水曜日, 11月 30, 2022
ホームアブポイント ジャパン ブログ7 月の AvePoint クラウド製品アップデート トップ 5

7 月の AvePoint クラウド製品アップデート トップ 5

AvePoint クラウド製品では、数々のアップデートが 7 月に公開されました。本ブログでは、7 月のアップデート トップ 5 の概要を紹介します。また、アカウント ポータルにログインして、ハウツー ビデオ、ユーザー ガイド、リリース ノートなどもご確認いただけます。

※この記事は、米国 AvePoint で 2021 年 7 月 16 日付で公開された記事 “Top 5 July Updates in the AvePoint Cloud!” を日本語編訳したものです。

1. Cloud Backup

Cloud Backup for Google Workspace

Cloud Backup for Google Workspace (英語版) の提供を開始します! このセキュリティ保護されたソリューションを利用すれば、データのバックアップおよび復元が簡単に実行できます。また、このソリューションは、Google Workspace でユーザーがデータを管理し、そのコンプライアンスを確保できるように設計されています。詳しくは、このブログ記事でご確認ください。

Cloud Backup for Microsoft 365 の新機能

復元時間を短縮して RTO を改善! Cloud Backup for Microsoft 365 は、移行 API を活用し、大容量の グループ、チーム、OneDrive、サイト データ セットの復元に要する時間を短縮できるようになりました。

「Cloud Backup で復元管理者」を設定する方法を知りたい方は、こちらのオンデマンド ウェビナー を視聴して、バックアップ / リカバリー SLA を改善する方法および Cloud Backup やその他の AvePoint SaaS ソリューションでサービスまたは地域別にグローバル管理者の負担を低減する方法に関するヒントをご覧ください。

Cloud Backup for Salesforce の新機能

新しい GDPR コンプライアンス Cloud Backup for Salesforce レコードをバックアップ データ セットから完全に削除できるようになりました。キーワード検索または CSV ファイルのインポートにより、Salesforce レコードを特定できるので、特定のフィールドやレコード全体さえも完全に削除できます。さらに、最終的に確定したデータ セットをエクスポートできるようになったので、データを削除する前に法務部門へ送信できます。

Salesforce バックアップの世界へ飛び込む準備ができた方は、このブログ記事を手引きとして読むと、Salesforce データのバックアップおよび復元の際に役立ちます。

2. Cloud Governance

Cloud Governance の新機能

Cloud Governance は、複数の言語で更新タスクをサポートするようになったので、希望する言語でガイダンスを受けることができます。顧客が適切な継続管理ライフサイクル ポリシーを確立しやすくすることを目的として、リースおよび非アクティブ ポリシーが確実に適用され、ワークスペースが適切な生産終了プロセスに従っていることを確実にするために、新しくマルチステージ エスカレーション プロファイルを導入しました。

新しい Groups および Teams 自動ライフサイクル プロファイルにより、IT 管理者は、ライフサイクル タスク エスカレーションとして複数のステージを設定できるようになりました。例えば、Groups では、ステージ 1 でグループへのアクセスを制限し、ステージ 2 でそのグループを削除するポリシーを設定できます。Teams では、ステージ 1 でチームをアーカイブし、ステージ 2 でそのチームを削除するポリシーを設定できます。サイトがロックされた理由をユーザーが理解できるように、SharePoint サイトでカスタム サイト ロック メッセージも適用できるようになりました。さらに、管理者のゲスト ユーザー管理を支援する新機能もいくつか追加しました。

3. MyHub

MyHub の新機能

MyHub では、ユーザーの生産性を高めるべく、多くの機能がアップデートされました! MyHub では、特定のリクエストまたは対応フォームを設定できるようになりました。これらには、ユーザーが MyHub の [ワークスペースの作成] ボタンをクリックすると、直接アクセスできます。ユーザーは、新しいソート オプションを使用してワークスペース名またはアクティブ時間別に関連ワークスペースを簡単に検索できるようになりました。前回のリリースでは、選択したワークスペースに基づいてハブを作成する機能を導入しましたが、今回のリリースにより、ユーザーは選択したワークスペースをハブから素早く簡単に削除できるようになりました。

詳細を知りたい、または実際の動作を確認したい方は、こちらのオンデマンド ウェビナー (英語) をご視聴いただくと、MyHub がどのようにエンドユーザーの生産性を高め、組織の効率性を向上させるのかをご覧いただけます。

