水曜日, 12月 2, 2020
ホーム Microsoft Teams おすすめ Microsoft Teams アプリ 5 選 by AvePoint 米国プロダクト マーケティング マネージャー &...

おすすめ Microsoft Teams アプリ 5 選 by AvePoint 米国プロダクト マーケティング マネージャー & AvePoint Japan 代表取締役

Microsoft Teams インターフェイスから利用できるアプリは、Teams を利用した業務効率アップ・利活用促進の鍵を握る重要な機能です。しかし、膨大な数のアプリから自社に最適なものを見つけるのはなかなか難しく、「 おすすめ Teams アプリ が知りたい」 「Teams エキスパートが使っているアプリを参考にしたい」 という声が多いのも事実です。

そのような方のガイドとしていただくべく、今回の記事では、AvePoint のプロダクト マーケティング マネージャー Hunter Willis が選んだおすすめアプリ 4 選とともに、AvePoint Japan 代表取締役の塩光献による おすすめ Teams アプリ もご紹介いたします。

おすすめ Teams アプリ※この記事は、2020 年 10 月 9 日に米国 AvePoint ブログから ”Top 10 Must-Use Apps in Microsoft Teams” と題して発行された記事を部分編訳したものです。

同シリーズ記事 『おすすめ Microsoft Teams アプリ 6 選 by AvePoint 米国パートナー マネージャー & 中村太一』

おすすめアプリ その 1: Planner

Planner は、個人やチームのタスク管理に威力を発揮するアプリです。Planner の最大の特徴は、なんといっても Microsoft Teams との強力な統合にあります。 (Microsoft To Do も組み込まれ、近日中に 『タスク (Tasks)』 に名称変更予定です)

Planner の各プランはチームと紐付けられており、チームのチャネル タブに既存の Planner を追加することもできます。また、プランの新規作成などのアクションも簡単に実行可能です。

関連記事: Microsoft Planner データ保護ガイド

おすすめアプリ その 2: ScrumGenius

ScrumGenius は、定期的に行われる会議の内容をトラッキングし、目標達成までの進捗状況を把握するのに便利なアプリです。

おすすめ Teams アプリ
定期的に開催される会議への招待やタスクを自動化し、会議やプロジェクトごとにメモを作成することができます。会議で蓄積されていく情報を簡単に整理することで、プロジェクト管理をシンプル化できます。

おすすめアプリ その 3 & 4: AtBot + Power Automate

AtBot は、ロジック ベースのチャットボットを簡単に作成できるノーコード チャットボット ソリューションです。AtBot は、Power Automate と組み合わせることで、各種タスクを自動化し、チームの生産性向上に貢献します。

ソフトウェア開発やコーディング経験のないエンド ユーザーにも親しみやすいため、自分の業務改善のために独自のチャットボットを作ることがより身近になります。

番外編
塩光献 (AvePoint Japan 代表取締役) Teams おすすめアプリ : MyHub

AvePoint も Teams アプリを作っていることはご存知でしたでしょうか? MyHub (マイハブ) は、Microsoft Teams のチームをはじめとする、Microsoft 365 ワークスペースの管理・整理が Teams インターフェイスから実行可能になる、AvePoint のオリジナル アプリです。

【ワークスペースが見つからなくなることで発生する問題】
Microsoft 365 の利用率が上昇するにつれ、発生しがちなのが「似たようなチームが多すぎて整理に困る」「ドキュメントの格納に最適なサイトはどれかと探しているうちに時間が経ってしまい、効率が悪い」 というお悩みです。

利用期間が長くなるにつれてオンライン ワークスペースが増えていくのは、プラットフォームが利用されている結果でもあり、ある意味利活用促進が進んでいる証拠ともいえるかもしれません。

しかし、「最新のドキュメントが適切な場所に保管されなかったため、似たような内容のドキュメントを複数名が同時に作成してしまい、工数が無駄になった」「作られすぎたサイトやチームの管理のため、IT 部門の負担が増えていく一方」 というところまでいくと、ROI や企業全体の士気・業務効率などへの悪影響 にまで発展することもあります。部門長や経営層からすれば無視できない問題です。

Microsoft クラウド ワークスペースのエキスパートとして、世界屈指の企業や組織へのコンサルティングを行う中で、また社内でも Teams や SharePoint サイトを使う中で、AvePoint はこの問題に早くから取り組んできました。その結果生まれたのが、この MyHub です。

