の解決は AvePoint Cloud Index で

Slack や GDrive から Teams への移行で頭を抱えがちな理由とは

そして、完全に違う種類の環境に移行するとなると、話はさらに厄介になります。

旧バージョンから新バージョンの SharePoint へ、Microsoft Teams をひとつのテナントから別テナントへ、などの移行はまだそこまで難しくないのですが、移行先が全くの別環境 (GDrive や Slack から Microsoft Teams へなど) となると、「何が移行できて、何が移行できないのか」「どう準備を進めればいいのか」 と、頭を抱えてしまう IT 部門の方も多いのではないでしょうか。

2001 年からグローバル規模で、情シス不在の高校 から 数万人規模の大企業 まで多種多様な移行をサポートしてきた & 最近とてもホットな Microsoft Teams 向けのツールを数多くそろえている AvePoint は、このようなお悩みの解決に役立てるよう、日々新しい製品や機能の開発に取り組んでいます。

その中でも今回は、クラウド間移行ツールの FLY (フライ) で最近お問い合わせの多い 「Slacks から Teams への移行」、特に会話の移行についてご紹介したいと思います。

まずは移行データ量の把握。

まずは 「引っ越し準備の手数見積もり」 です。FLY の 移行前レポート機能 を使用すれば、Slackチャネル数や合計サイズが、画面上でわかりやすく表示されます。

また、詳細レポートはエクスポートもできます。各チャネルのサイズなどを知りたい場合はこちらが便利です。

次に、移行の設定。

「移行の設定」 という名前だけを聞くと 「難しそう…」 とお考えになる方もおられるかと思いますが、要は引っ越しでいうと 「箱詰め」 にあたるステップです。

FLY では、移行元 Slack のチャネル名と移行先 Teams のチャネル名を指定するだけの簡単操作で完了できます。

簡単な操作ですが、自動マップ ボタンをクリックすればさらに簡単です。自動で名前をスキャンして、同名のチャネルがあればマッピングし、なければ新規チームとして表示します。

Slack チャネル一単位をチーム一単位として作成することも可能ですし (赤枠)、複数の Slack チャネルをチーム内のチャネルとして作成することも可能です (青枠)。

slack移行

ちなみに Slack にもパブリック/プライベート チャネルの区分がありますが、これはそのまま Teams でも、パブリック チームとプライベート チームとなります。

ここまで設定できれば、あとは [実行] をクリックするだけで移行が開始されます。

最後に、移行結果の確認。

それでは、実際に Slackデータがどのような形で移行されるのか見てみましょう。
下の図が移行元 Slack の画面です。メッセージとファイルが表示されていますね。

これが Teams に移行されると、どう見えるのでしょうか?

slack

こうなります!

チャット履歴は HTML として、ファイルは移行前と同じ形式で、Microsoft Teams のドキュメント ライブラリに保存されます。

HTML ファイルの中身も見てみましょう。

ご覧のとおり、会話内容がきちんと移行できています。リンクをクリックすると、ファイルも問題なく開けます。

おわりに・Slack から Teams への移行、FLY ではじめませんか?

Slack から Teams へと、ユーザーの頭を切り替えるのはツールではさすがにどうにもなりませんが、移行すること自体のお悩みは、FLY で解消できることがお分かりいただけたら幸いです。

ただし、実際に移行プロジェクトを実行する際には、スピードやエンド ユーザーへの影響など、不安に感じられるポイントが各種あるかと思います。可能な限りそのご不安を解消できるよう努めますので、どうぞお気軽にご相談ください!

FLY に関するより詳しい説明・購入に関するお問い合わせは、以下のバナーをクリックしてお寄せください。ご興味のある製品で「Cloud Migration – FLY」を選択いただき、備考欄に「Slack への移行について」 とお書き添えいただけると、ご対応がスムーズです。

FLY
Slack から Teams への移行は FLY にお任せ!

人気の記事

ウェブ セミナー『今年もやるよ! クリスマス企画! Microsoft Teams 最新便利技 & AvePoint の今年を振り返る 』を振り返る: by 「太一サンタ」

Teams の会議技を中心にお届けした 12 月 21 日・2020 年最後の AvePoint ウェブ セミナー『今年もやるよ! クリスマス企画! Microsoft Teams 最新便利技 & AvePoint の今年を振り返る』を振り返ります。

ウェブ セミナー 『 業務効率アップの鍵は見える化にあり 』を振り返る

先週 12 月 8 日、AvePoint 主催ウェブ セミナー『業務効率アップの鍵は見える化にあり』が開催されました。今回の記事では、その内容の振り返り、いただいたご質問への回答、そして今月末に予定されているウェブセミナー 2 本のご案内をさせていただきます。

2020 年 11 月の Microsoft Teams 注目新機能 + いよいよ来週!12/8 ウェブ セミナーのご案内

今回の記事では、 2020 年 11 月の Microsoft Teams 注目新機能 ご紹介として、AvePoint中村太一が注目する 2 点「 Microsoft Dataverse for Teams 一般提供開始 」「ノイズ抑制機能の展開開始 」をピックアップ・ご紹介します。

AvePoint が株式公開へ! 投資家の皆様にご説明した内容をご紹介

CEO のテンイー・ジャン (TJ) による、AvePoint は、特別目的会社である Apex Technology Acquisition Corporation (NASDAQ: APXT) との合併により、20 億米ドルの新規株式公開を行うことのご報告記事です。