4. Cloud Records

Cloud Records の新機能

テナント管理者は、Cloud Records インターフェイス内でセキュリティ グループを設定し、コンテンツ リポジトリおよびコンテナーへのアクセス権を付与できるようになりました。これにより、セキュリティをより詳細なレベルまで設定することはもちろん、レコード エクスプローラーでセキュリティ トリミングされたレポートの表示や検索も可能です。新しい検索オプションを利用すると、グローバル検索ページから検索結果を並べ替え、検索ページに表示する結果の数を選択できます。

物理レコード バーコードのアップグレードにより、最大 5 つのフィールドと 1 つのロゴをバーコード ラベルに表示し、フォルダーまたはボックス用の物理レコード テンプレートで構成された任意のフィールドから選択できます。ファイル検索を管理しているレコード マネージャーは、処分保持の追加やフォルダーの再分類をすべてレコード エクスプローラーから実行できるようになりました。用語管理が拡張され、1 つの用語グループ内に複数の用語セットを作成できるようになりました。さらに、レコードを絞り込むために管理対象メタデータ列タイプを Cloud Records ルール条件に追加しました。

オンライン フォーラム (英語) に参加すると、AvePoint Cloud Records の最新機能について話し合ったり、ベスト プラクティスを共有したり、他のユーザーと交流を深めたりすることができます。

5. Policies & Insights

Policies の新機能

有効/無効オプションを更新し、このオプションを Teams 設定およびテナント レベルの外部共有設定で有効または無効にする必要があるかどうかが明確に伝わるようにしました。新しいテナント レベルのグループ ゲスト アクセスの制限ルールを使用すると、外部のユーザーをゲストとして招待できるかどうかを制御したり、グループ コンテンツにアクセスできるかどうかを制御したりすることができます。さらに、制限ポリシーをいつどこに適用するかを定義しやすくするために、新しいフィルター ルールが追加されました。

Insights の新機能

Teams 環境をより詳細に把握できるように、新しい Microsoft Teams フィルターを追加しました。新しい権限の更新により、外部 AAD ユーザーのサインインを管理する機能が制限されるようになるため、セキュリティ トリミングされた管理者のみがワークスペースの権限を管理し、外部ユーザーに付与された直接権限を削除することができます。AOSP ホスト型パートナー向けの新しいリスク レポートをご確認ください – この新しいレポート (パートナーのブランド刻印が可能!) では、リスクの高いアクション アイテムが強調されるほか、更新および変更がサマリー表示されます。リスク ダッシュボードの概要ページとリスク レポートでは、すべてのソースのロールアップ ビューをサポートするようになりました。また、ランディング ページのクリックできるリンクをクリックするとリスク レポート内を簡単に移動できます。

他にも、レポート内の新しい最終アクセス時間オプションを使用すると、リスク レポートで最もアクティブな外部ユーザーを絞り込むことができるようになりました。さらに、新しいドキュメント調査ダッシュボードは、リスク レベル、権限、ユーザー アクティビティなど、ドキュメントに関する詳細情報を提供します。同じページから、選択したユーザーのドキュメントへのアクセス権をワンクリックで削除できます!

こちらの 無料 eBookをダウンロードして、組織にとって適切な外部アクセス ポリシーを作成して適用する方法をご覧ください。

AvePoint は MSP の味方です!

このリリースでは、新しい付加価値のある機能強化や、Elements プラットフォームへの新しい優れた機能統合も提供しています。新しく改善された「最新機能」フル パネル メッセージ ボードには、新しい更新情報が常に表示され、貴重なリリース情報のほか、ウェビナーや教育リソースへのリンクも含まれます。  新しい Insights リスク評価レポート (英語ブログ) では、リスクの高いアクション アイテムが強調されるほか、リスク トレンドおよび変更がまとめられます。パートナーは、Cense (英語) のパートナー プラットフォームを利用して顧客に代わってトライアルや購入を行うことができるようになりました。また、Cloud Backup for Google Workspace (英語) とも統合されました。

アカウント ポータルへのサインアップはお済みですか? ここから、ユーザーガイド、リリースノート、ハウツービデオ、無料トライアルなどにアクセスできます。ポータルをクリックするだけで、このリリースに必要な情報をご覧いただけます。簡単にサインアップが可能で、操作もさらに簡単になっています。

AvePoint 製品のアップデート情報をキャッチアップされたい方は、ブログにご登録ください。

人気の記事