木曜日, 6月 30, 2022
ホーム移行Office 365 / Microsoft 365 にてスロットリングが発生する理由と回避方法

Office 365 / Microsoft 365 にてスロットリングが発生する理由と回避方法

office 365

なぜ Office 365 / Microsoft 365 でスロットリングが起こるのか?

多くの企業がシステムの少なくとも一部をクラウド化している今、Office 365 / Microsoft 365 アプリにとってスロットリングはどのような意味を持つのでしょうか。

まず、これらの新しいワークロードがどのように構築されているかを理解する必要があります。
結局のところ、「クラウド」といっても、データとアプリケーションはどこかのサーバーに存在していることに変わりはありません。
大きな違いは、自社でサーバーを管理する代わりに、必要に応じてサーバーをスケールアップ/ダウンすることで、Office 365 / Microsoft 365 はマイクロソフトによって管理されることです。
マイクロソフトのエンジニアとシステムの主な目標は、エンドユーザーがこれらのトップレイヤーのアプリケーションで中断やパフォーマンスの問題を経験することがないようにすることです。
結局のところ、彼らは顧客のことを一番に考えているのです。

もう一つ考慮すべきは、スロットリングは正常な現象であり、単純に、Office 365 / Microsoft 365 がユーザーのためにシステムを健全かつ高速に維持できるようにした結果に過ぎないということです。

Office 365 / Microsoft 365 のどのエントリポイント(グラフ、CSOMなど)を使用するかにかかわらず、これらの呼び出しは SQL クエリや下位レベルのインフラへの呼び出しに変わり、そのサーバーのCPU使用率を急速に上昇させることになるのです。

これらの呼び出しは予測不可能であり、データベース側で計画するのは困難です。なぜなら、ユーザーがいつフルバックアップやセキュリティ検索などのアクションを実行し、SharePoint のほぼすべてのオブジェクトに触れる必要があるかは Office 365 では必ずしも分からないからです。
Office 365 / Microsoft 365 の保護方法は、トラフィックを「スロットル」すること、つまり、ユーザーがこれらの呼び出しを行うのを止めることです。
これらは失敗した呼び出しとして表示されます(別名 429エラー または「Server too busy」メッセージ)。
このメカニズムがなければ、サーバーは簡単に応答しなくなり、クラッシュする可能性さえあります。

一般的に、スロットリングが起こる原因は、テナントの呼び出し量が多い場合だけではありません。
同じ Office 365 / Microsoft 365 インフラを共有するテナントの過負荷も、サーバーの混雑につながる原因です。
たとえば、バックアップを実行しようとしているときに、同じインフラストラクチャ上の別のテナントが Office 365 / Microsoft 365 の移行を実行していたらどうでしょうか。
これは “ノイジーネイバー問題” として知られています。

Office 365 / Microsoft 365 のスロットリングを防ぐベストプラクティス

AvePoint は ISV (独立系ソフトウェア ベンダー) として、Office 365 / Microsoft 365 と連携する新しい世界で可能な限りベスト プラクティスを実現するために、製品に多くの変更を加えました。
アプリ プロファイル、動的オブジェクト登録 (DOR) など、すべて考慮されています。
さらに、すべての呼び出しは ISV タグで「装飾」され、Office 365 / Microsoft 365 が当社のトラフィックの発信元を知ることができるようになっています。
(呼び出しの装飾は、スロットルされ、ログのトラブルシューティングを行った後にのみ価値があることに注意してください。したがって、便利ではありますが、これはスロットリング自体を回避することにはあまり役立ちません)。

また、ほとんどの製品にリトライロジックが組み込まれています。これは、Office 365 / Microsoft 365 が待機するよう合図したとき、当社の製品は(マイクロソフトのベストプラクティスの推奨に従って)ゴーサインが出たときに再試行することを意味します。

SQLサーバーに負担がかからないように意識してくださいね。

とはいえ、スロットリングを回避するために積極的に最適化できるよう、ツールで設定可能な項目はまだいくつか残っています。

  • オフタイムがカギ:これは当然のことのように思えるかもしれませんが、エンドユーザーがシステムを操作しているため、トラフィックは通常、勤務時間中に多くなります。
  • 範囲と設定の制限 :一度にバックアップまたはリストアするバージョンの最大数などの制限が、コールを大幅に削減し、スロットリングが起きる可能性を軽減することができます。システムの必要な部分だけに作用する仕組みを作ってみてください。
  • クラウド運用のエキスパートに相談:クラウドオペレーションチームは、ジョブが使用するスレッド数を削減または制限し、Microsoft サーバーの過負荷を防ぐことができます。お気軽にお問合せください。
  • Office 365 / Microsoft 365 に接続するアカウントの数を増やすことに即座に反応せず、アプリのプロファイルを試してみてください:マイクロソフトがこれらの問題を報告している場合、それは本当に彼らのサーバーがビジー状態であることを意味します。マイクロソフのクラウドオペレーションチームと協力して、このテナントに割り当てられているスレッドの数を減らし、過負荷を防ぐか、まだの場合はエンジニアと協力してアプリ プロファイルをセットアップしてみてください。

これらのベストプラクティスは、事態がエスカレートしたりパニックになったりする前に必ず試してください。
マイクロソフトは、スロットリングが発生した場合の対応について複数のガイダンスを提供していますので、抜本的な対策を講じる前に必ず参照しましょう。

関連記事(英語):How to Develop a Strong Top-Down Office 365 Governance Strategy (avepoint.com)

 

大規模プロジェクトにおけるスロットリングに慌てないために

さて、スロットリングが発生した後の対応について説明しましたが、どのようにすればスロットリングに対して先手を打つことができるでしょうか。

重要なのは、これらの課題に対処するためのプロセスを確立することです。
「主要なプロジェクトがいつ来るかわかっているのだから、マイクロソフトに予告しておくのはどうだろう?」
これは、移行を計画する際のベストプラクティスとしてだけでなく、可能な限り最高のパフォーマンスを得るために役立ちます。

※この記事は、米国 AvePoint で 2019 年 4 月 24 日付で公開された記事 “Throttling in Office 365: Why it Happens and How to Avoid it” の内容を日本語訳したものです。

 

この記事では、スロットリングに関する混乱を解消する最善の方法をお伝えしました。
ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問合せフォーム

 

Office 365 / Microsoft 365 の移行をサポート!お役立ちコンテンツ

無料 eBook:

Teams から Teams への移行 完全包括チェックリスト

クラウド サービスの統合と Microsoft 365 の 徹底活用ガイド

オンデマンドウェビナー:

成功の秘訣! Microsoft 365 でセキュアに実現する『脱ファイルサーバー』

JBS共催 Microsoft365 移行セミナーシリーズ第一回「とりあえず移行」は NG! クラウド移行プロジェクトを成功させる秘訣

AvePoint 製品・Microsoft 365 の最新情報や利活用にご興味がある方は、ぜひブログをご購読(無料)ください! 

人気の記事