【Teams インターフェイスから、Microsoft 365 ワークスペースを一括管理】
MyHub には、チーム・Microsoft 365 グループ、SharePoint サイト、Yammer コミュニティが一覧表示されます。エンド ユーザーは Teams の画面から離れることなく、サイトやチームをひとつの画面で確認・検索し、必要な情報にスムーズにアクセスすることができます。

また、チームの所有者はメンバーの管理をはじめとする、Microsoft 365 デジタル ワークスペースに関連する各種タスクを、MyHub の画面から実行することができます。

更に、チームやサイトの運用管理強化を実現する Cloud Governance と統合することにより、ライフサイクル管理などの高度なタスクも、Teams のインターフェイスを離れずに処理することができます。

在宅勤務ニーズの急激な増加により、あまりしっかりとルールを整備しないまま Teams の利用開始に踏み切らざるを得ず、運用管理にお困りの IT 担当者様も多いようです。MyHub がそのようなお悩みの解決の一助となることを強く願っております。

AvePoint 代表取締役が解説! 「放っておいてもドキュメントが勝手に整理されてくれる」 システムを作るには? Microsoft 提供ウェビナー「文書管理システムについての考え方とアプローチ」、登録はこちらから↓↓

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

人気の記事

AvePoint が株式公開へ! 投資家の皆様にご説明した内容をご紹介

本日、AvePoint は、特別目的会社である Apex Technology Acquisition Corporation (NASDAQ: APXT) との合併により、20 億米ドルの新規株式公開を行うことを発表しました。情熱的で俊敏な先見性を持つこの素晴らしいチームを率いてゆけることを、本当に光栄に思います。 これは AvePoint にとっても、お客様にとっても朗報です。当社は、今回の資本注入をもって更なるイノベーションの拡大、および Microsoft 365 やその他のデジタル コラボレーション プラットフォームにおいて、より多くの価値とソリューションを提供することが可能となるよう計画しております。今後は地理的な事業拡大のみならず、販路や商流における存在感を高めつつ、管理サービスのサポート強化にも注力してまいります。 今年 1 月に前回の大型投資を発表したとき、私はその資金がお客様にとって何を意味するのか、そして最終的に私たちを今日へと導いた鍵となるターニングポイントの話をしました。   始まりからその経緯 今回の節目では、過去を振り返るのではなく、舞台裏にいる人たちに来てもらい、投資家の方々にお渡ししたプレゼンテーションを見てもらいたいと思います。これらはシンプルなスライドですが、私たちがどのような存在であるか、私たちをここまで導くこととなった考え方、そして私たちがどこに向かっているのか、より大きなストーリーを語ってくれています。 アジリティとイノベーション AvePoint のストーリーを語るスライドを 1 枚選ぶとしたら、これでしょう。このスライドを選びながら、組織としての自分とは何者なのかということを考えさせられました。その答えが、私たちは、Microsoft 365とデジタルコラボレーションスペースの境界線を押し広げるイノベーターであり、今後もその中核を担っていくということです。 このグラフを見ていただければお分かりの通り、当社は一つの芸当だけのビジネスでもなく、また一発勝負の企業でもありません。DocAve CD-ROM...

2020 年 10 月の Microsoft Teams 注目新機能 + Teams 新機能を追いかける方法

2020 年 10 月の Microsoft Teams 注目新機能 & 日々進化する Microsoft Teams の新機能を追いかけるには? 2020 年 10 月の Microsoft Teams 注目新機能 をお届けします こんにちは、AvePoint の中村太一です。前回の記事でご紹介しました Microsoft Teams のタスク アプリ、そしてわかりやすく...

Teams アプリ 「タスク」 入門: Planner・To Do の統合アプリ 解説

Teams アプリ「タスク」 入門: Planner・To Do の統合 アプリ 解説 2020 年 9 月に 「Planner と To Do の統合アプリ」 として発表され、話題を呼んでいる Microsoft Teams アプリの 「タスク」(Tasks)、読者の皆様はもう使ってみましたか? 「興味はあるが、どういうものか分からない」「Teams を使い始めたばかりで、どう活用していいのか、いまいち不安がある」 と感じておられる方は、是非この記事を参考にトライしてみてはいかがでしょうか。 この記事では、まず独立したサービスとして...

増え続けるデータを効率的に管理する : 文書管理システム (DMS) についての考え方とアプローチ

今回の記事では、「利用者が意識しないまま、正しい行動を取ることを楽にする」 をコンセプトに構築されている 文書管理システム (DMS) についての考え方とアプローチ ・ソリューション について、ウェビナーや導入事例などの資料とともにご紹介いたします。